FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

高野長英の碑
DSCF2972_convert_20110824181554.jpg

高野長英の碑

高野長英先生(1804~1850)
先生は岩手県水沢に生れ長崎でオランダ語と医学をおさめ西洋の科学と文化の進歩をしておることを知り発奮してこれらの学術を我国に早く広めようと貧苦の中に学徳を積んだ開国の先覚者である
その間に多くの門人を教え又訳書や著書八十餘を作ったが「夢物語」で幕府の疑いを受け遂に禁獄の身となり四十七才で不幸な最後をとげた最後の処は今の青山南町六丁目四三の隠れ家で遺体の行方もわからなかったが明治卅壱年先生に正四位が贈られたので同郷人等が発起してこの寺に勝海舟の文の碑を建てた処昭和戦災で大部分こわれた
よってこゝに残った元の碑の一部を保存し再建す
昭和三十九年十月

(碑文より)


より大きな地図で 高野長英の碑 を表示


スポンサーサイト



史跡 | 18:12:41 | Comments(0)
高野長英先生隠れ家
DSCF2970_convert_20110824164237.jpg

都旧跡
高野長英先生隠れ家

こゝは昔の青山百人町幕臣与力小島持ち家で質屋伊勢屋の離れ屋先生の隠れ家又最後の処である時は嘉永三年(一八五〇)十月卅日夜であったこの度青山善光寺の碑の再建に際しここを表彰する
千九百六十四年

(碑文より)


より大きな地図で 高野長英先生隠れ家 を表示


史跡 | 17:56:16 | Comments(0)
ぶらり散歩・・・
南麻布のニュー山王ホテルから、テクテクと歩いて、南青山へ向かう。
青山通り沿いにある「青山スパイラル」というビルのところが、高野長英が自殺した場所。
ここに碑があるらしいので、それを撮影に行ってみたのだが・・・
見つからない・・・・
それらしきものがない・・・・
当然、教育委員会の説明板でも建っていていると思ったが、そういう説明板も見当たらない・・・
結局、ビルの周囲を2周して探して、ようやく見つけた!
なんと・・・
ビルの柱に碑が埋め込まれていたのである。
これじゃ容易に見つけられないのは当然である。
なんで、こういう扱いなんだろう?
高野長英だよ!
有名人の最期の地なのにねぇ~

DSCF2970_convert_20110824164237.jpg DSCF2971_convert_20110824164458.jpg

続いて、北青山の「青山善光寺」に向かう。
ここに「高野長英の碑」があるというので行ってみた。
これまた、お寺自体を探すのに苦労する。
青山だからねぇ~
近代的なビルが目立ち、お寺の入口がどこなのかわからない。
結局、グルグルと1周する。
「高野長英の碑」・・・・・
う~ん・・・大したことはなかった。(笑)
正直言って・・・ちょっとガッカリ・・・・
ここにも教育委員会の説明板のようなものは何もなかった。
「説明文」は欲しいよなぁ~

と・・・ついでに周辺を見てみたら・・・
すぐ近くに「陸軍経理学校生徒隊慰霊碑」というのが建っていた。
こういうのが、このお寺にあるなんて知らなかったので、これには感激!
来てよかったと気分は一転!(笑)

DSCF2978_convert_20110824165537.jpg

ここに慰霊碑があるのは、特にこの近くで何かがあって生徒隊が亡くなったというわけではなさそうである。
大東亜戦争で亡くなった全ての生徒隊の戦没者のための慰霊碑で、長野の「善光寺」の東京分院だからということで、ここ「青山善光寺」境内に建立したようである。

今日の「史跡巡り」はこれで終わり!
もう夕方だし・・・・
で・・・ここはどこ?(笑)
得意の方向音痴・・・・再発である。
この「青山通り」・・・以前、歩いたことがあるような・・・
と言うわけで・・・テクテクと歩いてみて、なんとなく記憶があるぞ・・・と、JR原宿駅に向かう。
でも、実は、どこをどう、北に向かっているのか南に向かっているのか・・・知らないで歩いているのである。

それにしても、この通りは人が多い・・・
若い連中が多い。
しかしながら・・・こう言っては失礼だが・・・(笑)
美男、美女というのは皆無に近い。(大笑)
どうしてこうも顔つきの悪い連中が多いのか・・・
目鼻立ちという顔のつくりが、どうのこうのと言うのではない。
目つきや表情が男女とも非常に悪いのである。
よくもまぁ~揃いも揃って・・・というほど、ひどいものである。
その人の内面が顔に出るとするならば、かなり内面の悪い連中が何千人と歩いている・・・と言える。
思わず日本の将来が不安になってきた・・・(笑)

日記 | 16:30:55 | Comments(0)
ヘイズ元提督と昼食会
今日は、東京で、元米太平洋軍司令官・ヘイズ元提督と食事会。
ヘイズ元提督と副官のゲイリー元海兵隊中佐が来日したので、以前、ミッドウェー慰霊祭に参加したメンバーに声がかかったのである。
前回は、震災直後のこと・・・
この時も参加する予定だったが、鉄道は止まっているし、常磐自動車道は通行止めだし・・・
結局、上京したくても出来ないためキャンセル。
今回は、是非・・・ということで、上京した。

