FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ペリリュー島慰霊祭
今日は、茨城県護国神社でペリリュー島の慰霊祭がある。
正式には『水戸歩兵第2連隊並びにペリリュー島守備隊合同慰霊祭』

当初、青森から“ヨコハマさん”が参列されるのだろうと思い、水戸のホテルに前泊して夜は酒を飲みに連れて行こうかと考えていたのだが、“ヨコハマさん”は今回参加されないと連絡が入った。
そうなると、前泊の必要はない。
が・・・朝は道路が渋滞して時間が読めない・・・
さぁ、どうするか・・・
結局、電車に乗って行く事にした。
寝不足状態であったが無事に予定の電車に乗る。

駅からはタクシーで護国神社へ・・・・
が・・・あまり人がいない・・・
早く到着しすぎたか?
そんなことはないだろう・・・・

護国神社の境内にペリリュー島の慰霊碑がある。
当然、慰霊碑の前で慰霊祭はやるものだと思っていたのだが、そこにも人はいない。
慰霊祭の案内の看板もない。
実は、拙者はこの慰霊祭には始めての参加なのである。
昨年は、ガダルカナル島に行っていて参加出来なかったのである。
普通なら、慰霊碑のところに受付のテントを出して・・・という風景だと思うのだが・・・

002_convert_20111206215744.jpg(茨城県護国神社)

参集殿らしき建物の中に入っていく人を見つけた・・・
もしやと思い、参集殿を覗いてみたら、そこで受付をしていた。
あらら・・・・である。
集合場所に「参集殿」と書いてあれば、こんなことはなかったのに・・・・
まぁ、いつもの常連さんが集まっているから、わざわざ「参集殿」とは案内に書かなかったのだろう。
拙者が靖国神社で慰霊祭をする時に出す案内状には、必ず集合時間と集合場所「参集殿」を明記するのだが・・・

受付で、昨年、一緒にペリリュー島へ遺骨調査に行ったメンバーと会う。
で・・・これからどうするの?(笑)
奥の部屋で「全体集会」をするらしい。
参列者数は115名。
会場は満杯である。

003_convert_20111206220907.jpg

ちょうど、知り合いの“オヌマさん”が手招いてくれたので一緒に座る。
10時半より全体集会・・・・
受付で渡された資料に従っての各種報告・・・・など。
司会は事務局長の“カゲヤマさん”
ところが・・・である。
驚いたことに、慰霊碑への参拝は各自、適当な時間に行なってくれと言う。
慰霊祭の前で慰霊祭はしないのか?
それでは何のための慰霊碑なんだろう?(笑)
組織によって慰霊の仕方も様々だという事を改めて知ったが・・・・
さすがに慰霊碑が目の前にあっても、そこでは慰霊祭をしないという慰霊祭は初めてである。

式次第では、11時半から拝殿で慰霊祭をすることになっている。
が・・・“カゲヤマさん”は、まだしゃべっていて、まだまだ終わりそうもない。
おや?もう時間なのだが・・・
結局、予定を30分もオーバーして、「全体集会」が終わったのは、12時・・・・
マイペースの“カゲヤマさん”らしい進行である。(笑)
拙者も慰霊祭を取り仕切るが・・・
常に時間は気になる。
お坊さんや神主さんを待たせては失礼だからと思うからである。
しかも、高齢者が多いとなると、移動時間も加味しなくてはならない。
分刻みで司会進行をするのだが・・・
ペリリュー島でもそうだったが、さすがはマイペースな“カゲヤマさん”である。(大笑)

狭い拝殿内にギュウギュウ詰めでの慰霊祭。
30分以上も時間が“落ちた”ので・・・・
一般参列者の拝礼は割愛となる。
うそ・・・
他の参列者から「手際が悪いよなぁ~」との文句が出る。
ごもっともである。
30分以上も“落ちた”挙句、拝礼を割愛されたのでは、何のためにここに座っているのかわからないだろう。
拝礼をしないのでは、参列した意味がない。

面白いのは、連隊歌や国歌を神前で歌うというところ・・・
へぇ~こういう慰霊祭の仕方もあるんだぁ~
うちの師団には「師団歌」なんてないから、こういうことはしないけど・・・

慰霊祭後、社殿の前で記念撮影。
その後、参集殿に戻って、お弁当を食べながら直会。

005_convert_20111206224439.jpg

私の周囲には、JYMA(日本青年遺骨収集団)の大学生達が座っていて、彼らから「豪華な弁当だ」との声が上がった。(笑)
たしかに、それは言えるかな?(笑)
彼らとおしゃべりをしながら弁当を食べる。

この慰霊祭で配布された資料。
立派な会報誌である。
本日参列した方々の名簿が掲載されている。
参加の出欠葉書が届いてから印刷・製本するまで短期間しかないのに、ここまでのものを作成するとは正直驚いた。
これは、すごい!
ここまでのものを短時間で作成して配布する会は他にはないんじゃないだろうか?

ただ、残念だったのは・・・・
遺骨調査のためペリリュー島へ行った来島者報告のところに、拙者の名が載っていなかった事である。
会員じゃないからなのだろうが・・・
寂しいねぇ~これ・・・(笑)
仲間じゃないということか・・・・

直会を終え、特別拙者が手伝うこともなさそうだし、特にその後何か話があるわけでもなさそうなので、関係者に挨拶をして帰ることにする。
さて・・・ここまでタクシーで来たが・・・
タクシーを呼んで帰るというのも芸がない。
折角だから歩いて駅まで行こうか!
たまには運動をせねば!
というわけで、千波湖の公園を駅に向かって歩く。

この千波湖の湖畔の広場に映画『桜田門外の変』のオープンセットがある。
映画は既に公開されているが、オープンセットはそのままにして観光に使っているらしい。

007_convert_20111206230025.jpg

入口が、ちょっと、みすぼらしいのだが・・・(笑)
入ってみることにした。
入場料は700円・・・結構な値段である。

今日は天気もいいし、直ぐ近くの公園にも家族連れがかなりいて混雑していた。
多分、ここもかなりの混雑だろうと覚悟して入ってみたら・・・
あれ?
2~3人しかいない・・・・(大笑)

008_convert_20111206230548.jpg 009_convert_20111206230710.jpg

今日は休日だよな?
だから、公園にあれだけの家族連れがいたんだよな?
それで・・・ここは・・・これ?
閑散としている・・・
まるでゴーストタウンである。(オープンセットだから当然か?)(笑)

実は、拙者はこの『桜田門外の変』の映画は見ていない。
前売り券を買っておきながら見に行くのを忘れたのである!(大笑)
(拙者に売りつけたのは・・・水戸藩士の“シミズくん”である・・・笑)
映画を見ていれば、また違った感慨を受けたのだろうが・・・
う~ん・・・特に何もないなぁ~
まぁ、映画のセットというのは、こういうものなのかぁ~くらいなものである。
でも、結構、建物は想像以上にいい出来だとは思う。
小さな資料館も併設されていたので、資料館も見学。
こちらは、まぁまぁの出来かな?
いずれにせよ700円は高いな・・・・
これでは誰も来ないだろうなぁ~(大笑)

034_convert_20111206231742.jpg

時刻は午後4時・・・・
湖畔の遊歩道を駅に向かい歩く・・・・
結構いい運動になった。
気分爽快である。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 21:43:56 | Comments(0)