FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

eブレークスルー
eブレークスルーeブレークスルー
(2001/02)
大前 研一、テレビ東京「大前研一のガラポン2001!!」 他

商品詳細を見る


まえがき
独創的な「できる」人材を世界中から発掘・活用せよ
他社モデルのまねが無効な時代になった
eビジネス時代のベートーベンを探せ
ビジネスはこう起業せよ
時代を見る目を磨く

第1部 サイバー革命・モバイル革命

第1章 「電子財布」を握った者が勝つ
 電子財布の時代がくる
 アメリカの「電子財布」事情を検証する
 セキュリティーが大きな問題になってくる
 携帯電話が電子財布になる
 このままではアメリカに「電子財布」を握られてしまう
 日本の得意わざを生かせ
第2章 ビジネスモデル特許
     サイバー社会の富の源泉だ
 ビジネスモデル特許って何だ?
 日本におけるビジネスモデルの元祖
 日本企業はビジネスモデル特許にどう取り組んでいるか
 「先願主義」と「先発明主義」
 「オリジナルなことを考えることの重要性」を教育すべきだ
第3章 21世紀のビッグビジネス!
     携帯電話ビジネス
 2003年、携帯電話の台数がパソコンを追い抜く
 電子財布・電子決済を握ったものが勝つ
 次世代携帯電話サービス W-CDMAの凄さ
 携帯電話ビジネスは様々な産業を引っぱっていく
第4章 電話はどこまで進化するのか?
 電話はどこまで進化するのか
 高速広帯域
 次世代通信の行方
 日本の高度情報通信社会は
 一つの方向へ導く政治の指導力が問われる
第5章 ボストン―その成功の秘密とは!?
 ボストンの転落と復活
 イノベーション・システム
 ボストンの大規模都市開発
 成功の三つの秘密
第6章 電脳国家マレーシア
     『スーパーコリダー計画』に学べ!
 電脳国家マレーシア
 マレーシア21世紀への挑戦
 21世紀のデジタル社会を生き抜く
 勇気と信念を持つ

第2部 ジャパニーズ・ドリーム

第7章 エンジェルが日本を救う?
 今、なぜ「エンジェル」なのか?
 日本のエンジェルを増やすためには
 出すのは資金ばかりではない
 日本のエンジェルの問題点
 急がれる日本のエンジェル制度整備
 お金を持っている人から若い人にお金が流れる仕掛けを
第8章 どうする!!日本のベンチャー支援
 アメリカの85年~88年の状況と似ている
 第1回ビジネスジャパンオープン
 若い企業にお金が回る日本に!

第3部 変われ大学!変われ日本!

第9章 社外取締役とは何か
 アメリカの大学と企業の関係
 社外重役が日本を変える
 大学にも社外取締役を
第10章 学歴なんかもう要らない
 21世紀、学歴なんかもう要らない
 アメリカの就職事情
 人間形成と職業訓練がポイント
 義務教育は6歳から18歳にせよ!
 すぐれた人から学べ
第11章 21世紀、日本の英語教育はこれだ
 英語は学問にあらず
 英語教育三つの問題
 大前提言①教育資格の相互認証
 大前提言②マレーシア方式の導入
 私はこうして英語を習得した
第12章 21世紀は英語で稼げ
 英語を話せなければ、生き残れない
 「反論してみるならばしてみろ」のつもりで
 ディベートは知的遊戯
 自分に売り物があれば、やりやすい
 稼げるようになるための訓練、使えるようになるための訓練

第4部 変われ税制!変われ日本!

第13章 税金ってなんだ?!
 あなたの借金ハウマッチ?
 税率を下げると税収が増える
 見えない「税金」
 見えない税金が私たちの豊かさを奪う
 日本人は危機に強い
第14章 地方税ってなんだ?!
 石原東京都知事の一石
 外形標準課税とは
 地方の経済的自立
 歪みを正す道州制
 税制をガラガラポンすべきだ

第5部 銀行はどうなる!郵貯はどうなる!