場所は、ニュー山王ホテル・・・・
米軍専用の宿泊施設である。
身分証明書がないと入館できない。
今日の昼食会は先方のお招きとのこと。
ホテルのゲートに黒人の警備員・・・
う~ん・・・英語じゃないと・・・ダメ?(笑)
片言の英語で事情を説明して身分証明書を提示する。
事前に名簿が渡されていたらしく、名簿と付き合わせて・・・OK!
無事に館内に入ることが出来た。

DSCF2964_convert_20110824143955.jpg(ニュー山王ホテル)

ホテルの中では、日本人の支配人が日本語で声をかけて下さったので助かった。(大笑)
内部はかなりシックで・・・いいなぁ~こういうホテル・・・
落ち着くよなぁ~・・・こういうところに泊まってみたいものである。(笑)
が・・・米軍人と家族しか宿泊できない施設だそうだから・・・無理・・・・

会場入り口で、どこかで会ったことがある外人の“オジサン”に挨拶された。
ニコニコしながら「久し振りですねぇ~」と言う。
え~と・・・誰だっけ?
外人はみんな同じ顔に見えてしまうのである。(大笑)
もしかして・・・ゲイリー副官?
ハワイのホテルのロビーで偶然お会いした時に、「あなたのことを覚えてますよ~!元気でしたか?」と走ってきて握手を求めてきた人がこの人だっけ?
そうだとすると・・・その前の年にもグアムでお会いしているので・・・今回が3回目ということになるが・・・
なんとも物覚えの悪い頭である。

え~と・・・こういう時は何と言えばいいのか・・・
「このたびはお招きいただきまして光栄です」と言おうかなぁ~と思っていたのだが、一瞬にして頭の中が真っ白!(大笑)
全ての英単語が吹っ飛んだ・・・
で・・・「ハロー!」で終わっちゃった・・・・お恥ずかしい・・・

ちょっと早目に会場に到着したので、会場内には人が殆どいなかった。
そのうち、ヘイズ提督が到着・・・・
拙者に気づいて、向こうから挨拶に来てくれた。
「お久しぶりです。お元気でしたか?」と握手を求められ・・・
またまた・・・頭に浮かんだ英語は「イエス!」だけ・・・(大笑)
ダメだぁ~!
どうしてこうも気の利いた英語が出てこないのかねぇ~

今日の昼食会・・・・
どうも我々ミッドウェーに行った連中だけの集まりではなさそうである。
知らない人が多い。
名簿上は36名の参加だが、何人か欠席した人もいたので、約30名・・・
そのうちミッドウェーの参加者は拙者を含めて7名だけである。
そのうち、現地で行動を共にした親しい方は“セイノさん”と“イケダさん”・・・
久し振りの再会である!
が・・・円卓は指定席で、どういうわけか、拙者は仲間とは別のテーブルが指定されていて、お二人とは離れ離れ。
ゆっくり話も出来ず・・・拙者の周囲は見ず知らずの方ばかりで会話は弾まず・・・で、なんとも困った。(笑)

DSCF2961_convert_20110824150608.jpg

ヘイズ元提督、ゲイリー元中佐は当然日本語はわからない。
で・・・通訳の日本人が同行していたのだが・・・
どこかで会ったことがあるような・・・(笑)
しかし、どうしても思い出せない。
珍しく、顔は覚えているのだが・・・
どこで会ったのか・・・・
向こうから「お久しぶりです」と挨拶されて、ようやく思い出した。
ハワイの航空博物館の日本人職員の方である。
そうそう、博物館を訪問した時に、おしゃべりしたっけ!(笑)
相手は拙者の顔を覚えて下さるが、こっちはさっぱりダメである。
なんと記憶力の悪いことか。
ヘイズ元提督たちに同行してハワイから来てくれたらしい。
通訳が付いてくれたおかげで、提督の挨拶等がよくわかって助かった。(笑)

食事会を終え解散となる。
退室の時にヘイズ元提督に御挨拶したが、ついでにツーショットの記念写真をお願いする。
拙者は普段は滅多に、有名人や偉い人と記念写真を撮ることはない。
そういう機会があっても全て辞退してきた。
どうも、そういうのは苦手なのである。(笑)
が・・・今回、“フルサワさん”にこの昼食会の話をメールしたところ、「是非、ヘイズ元提督とのツーショット写真を見てみたい」とお返事をいただいたのである。
そう言われちゃ、頑張ってお願いして写真を撮らねばなるまい!(笑)
ということで、思い切ってヘイズ元提督にお願いした。
“フルサワさん”のこの一押しがなかったら、写真を撮ることはなかっただろうから・・・・
これはいい記念が出来た。
感謝、感謝である。

解散後、“セイノさん”“イケダさん”を地下鉄の駅までお見送りして・・・
拙者はこれから、史跡巡りの散歩と洒落込むことにする。(笑)

日記 | 14:29:21 | Comments(0)