FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

歴史街道2012年1月号
歴史街道 2012年 01月号 [雑誌]歴史街道 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/06)
不明

商品詳細を見る


総力特集
戦艦大和と武蔵
「史上最強の巨艦」に賭けた男たち

総論
大和と武蔵・・・それは日本人の技術と叡智を集めた世界一の戦艦だった
(戸高一成・呉市海事歴史科学館館長)
  世界一の戦艦王国だった日本
  江戸のものづくり文化が大和を生んだ
  史上最強戦艦の最も効果的な運用とは
  技術と叡智と闘志のすべてを注いで

米英が強いる屈服外交を撥ね退けよ!
最強戦艦はなぜ求められたか
(中西輝政・京都大学教授)
  国益を掘り崩すような合意の数々
  いまこそ臥薪嘗胆から立ち上がるとき!
  「戦士ではない人たち」に使われた悲劇
  日本民族の偉大な叙事詩の象徴として

世界をあっといわせてやれ!
長崎造船所の人々が武蔵に託した夢
(秋月達郎・作家)
  社の威信をかけた極秘の建造
  夢が産声を上げるとき
  いかなる敵戦艦が現われようとも

太平洋戦争の天王山・第三次ソロモン海戦に大和を投入していれば・・・
(三野正洋・作家)
  大和型戦艦の性能
  仮想・第三次ソロモン海戦
  戦艦は決定的な兵器になりえたか

運命のレイテ・・・
不沈戦艦武蔵ここにあり、大和は敵艦隊に悲願の主砲轟発
(松田十刻・作家)
  「捷」一号作戦、発令
  「不沈戦艦」の面目躍如
  46センチ砲、咆哮

誰もが持ち場を守り責務を果たす・・・
沖縄への還らざる闘いに臨んで
(赤城 毅・作家)
  悲劇への序章
  一億総特攻のさきがけとして・・・
  艦と運命をともにした男たち

生産大国日本の源流に「軍艦造りの鬼」・・・
戦艦大和が導いた戦後の栄光
(前間孝則・ノンフィクションライター)
  驚くほど少なかった大和建造の総工数
  世界一の記録を次々と塗り替える
  「トヨタも見学にやって来た」

特集
知っているようで知らない?
武士と源平の謎Q&A
(上杉和彦・明治大学文学部教授)
第1部 そもそも武士とは?どうやって生計を立てた?
Q1 そもそも、武士とは何ですか?
Q2 武士はいつ頃誕生したのですか?
Q3 どんな人が武士になったのですか?
Q4 武士はどうやって生計を立てていたのですか?
Q5 「武士団」という言い方がありますが、それはどのような組織だったのですか?
Q6 武士といえば源平を思い浮かべますが、両氏はいつ、どうやって誕生したのですか?
Q7 武士はいかにして、台頭したのでしょうか?
Q8 源平両氏をよく「武家の棟梁」と言いますが、それはいつ頃からですか?
Q9 将門は東国武士でした。「源氏は東、平氏は西に勢力を持つ」とよく聞きますが、どうなのですか?
Q10 源氏の活躍といえば、「前九年・後三年の役」が有名ですが、この事件はどんな意味があったのですか?
第2部 源平はライバルではない?伊勢平氏はなぜ台頭した?
Q1 平将門など、武士は地方での活躍が目立ちます。中央で活躍するのはいつからですか?
Q2 朝廷内において、武士はどのような存在だったのですか?
Q3 前九年・後三年の役で源氏の活躍が目立ちますが、平氏は何をしていたのですか?
Q4 源氏も源義家以後、活躍が減るように思えるのですが?
Q5 源氏では河源氏や甲斐源氏といった系統を聞きますが、それぞれどんな関係だったのですか?
Q6 平氏にはどんな系統があるのですか?
Q7 伊勢平氏は、どうやって頭角を現すのですか?
Q8 平忠盛はどんな活躍をしたのですか?
Q9 武士勢力を飛躍させたのは、院政と言っていいのですか?
Q10 源平両氏は、どのように対立するのですか?

仮装巡洋艦アトランティス
第1回 羊の皮を被った狼の登場
(吉田一彦・神戸大学名誉教授)
  日本に来航したドイツ仮装巡洋艦
  無線の発展が招いた苛酷な戦闘
  仮装巡洋艦アトランティス、出撃

駐日米大使グルーの昭和史
第10回 神風号の快挙と誤爆事件
(太田尚樹・東海大学名誉教授)
  事変を拡大させた「日本人虐殺事件」
  神風号の快挙と中国派兵の事情
  米砲艦パナイ号誤爆事件



今年の読書:34冊目



スポンサーサイト



読書 | 01:55:33 | Comments(0)