第15章 直接金融の時代がやってくる
 銀行の役割とは何か
 直接金融の時代へ
 資金調達の行方
 「銀行よ、初心に返れ」
 「絶対大丈夫なものなんてない」から始めよう
第16章 21世紀、日本の銀行はなくなる!
 銀行への新規参入は実現するか
 新規参入を阻むもの
 銀行決済業務の変化
 21世紀の銀行は?
 21世紀勝ち残るためには
第17章 郵貯の危機は地方財政の危機
 郵貯神話崩壊か
 郵貯の危機は地方財政の危機
 日本を救う道州制
 郵貯崩壊は地方自治確立のチャンスである

巻末資料



本書は、1999年から1年間テレビ番組で放送された課題の中から抽出されて書かれたものである。
ということは・・・今から12年も前の話ということになる。
かなり古い話である。
しかし、内容を読んでみると、これが面白い。
著者が“予測”していたことのいくつかが、その通りの進展をしているのだ。
多分、当時、かなり確度の高い情報を得ていたのだろう。
このように古い本を読むことで、批評家やら“予想屋”が言っていたことが、その後どうなったのかを確認できる。
で・・・その人物の言うことが信頼できるかどうかもわかる。
現在、テレビに出演している“コメンテーター”という“人種”は、どうなのだろうか?
何年後かに検証したいものである。
著者の提言の中には、12年も経った今も、全く進展していないものもある。
“予測”が当る人が言っているんだから、提言も実行に移せばいいのになぁ~と思うのだが、なぜか、さっぱり・・・である。
もったいないよなぁ~
現在のこの日本の活気のなさ・・・
思い切ったことをやらねば、今までと同じことをしていては、いつまでも脱することはできないだろう。
12年前に良い提言もしてるんだけどなぁ~
あ~もったいない・・・


今年の読書:1冊目



読書 | 16:49:01 | Comments(0)
映画を見に行く
午前、妹が母の墓参りに行くと言い出す。
昨年も行ったのだから、今年も・・・と言うのだが・・・
昨年は行ったのだろうか?
記憶にない・・・
パパも記憶にないというが、ママに睨まれるので、あまり強気では言えない・・・(笑)
「行かなかったんじゃないかなぁ~」
「いいえ!行きました!」
「・・・・」

今日は1月2日である・・・・
お花屋さんはお休みである。
昨年は花を持たずに行ったのだろうか?
妹が、そう言うんだから、そうなんだろう・・・
“触らぬ神に祟りなし”に近い、“逆らわぬママに祟りなし”である。(大笑)

お線香だけを持って墓参りに行く。
山の中腹にある母のお墓は強風・・・・
お線香に火が点けられない。
パパと甥っ子が苦労してようやく火をつけたが、このまま放置しておいたのでは危ない。
山火事でも起こしたらおお事である。
結局、水をかけて線香を消すはめに・・・・
ん?じゃ、なんで墓参りに来たのやら・・・である。(笑)

祖父母のたちご先祖様のお墓は杉の大木に囲まれている中にある。
杉の葉や枝が落ちているので、お掃除・・・・
昨年の12月22日にもお掃除をしたが、その後もかなりの枝が落ちていた。
甥っ子、姪っ子に掃除をやらせたが・・・・
何だかんだと口ばかりが動くだけで、箒を持つ手が動いていない。(笑)
一生懸命掃き掃除をしているのは親父・・・・
子どもの頃、お寺の小坊主になって境内を掃き掃除するのが夢だったという変わった夢を持っていた親父・・・・
黙々と箒を動かす・・・・(笑)
「おじいちゃんを見習えよ!」と子ども達に注意・・・・(笑)
「おじいちゃんはな、お寺の小坊主になりたかったんだって。ほら、箒の使い方がうまいだろう?見習えよぉ~」と散々親父をからかう。
いずれ、親父もこの世を去るときが来る・・・・
そのときは、孫達は、おじいちゃんを思い出し、掃き掃除に身が入るようになるだろう・・・

子供たちというか・・・パパの希望というか・・・(笑)
夜、映画館へ映画を見に行く事になる。
見たいのは『リアル・スティール』という映画だそうだ・・・・
ネットで予約をして、夕食後、出発!
親父はお留守番・・・・
この映画、何やらロボットの話だそうで・・・
まぁ、彼らと一緒じゃなければ、拙者は絶対見ることはないジャンルの映画である。(笑)
しかし、結構、感動する映画だった。
いや、これは良かった。

日記 | 12:33:28 | Comments(0)
謹賀新年
元旦!

