FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

競馬の夢?
なぜか拙者は馬に乗っている。
周囲は薄暗い。
日が沈みかけたころであろうか・・・
神社の参道のような場所である。
山の頂上にある神社に向かう参道・・・といった感じの場所・・・・
この上り坂を一気に駆け上がる。
なぜか二人乗り・・・
一緒に馬にまたがっているのは、昨年お亡くなりになった飯塚曹長殿。
我が戦友会の会員で、拙者が親しかった“おじいちゃん”である。
なんで飯塚さんが一緒なんだ?(笑)

二人乗りでは馬も大変である。
このつづら折りの坂道を駈け上がるんだから・・・
と・・・横から別の馬が次々と現れる。
ん?これは、レース?
他の馬と競い合っているということ?
ということは・・・競馬?(大笑)
沿道にはたくさんの人の姿が見え、喊声を上げている。
あれれ・・・
拙者の右側を抜き、いきなり斜めに入って来た悪人面した奴が乗っている馬・・・・
進路妨害か!
サッと右にかわして、ムチをいれて一気に坂道を駈け上がる!
相手の馬は勢い余って参道わきの崖下に転落して行った!
よし!やったぞ!優勝だ!

馬を降りたら目の前に飯塚曹長がニコニコしながら立っている。
「腹が減ったから何か食べましょう」と拙者。
参道わきの茶店を覗いて・・・「ここで食べましょうか?」と振り返ったら、飯塚曹長の姿が見えない。
あれ?さっきまでそこに立っていたんだけどなぁ~
どこに行っちゃったんだろう?・・・・と周囲を歩き回って捜したが見つからない!
飯塚曹長・・・迷子になっちまったか・・・マズイことになった・・・・

・・・と思った瞬間・・・・目が覚めた。(笑)

時計を見たら、午前4時35分・・・・
午前3時に寝たので、まだ1時間半しか寝ていない。
連日、睡眠不足である。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 13:16:15 | Comments(0)
ビンラディン殺害
新聞によると・・・・
オバマ大統領が国際テロ組織アルカイダの指導者であるウサマ・ビンラディン容疑者を殺害したと発表した。
人を殺したことを誇らしげに発表するという彼ら“欧米人”の神経が理解できないが・・・(笑)
どうも海軍の特殊部隊シールズが隠れ家を急襲して殺害したらしい。
で・・・DNA鑑定で本人と確認したあと・・・・
海に水葬したんだとか・・・
なに?それ?・・・・である。

よくわからない話なのである。
だいたい、DNAの鑑定をしたって言うのだが、どこでどうやって鑑定したのだろうか?
戦闘の“最前線”で短時間に鑑定できるのか?
指紋の照合とは訳が違うと思うんだけどなぁ~
それなりの大規模な検査機器が必要だと思うんだけど・・・・
携帯型のDNA鑑定機器でも開発されたのだろうか?

しかも、遺体は水葬にしちゃったって?
何で?
米国に持ち帰ったというならわかるけど、水葬したのでは間違いなく殺害したとか、間違いなく本人であるという証拠が残らないではないか?
どうも怪しい・・・・
間違いなく本人だと思わせるためにDNA鑑定なんていう言葉を出したんだろうが、遺体そのものを海に沈めちゃマズイだろ?疑惑が残るんじゃないか?
遺体の映像などは公表されていないが、そのうち公表されるのだろうか?
時間が経てば、どんな映像が出てきても“改竄”の疑いは生じると思うのであるが・・・

どうもアメリカの、このテロ組織に対する“報復”という行動がわからない。
そもそも10年前の9・11テロから始まっているのだろが・・・・
この9・11テロをされた理由はどこにあったのか、はっきりしない。
何の理由もなくあれほどのテロを仕掛けるわけがない。
米国が何かしたから報復としてテロが行われたのではないだろうか?

アルカイダが犯人だとしながら、なぜかフセインを捕まえるのに躍起となり、最終的にフセインを死に至らしめたのである。
なんでフセインに“報復”したのか・・・
これもよくわからない。

テレビのニュースでは、若者たちが日曜の夜中だというのにホワイトハウスの前に集まって歓声をあげているシーンが報道されたが・・・
これまた不自然である。
こんな時間にねぇ~(笑)
しかも若者ばかりが目立つ・・・・
バイト料を払って集まってもらったんじゃないかと勘繰りたくもなる。

裏に何かあるんじゃないか?
どうもアメリカのやっていること、言っていることは信用できないんだよなぁ~

エッセイ | 12:15:03 | Comments(0)