FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

代理店はどうかって?
今日は法人会の理事会。
今回は、新任の税務署長が参加され初顔合わせも兼ねている。
また、提携している保険会社各社から福利厚生制度の推進概況の報告もある。

DSCF3019_convert_20110920201730.jpg

その後・・・懇親会・・・・
いつもの立食パーティー
どういうわけか、「お偉いさん」と「会員」と「保険会社」のグループに分かれてしまう。
どうしてそうなるのかわからないのだが、いつもこんな感じに分かれてしまうのである。
で・・・拙者は、今回、わざと「保険会社」のテーブルに加わることにした。
が・・・確かに、加わってみると、彼らと話すことが何もないのである。(笑)
「保険に入ってください」なんて言われたら堪らないので、みんなは近づかないのか?(笑)

DSCF3021_convert_20110920202649.jpg

アフラックの支社長が話しかけてきてくれたので、しばし、雑談をする。
支社長の話によると、県内各地の法人会の会合に出ているが、わが法人会では二次会に誘われたことがないという。
だから、わが町では飲んだことがないと言うのである。
今まで、この懇親会に出た後は真っ直ぐ帰社だとか・・・・
嘘でしょう?
わざわざ遠路はるばるやってきて・・・・
「今度、機会があったら是非飲みに連れて行ってくださいよ~」と支社長。
「今度?今度といわず・・・今晩行きましょう!どうですか?」
「え?今晩ですか?いいんですか?」
「全然かまいませんよ。これも何かの縁。それにしてもけしからんなぁ~今まで誰も飲みに誘わなかったなんて~。善は急げですよ!行きましょう!」(飲みに行くのが善かどうかは知らないけど・・・笑)

・・・というわけで、懇親会後に拙者と支社長、副支社長の3人で飲みに行くことにした。
が・・・懇親会は6時に解散・・・・
クラブに飲みに行くことにしたのだが、開店するまでには2時間近くもある・・・(笑)

この2時間近くを、どこかで潰さねばならない。
仕方がないのでイタリアン風の喫茶店ぽいお店(笑)で、おしゃべりをしながら時間を潰す。
その席上・・・・
拙者が実は廃業していて、名ばかりの会社役員なのに法人会の理事をしているんだという話をした。
「じゃぁ、普段は何をしているんですか?」
「ん?戦没者の慰霊!」(笑)
「またまたぁ~冗談でしょ?(笑)」
「いや、本当なんだってば~」
と・・・得意の戦争の話と海外の戦跡巡りと慰霊の話などをした。(大笑)
「じゃぁ、収入は?」
「ん?何もないけど・・・ボランティアだから・・・」
「え?じゃ、どうやって生活してるんですか?」
「ん?貯金を崩して・・・」
「それが無くなったら?」
「首を吊って自殺します」
「はぁ?・・・・・」

「それならうちの会社の代理店をやりませんか?」と支社長・・・・
「保険の代理店ねぇ~、僕は営業下手だし・・・無理だと思うけど・・・」
「いや、そういう人のほうが結構長続きするんですよ。営業が得意だという人に限って実績が上がらず辞めているんですよ」
「そういうもんですかねぇ~」
「代理店収入で収入を確保しながら慰霊を続けたらどうですか?貯金が無くなったら死にますじゃマズイですよぉ」
「まぁ、そういうのもひとつの手かな?」

戦没者の慰霊などというボランティアをするような人にぜひやってもらいたいと言うのだが・・・(笑)
お付き合いしている方々は殆ど80歳後半から90歳を超えてるからなぁ~
とてもじゃないが保険に入ってくださいとお願いする対象ではない。(大笑)
絶対無理なんじゃない?(笑)

なんだかんだと、そういう話をしているうち、あっという間に2時間が過ぎた。
拙者は「おしゃべり」なので、ほとんど一人でしゃべっている間に時間が過ぎてしまった。
さぁ!飲みに行くぞぉ!(笑)
代理店うんぬんの話はここまで!(笑)
クラブで、別の話題で大いに談笑し、楽しいひと時を過ごす。

で・・・拙者が誘ったのだから拙者がご馳走しようと思ったら、支社長がいつの間にか支払ってしまっていた。
「ありゃぁ~!そりゃ、マズイですよ~。私が出しますから・・・」
「いや、その分、慰霊活動にまわしてくださいよ」と支社長。
いやぁ~そう言われると・・・・ありがたい。(笑)
感謝、感謝である。

スポンサーサイト



日記 | 19:56:19 | Comments(0)