FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

処分が生ぬるい?
茨城県の発注工事をめぐる官製談合・・・・
公正取引委員会から排除措置命令を受けた県の業者への処分をめぐり業者間で異論が出ているという。
基本的にはこの処分が甘いというもの・・・・
茨城県が特例を適用して、指名停止期間を短縮した処分に対し「生ぬるい」という批判が出ているのだそうだ。
特例って・・・どんな特例を適用したのかはしらないけど・・・(笑)
本来ならば1年から2年の指名停止となるところが、県の処分は、今回は特例を適用して半年の指名停止処分にしたそうなのである。

この談合は・・・官製談合だからねぇ~・・・無理もないかも・・・
企業同士が独自に談合していたなら一方的に厳しい処分も下せるのでしょうが・・・
役所主導で談合しちゃったんだから役所にも非がある・・・・
こうなると処分も甘くしないとマズイ・・・何をバラされるかわからない・・・ということかな?(笑)

過去の談合の例では、処分される企業が数社と少ない場合は、キッチリと制裁をしているのに、今回は処分される企業が59社と多いために県が特例で「救ってやった」のではないかと言われている。
この談合に参加していなかった企業からは、こんな軽い処分で済むなら、談合に参加しておけばよかった・・・という声が上がったというのだから笑ってしまう。

この「処分が生ぬるい」という批判が処分を受けた側の企業からも出ているというのだから驚きである。(笑)
これは、今回初めて摘発された企業からの批判なのだが・・・
こちらは初めて摘発されて処分されるのに、過去に何度も摘発されている「常習犯」と同じ処分というのはおかしいではないか?・・・・というもの。
思わず笑ってしまうが・・・そう言いたくなるよなぁ~(笑)

談合に参加しなかった企業、参加した企業、双方から批判されるような処分を決めてしまった茨城県・・・・
お粗末である・・・・(大笑)

スポンサーサイト



エッセイ | 15:44:16 | Comments(0)
市職員の懲戒免職
新聞の記事・・・・

茨城県筑西市で、市の職員が市民から集めた狂犬病予防注射代金140万5350円を着服したとして、筑西市は、この職員を懲戒免職にしたと発表した。
この市職員は、筑西市生活環境課の課長補佐兼係長の男性職員(52歳)だそうである。
「男性職員」・・・・ねぇ~
なんで氏名を公表しないんだろう?
52歳なんだから・・・未成年者じゃないのに・・・・・(笑)
役所というのは、犯罪を犯した同僚でも庇うという体質があるのだろうか?
公僕である公務員が市民のカネを着服して生活費や遊興費に使ったのである。
よくいう「あってはならぬこと」であるが・・・・
その割には・・・甘い・・・・

この犯罪は・・・倫理上でもかなり重い犯罪である。
放火をする消防士、強盗をする警察官に匹敵する。(笑)
市民のカネを着服する市の職員・・・って重犯罪者じゃないのかね?

どうして名前を隠して庇ってしまうのだろうか?
これは公務員の権利なのか?
犯罪を犯しても世間には個人を特定させないような権利が公務員にはあるのか?
それとも公務員の労働組合の圧力によるものなのか?
それとも、新聞社の判断で名前を公開しないのか?

犯罪を犯した当の本人は記者会見で謝罪することはない。
謝罪するのは市長さんであろう・・・
本人は恥もかかず、晒し者にもならずに済む。
で・・・着服したカネは親戚あたりから借りて「全額返せばいいんでしょ!」・・・・
その後は、「役所を辞めればいいんでしょ!」・・・・・
これでいいのかねぇ~

江戸時代の頃の「市中引き回しの上、磔!」っていうのを復活した方がいいんじゃないの?
こういう事件の再発防止策は・・・・晒し者にするのが一番いいと思うんですけど・・・・
市の広報車に縛り付けてさぁ~(笑)
市内の全地域を走ってさぁ~
集まった市民から卵とかを投げつけられてさぁ~(笑)
こういう目に遭っている姿を見たら、他の職員は着服なんてしないと思うんだよなぁ~(大笑)
この案・・・・ダメ?

エッセイ | 15:11:33 | Comments(0)