FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

伯父さんの告別式
今日は伯父さんの告別式である。
朝5時半起床は、さすがにキツイ・・・・
急いで身支度をして斎場へ向かう。

午前8時前、斎場に到着。
葬儀社の“旧姓スケガワさん”が「私が担当します」と挨拶に来た。
もしかして拙者の親戚の葬儀ということで自分から担当を申し出たのではなかろうか?
ありがたいことである。
彼女はバタバタと飛び回っているので、私語を交わす機会は殆どなかったが・・・・
40年ぶりに再開した友人に面倒を見てもらうというのは嬉しいものである。

焼骨中、別室で待機・・・となるが・・・・
親戚の中のある叔父は、相変わらず大声で馬鹿笑い。
昔からそうなのだが、この人は、場所やその場の雰囲気、自分の立場をまったく考えない人なのである。
親父はムッとしていたが、一言もなくいるので安心するとともに寂しくもある。
昔の親父ならば「こういう場所で馬鹿笑いをしている奴があるか!」と怒鳴っただろうし、それがきっかけで親戚中で喧嘩騒ぎとなったはずである。
が・・・親父も弱くなったというか大人しくなったものである。
今回は何も言わず“我慢“しているようである。
まぁ、今まで何十年も親戚の全員から総スカンを喰らっているわけだから・・・・仕方がないかも。

ちょうど、その時に、水戸藩士の“シミズくん”から携帯に電話。
本来なら葬儀中だから「迷惑」となるのだろうが、拙者にとっては「助け舟」である。(笑)
その場から立ち去る口実が出来た。
感謝、感謝である。
馬鹿笑いを聞いているのは拙者も我慢が出来ぬ。

1時半より告別式・・・・
今日も参列者は思った以上に少ない・・・・
う~ん・・・ちょっと寂しいなぁ~
その代り、従兄弟(従姉妹)達が結構集まった。
親同士が険悪だと従兄弟同士の付き合いも無くなるものである。
何十年ぶりかの再会である。
が・・・その“溝”を埋めるのは簡単ではない。
それぞれの親の“監視”の下での会話であるから、会話が弾む従兄弟(従姉妹)の数は少ない。
親から何を吹きこまれたのかは知らないが険悪さのある従兄弟(従姉妹)もいる。
あ~あ~こういう“親戚”とは縁を切りたいものである。

スポンサーサイト



日記 | 23:18:42 | Comments(0)