昨年の読書の目標は100冊・・・
毎年、同じ目標値だが毎年クリアーできないでいる。
で・・・昨年も結局、目標がクリアーできず・・・90冊・・・・
あと10冊なんだよなぁ~(笑)
毎月、あと1冊多く読んでいれば、目標が達成できたのになぁ~
・・・と、1年を振り返ってみれば、何とでも言える。(大笑)
その前の年、2010年は59冊。
その前の2009年は67冊。
以前から比べたら「格段の進歩」をしてると言えるが・・・・
本来ならば、読んだ本の数ではなく、その中身が問題である。(笑)
それが、どう我が身の血となり肉となるか・・・これが問題なのである。
しかし、読後3日もしないうちに内容をすっかり忘れてしまうのだから、こっちのほうが問題か・・・(大笑)
普段、全くと言っていいほど頭を使っていないのだから、やっぱり「多読」は拙者には必要だろうなぁ~

というわけで・・・今年の目標!・・・今年も100冊読むということにする。

昨年からの課題・・・・
我が祖父に関して本を書く!・・・・これ・・・遅々として進展せず・・・・
祖父の軍隊時代のことを語れるのは一族の中では拙者しかいない。
子孫に伝えるためにも1冊に纏めねば・・・
拙者が死んだら誰も語る人がいなくなるのだ。
と言うわけで・・・・今年の目標!・・・今年中に原稿を仕上げるぞ!
できれば、出版できれば・・・(ちょっと弱気・・・笑)

それから・・・と、ついつい目標をいくつも立ててしまうのだが・・・
これが失敗の原因ではなかろうか?
どこかの政党はマニフェストにあれもこれもと何でもかんでも取り入れちゃったので、あとになってから結局どれもこれも中途半端・・・
公約違反とまで言われる始末である。
あれは、目標の掲げすぎである。
目標は1つか2つでいいだろう。
たくさん掲げて、そのうちのいくつかが達成できればいい・・・というのはお粗末な考え方である。
他のものは・・・『夢』ということにしよう。
夢を語るなら・・・公約違反にはなるまい?(大笑)

夢・・・・
今年は、昨年動けなかった分、また海外への戦跡訪問と戦没者慰霊の旅にでかけよう。(出かけたいなぁ~である・・・笑)
水戸藩士の“シミズくん”を真似して、小説の1本でも書いてみたいものだなぁ~・・・である。
経営アドバイザーとしての能力を高めて、“ウメちゃん”のお役に立つ人間になりたいなぁ~・・・である。
宝くじを当てて、大金持ちになりたいなぁ~・・・である。
定職を持たずに生活費を稼ぐ方法を見つけたいなぁ~・・・である。
美女に囲まれてバラ色の人生を楽しみたいものだなぁ~・・・である。
(あっ・・・段々、夢のレベルが下がってきてしまった・・・笑)

これ・・・総て、『夢』である。
目標ではない・・・公約ではない・・・(大笑)

今年のおせち料理は、拙者が用意した3段重ね、昨年よりも奮発した1万8千円のおせちと、妹が東京から持参してきた京風の3段重ねのおせち・・・
テーブルの上は豪華絢爛となる!(大笑)
子どもたちも、「どれから食べたらいいかわからない!」と大喜び。
餅は、年末に叔母さんが送ってきてくれた。
年末に餅をついて、食べやすいように切って送ってくれたのである。
その中の豆餅は絶品である。
最高の新年である!(大笑)

お年玉・・・
昨年も、子ども達にいくら渡したのか忘れてしまい苦労した・・・
で・・・どこかに記録しておいたはずなのだが、1年も経つと、どこに記録したのかを忘れている。(笑)
結局、昨年の正月と同じ苦労を繰り返す・・・(進歩してねぇなぁ~)

「野田総理になって、今年からお年玉は廃止になったって話・・・聞いてない?」と言ったら、この冗談に乗ってくれたのは中2の姪だけ・・・
高2の甥と大学1年の姪は「馬鹿言ってんじゃねぇよ」という白い目・・・
妹からは「お兄ちゃん、もう子供たちは小学生じゃないんだから、そういう馬鹿なこと言っても通用しないわよ」と馬鹿にされた・・・・
あ~面白くねぇ~
子どもは、いつまでも幼稚園児か小学生のままでいてもらいたいものだ!
なんで、そんなに早く成長しちゃうのかねぇ~
あ~面白くねぇ~

その昔・・・・
姪っ子に、千円、お年玉をあげたことがある。
ところが姪っ子はガッカリした顔をした。
「紙のお金はいやだ」と言うのである。(笑)
仕方がないから、ポチ袋に100円玉や10円玉をいくつか入れて渡してやったら、今度は大喜び!(大笑)
あの頃がよかったなぁ~(お金もかからなかったし・・・大笑)
戻ってくれないかなぁ~あの頃に・・・・
泣く泣く(笑)お年玉を渡す・・・・(大笑)
新年早々、貧乏になっちまったぁ~

日記 | 10:46:14 | Comments(2)
前のページ