FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

伊勢市に行く
今日から三重県・・・・
法人会青年部の全国大会である。
我が法人会からは、OBの“オノザキ前部会長”と拙者・・・
現役は部会長の“ヤマモトくん”と部会員の“キソくん”の総勢4名!(大笑)

毎日、午前3時か4時に寝て、目覚めるのは午前9時か10時という自堕落な生活を送っている拙者にとって、午前6時起床というのは・・・・キツイ!(笑)
完璧に寝坊してしまいそうな気がしていたが・・・
人間とは不思議なもので・・・
目覚まし時計に頼らなくても、精神力(?)で何とか起きられるものである。(笑)
無事に予定の特急に乗り、みんなと合流できた。
これは拙者にとっては「奇跡」であり「快挙」である。(大笑)

東京駅から新幹線で名古屋まで行き、JR快速「みえ」で伊勢市駅へ・・・・
なんで近鉄じゃなくてJRなのかは知らない。(笑)
事務局の“アサヒくん”が手配してくれた切符である。
で・・・伊勢市駅に降り立って・・・唖然・・・・
駅前には誰も人がいない・・・・(大笑)
閑散とした駅前通り・・・
とにかくどこかで昼食を食べようと駅前通りを歩くが、これといった店が無い。
ようやく見付けた店で、昼食をとる。

003_convert_20111128152323.jpg(豚丼)

時刻は午後2時を過ぎている。
このあと部会長は会議があるが、我々3人は本日はこれといった用事は無い。
観光に出かけようという話にはなっているが、誰も腰を上げようとしない。
刻々と時間が過ぎていく・・・・
「伊勢神宮にお詣りに行こうかぁ~」とは言うのが・・・・

で・・・挙句の果てに・・・・
「一度ホテルに行って荷物を預けてから行こう」と言う始末・・・
それならそうと早く移動しようよぉ~(涙)
駅前からタクシーに乗ってホテルへ。
チェック時間前だったので、フロントに荷物を預け、部会長と別れて、3人で伊勢神宮の内宮へ向かう。

004_convert_20111128160513.jpg

午後3時到着・・・・
結構な賑わいである。
伊勢市駅前とは大違いである。
ということは・・・観光客は、ここだけにピンポイントでやって来て、ここを参拝したらサッサと帰ってしまうということだろうか?
そうなると、町にはお金が落ちないよなぁ~

005_convert_20111128161031.jpg

伊勢神宮の内宮は、この石段の下からしか写真を撮ってはいけないのだそうだ。
面白くないといえば面白くない。(笑)
ここには小学生の時に家族旅行で来たことがあるはずなのだが全く記憶にない・・・・
“オノザキ前部会長”は、以前、なにやら伊勢神宮に多額の寄付をしたそうだ。
多分、「式年遷宮」という20年に一度の社殿建て替えの寄付ではないかと思う。
(本人が良くわかっていないというのは困ったものであるが・・・笑)
で・・・その時に、何やら「カード」が送られてきたそうで、それを持参していれば、いわゆる昇殿参拝のようなもの・・・つまり、一般の人よりも奥のほうへ特別に入って参拝できるとか・・・
そのカードを持ってくるのを忘れたとボヤく、ボヤく・・・・(笑)

“オノザキ前部会長”は、その昔、若かりし頃、わが町の某大手企業に就職し、その時に「伊勢修養団」で修養をさせられたのだとか。
その時に、伊勢神宮のお詣りの仕方を教わったそうだ。
通常の参拝の作法は「二礼二拍手一礼」であるが、伊勢神宮の場合は「二礼四拍手一礼」だと言う。
本当かなぁ~と思いながら、一応、そう言われたので、その通り四拍手をしたら・・・
なんと!
そう私に言った御本人は「二礼二拍手一礼」をしたのである!
そんな馬鹿な・・・・唖然である。
なんか・・・拙者一人が馬鹿みたいなお詣りの仕方をしてしまったではないか!
参ったなぁ~

と・・・気がついたら、“キソくん”がいない・・・
どうも興味が無いらしく・・・ふらふらとどこかへ行ってしまったようである。
探すのに一苦労・・・困った“後輩”である。

内宮の参拝を終えて「おかげ横丁」へ向かう。
「赤福」を食べたいとみんなが言うので、赤福の店を探したら、直ぐ目の前に・・・・
ここが本店かと思ったら、実は内宮前支店だった。(笑)

007_convert_20111128175955.jpg 008_convert_20111128180103.jpg

この赤福支店のある通りは、「おはらい町通り」というらしい。
「おかげ横丁」は、この先を暫く行ったところにあるらしい。

010_convert_20111128180410.jpg(おはらい町通り)

この「おかげ横丁」には江戸風の古い建物を模したいくつものお土産屋とか食事処が集まっている。
どこかテーマパークっぽい雰囲気がある。
“キソくん”は何か食べるものにしか興味が無いらしい。(笑)
「おい、おい、今、いろいろ食べたら夕食が食べられなくなるぞ」と注意をする。
で・・・この横丁の一角にあった射的場で、コルク玉の鉄砲で射的・・・・
おい、おい、いい歳をして何を始めるのやら・・・
賞品のお菓子をたんまりせしめて“キソくん”はご満悦・・・
わからん・・・会社の社長が子供の遊びに興じることが拙者にはわからん・・・・

タクシーを拾ってホテルに戻り、ホテルの食事処で夕食。
この店の「エビフライの開き」というのが名物なのだそうだ。
というわけで、早速それを頼むことにした。
エビをアジの開きみたいにしてフライにしただけのことではあるが・・・(笑)
結構美味しかった。

012_convert_20111128181622.jpg

食事後、会議を終えた“ヤマモト部会長”と合流して、酒を飲みに出かける・・・・
が・・・
場所が場所である・・・
閑散とした街の中のスナック・・・
“キソくん”は、とにかく若い女の子がいる店じゃないと嫌だと言う。
しかも美人じゃないと嫌だと言うんだから呆れる。
何を期待しているのやら・・・(笑)
だいたい、我々OBである先輩を前にして自分の希望を述べるということ自体が理解できない。(唖然)

ホテルのフロントでお店を紹介してもらいタクシーで向かう。
1軒目では満足できず、2軒目と“ハシゴ”をしたが、2軒目のお店は30代、40代の女の子しかいなかったので、到着早々“キソくん”は居眠り。
オイ、オイ、・・・である。
帰りのタクシーの中で「若い子がいなかったので寝てました」と平然と言ったのには呆れた。

スポンサーサイト



日記 | 15:41:34 | Comments(0)