FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

英語ブートキャンプ
加藤大尉の英語ブートキャンプ加藤大尉の英語ブートキャンプ
(2008/06/17)
加藤 喬

商品詳細を見る


1 英語ブートキャンプにようこそ
   (加藤教官の軍隊式英会話)

2 ブートキャンプで鍛えようー1
   (ドリルサージャントには逆らえない)

3 ブートキャンプで鍛えようー2
   (行進歌を一緒に歌おう)

4 ブートキャンプで鍛えようー3
   (地獄の催涙ガス室体験)

5 ブートキャンプで鍛えようー4
   (初の実弾射撃訓練)

6 エアボーンスクールで鍛えようー1
   (地上1メートルの高さから降下?)

7 エアボーンスクールで鍛えようー2
   (34フィートの降下訓練塔から飛び降りる)

8 エアボーンスクールで鍛えようー3
   (本物の飛行機から初降下)

9 国防総省DLI体験入学ー1
   (63週間で外国語を完全にマスターする)

10 国防総省DLI体験入学ー2
   (「習っていません」は通用しない)

やめたくなったら読む話(1)

11 士官クラブに行ってみようー1
   (レストランを予約する)

12 士官クラブに行ってみようー2
   (料理を注文する)

やめたくなったら読む話(2)

13 基地で迷ってしまったら
   (I am lost を使ってピンチを切り抜ける)

14 基地で許可を得るには
   (戦車に乗って記念写真を撮ろう)

15 基地に忘れものをしたら
   (遺失物係に電話する)

英語上達のコツ(1)

16 海軍サバイバル訓練で鍛えようー1
   (水没したヘリからの脱出訓練)

17 海軍サバイバル訓練で鍛えようー2
   (酸素マスクを外すとどうなる?)

18 海軍サバイバル訓練で鍛えようー3
   (装備を着けたままで泳ぐ)

英語上達のコツ(2)

19 超音速ジェット搭乗訓練ー1
   (完全武装のサムライ)

20 超音速ジェット搭乗訓練ー2
   (F/A-18戦闘機を操縦する!)

21 超音速ジェット搭乗訓練ー3
   (初の超音速飛行を祝うパーティで・・・・)

やめたくなったら読む話(3)

22 初めての射撃訓練ー1
   (安全マナーを身につける)

23 初めての射撃訓練ー2
   (銃が故障したら)

24 軍法会議を通訳する
   (正確で分かりやすい言葉を選ぶ)

25 アラスカでの冬季訓練ー1
   (凍傷から身を守る)

26 アラスカでの冬季訓練ー2
   (ワナを仕掛ける)

あとがきにかえて



著者は元アメリカ陸軍の大尉・・・
日本人であるが、米軍に入隊したらしい・・・
本書を著した時は、米国防総省外国語学校日本語部長という肩書き・・・
米軍人に日本語を教えていた人だが、そのやり方をそのまま、日本人に英語を教えるという手法として使った本というわけではなさそうである。
内容は、読者が米軍に入隊したら・・・と想定して話が進む。
軍事に興味のある人は、結構おもしろく読めるのではないかと思う。
私は米軍人とも接する機会があるので、本書に出てくる専門用語は勉強になった。
反面、「こんにちは、ごきげんいかがですか?」レベルの“英会話”の勉強には不適かもしれない。
それでも、“読み物”としては面白いとは思うが・・・
専門用語は、発音を知らない言葉も多いので、電子手帳のネイティブ発音機能を使って、発音を確認しながら読んだので、かなり時間がかかってしまったが・・・大いに勉強になった。
驚くべきことは、米軍の語学学校では63週間で外国語をマスターさせるという。
こちらは何年かかっても身につかない・・・・(笑)
どんな教育方法なのか、もっと詳細に知りたかった。


今年の読書:35冊目



スポンサーサイト



読書 | 00:02:33 | Comments(0)