FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

日本を虐げる人々
日本を虐げる人々―偽りの歴史で国を売る徒輩を名指しで糺す日本を虐げる人々―偽りの歴史で国を売る徒輩を名指しで糺す
(2006/04)
渡部 昇一、八木 秀次 他

商品詳細を見る


第1章 ”ネオ東京裁判史観”を喧伝するのは誰か
”アホな戦争”の一語で「昭和」を貶める半藤一利氏
保阪正康氏が語る「あの戦争」はGHQの宣伝の引き写し
高橋哲哉著『靖国問題』は観念の遊戯にすぎず
司馬遼太郎氏の歴史観に依拠した戦前批判
日露戦争は「祖国防衛」で、大東亜戦争は「誤り」なのか
注目を集めつつある「東條英機宣誓供述書」
追い詰められた非アウタルキー国家・日本
日米開戦の過程にソ連の工作あり
真珠湾攻撃をめぐって掘り起こされた新事実を検証すべし
「日本が悪かったから原爆を落とされた」という刷り込み

第2章 粗雑かつ恣意的な考証で祖国を断罪するのは誰か
大江健三郎氏の「自己欺瞞と他者への瞞着の試み」
史実の誤りを増幅させかねない「百人斬り報道」判決
真っ赤な嘘を並べ立てる王毅駐日大使の鉄面皮
自分の選挙区に江沢民の石碑を建てようとした二階俊博氏
見かけの教養や権威主義に立脚する加藤紘一氏の軽薄さ
”よき日本”を考えない「日本学」とは何なのか
戦勝国の立場からしか物を見られない思考様式

第3章 中国を愛し、日本を虐げる亡国政治家・官僚は誰か
栗山尚一元駐米大使の主張は外交官として失格
戦後の外務官僚に共通する歴史認識
自身の不作為を棚に上げてマスコミ批判を展開する田中均氏
史実の誤りを正す海外発信を外務省はなぜ行わないのか
中国や韓国が海外で展開する工作活動に対する警戒と阻止を
中国に同調して「麻生外相叩き」に血道を上げる米メディア
マルクス主義史観にいまだ呪縛される面々の重症ぶり
後藤田官房長官談話が残した禍根
外務省チャイナスクールの異常な言動
サンフランシスコ講和条約で受諾したのは「裁判」ではない
サンフランシスコ講和条約、東京裁判を見直して何が悪い
扶桑社版の歴史教科書を不合格にすべく奔走した野田英二郎氏
「毛沢東、レーニンふうの変革」
自社さ連立政権とは何だったのか

第4章 利得に与るために国益を踏みにじる輩は誰か
戦後日本の錯誤を象徴する北城恪太郎、柳井正氏の感覚
“民間交流”“経済協力”の名目で政治利用される日中友好七団体
北京詣でを繰り返す日本の国会議員は中国の「走狗」か
日中間の民間交流の実態は「民官」交流
対中外交で日本の立場を頑強かつ法理論的に主張した外交官
「日本はドイツに比べ何もしなかった」という嘘八百
何度でも言う、シナ事変の開戦責任は日本にはない
法理論的に根本的な欠陥を抱えていた東京裁判
マッカーサー証言の黙殺は「井伏鱒二現象」か
「道を誤ることなくやってこられた」加藤紘一氏が晒す無知

第5章 父祖を貶め、日本人の誇りと未来を奪うのは誰か
皇學館大学の変質に見る保守の退廃
共産主義への危機感が日本に何を生み落としたか
5・15事件と2・26事件に共通する思想基盤
戦前も戦後も「異論を許さない空気」をつくったマスコミの罪
戦前の右翼は「国体の衣を着けたる共産主義者」だった
日本人が自らの歴史を背負うために不可欠な知的作業
父祖が掲げた理念を後世は忘れ去るべからず
三重県下の中学校で行われた恐るべき「道徳の授業」
中国人や韓国人にとっての“虹”を日本の歴史教科書で見せる愚昧
他国の歴史観を「共有」することなど土台無理
日韓関係を損なっている元凶
“死者の声”を聴かない前原誠司氏の不遜
河野洋平氏はどこまで売国奴的言動を重ねる気か
遺棄化学兵器の処理で常識外れの負担を強いられる日本

第6章 皇統断絶を目論む“白い共産主義者”は誰か
男系による皇位継承の方策を封殺した「有識者会議」
女系天皇容認論が抱える問題点を鋭く指摘した岩井克己氏
“平成の弓削道鏡”の正体と企図を明らかにすべし
「初めに結論ありき」を裏づける岩男壽美子論文
古川貞二郎氏、園部逸夫氏とはいかなる人物か
「自立した個人」による国家改造を目指す佐藤幸治氏の危うさ
臣籍降下した宮家の男系男子が皇籍復帰した例は少なくない
「傍系継承」を行ってでも男系を維持してきた皇室伝統
女系天皇を容認できない、これだけの理由

第7章 日本文明に楔を打ち込もうとするのは誰か
皇室は日本国および日本人の誇りであることの実感
日本とシナは異なる文明であることを見抜いた慧眼の西欧人
靖国問題は決して矮小なイシューではない
靖国神社のみならず伊勢神宮までをも敵視する人たちの素性
神道なかりせば、日本はシナ領にされていた可能性も
政府や地方自治体を蝕む「オーガナイズド・ジェラシー」
教育現場に巣食う左翼はやりたい放題
「教育の地方分権」に潜む大きな落とし穴
いまの日本にとって最も必要な構造改革とは何か
敵に倣い、われわれも繰り返し語ろう

鼎談を終えて
いまなお生息するコミンテルン史観・・・・・渡部昇一
“信仰なき保守”に、天皇はわからない・・・松浦光修
半可通の恐ろしさ、罪深さ・・・・・・・・・八木秀次



まず最初に、半藤一利氏の名前が上がってきたのは意外だった。
半藤氏の『昭和史』の歴史観が許せなかったから一番最初に挙げたのか・・・
それとも、さほどの人物ではないので“前座”として最初に据えたのか・・・(笑)
大江健三郎、加藤紘一、河野洋平各氏は「売国奴」であると思っていたので違和感はない。
本書は2006年に発行されているので、5年前の時点での話となる。
その後の5年間の日本を見れば・・・・
本を読まない国民は、しょせんこんなものだ・・・
その国民が住んでいるこの日本という国も・・・・こんなもんだ・・・
何を言おうが書こうが・・・



今年の読書:31冊目



スポンサーサイト



読書 | 03:24:31 | Comments(2)