FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ガソリン満タン!
瓦礫の撤去後、11時から“キタミさん”のところへ歯の治療に行く。
昨日お父さんが亡くなったばかりなので、休みではないかと思って電話をしたらやっているという。
“キタミさん”が言うには・・・・
この震災でかなり治療が遅れているのに、更に「喪中」だなんて言って休んだら、治療が中途の患者さんに申し訳ないという。
“キタミさん”らしい・・・・
お父さんの葬儀に関しては、この交通網がマヒしている中で、しかも何かとゴタゴタしているこの時期に告別式をしたのでは皆さんに申し訳ないので、来月ぐらいまで延期する予定だという。

治療後、近くのカフェに行ってコーヒーを飲んで一服・・・
店内は結構混んでいて両隣りは“オバチャン”
震災という経験をすると人間が変わるのだろうか?
普段は、絶対見知らぬ人などとは口も聞かなければ会釈もしないだろうという人が饒舌になる。
右隣の“オバチャン”が震災の被害の話を拙者に話し始めたら、今度は、左隣の“オバチャン”が拙者に話しかけてくる。(笑)
見ず知らずの人なんだけど・・・・(笑)
結局、3人であ~でもねぇ、こ~でもねぇと話が弾む。(大笑)
拙者はよく旅先で見知らぬ人と会話をすることが多いので平気だが・・・
普段ではあり得ないよなぁ~これ・・・と思う。(笑)

帰宅前に我が車のガソリンの残量が気になった。
東京脱出のため温存して、歯医者さんに行くときだけ使っていたが・・・・残量が半分となった。
拙者はいつも残量が半分になったら給油することにしているのである。
で・・・いつも利用しているガソリンスタンドに行ってみる。
いつもは長蛇の列なのに、なぜか列が出来ていない・・・
今日は休みか?
しかし、従業員の姿があるので、試しに入ってみる。
「いらっしゃいませ!」と言うのだから、営業しているようだ。(笑)
「え~と・・・ガソリン満タンね!それと、洗車と車内の清掃と、エンジンオイルの点検と、タイヤの空気圧の点検と・・・」
「勘弁して下さいよぉ~それどころじゃないんですから・・・」
「へぇ?ダメ?」
「もうクタクタなんですよぉ~」
「・・・だよね~冗談だよ~!」(大笑)
で・・・従業員の話では機械が壊れてしまい、満タンになっても自動的に給油が止まらないという。
「何リットル入れればいいでしょうか?」と聞いて来た。
そう言われてもねぇ~・・・・この車・・・何リットル入るんだろ?(笑)
いつも6千円から7千円ぐらいだから・・・その位を目安に・・・・
適当に満タンかなぁ~というところで止めてくれればいい・・・ということにした。(大笑)
なにもそう几帳面にならずともいいだろう。
事務所の中で缶コーヒーを飲んで時間つぶし・・・
「満タン入りましたぁ~」の声で外に出てみたら・・・・
なんと!長蛇の列!!
なにこれ・・・
なんと拙者は運がいいのやら。(大笑)
グッドタイミングで給油をしたらしい。

スポンサーサイト



日記 | 10:59:44 | Comments(0)
ブロック塀の撤去
早朝、“ウメちゃん”の親方たちがブロック塀の撤去に来る。
昨日も瓦礫の山を撤去したが、かろうじて立っているブロック塀はグラグラ状態。
このままでは余震で崩れる可能性がある。
というわけで・・・生き残った(笑)塀も壊して撤去することにした。
で・・・今日は拙者も手伝う。(笑)

「今日は、仕事するんですか?スーツじゃないんですか?」と“ヤスさん”
「今日はやるよ!俺も今日は作業をするからね!」
「へぇ~やるんだぁ~」
「そう、だって2日間もヤスさんがボランティアでやってくれるのに、申し訳ないじゃない?少しは手伝わないとねぇ~」
「またぁ~ボランティアじゃないって!カネくださいよぉ~」
「またまた冗談がうまいなぁ~、わかってるって、君は心優しいからタダでやってくれてるんだよね?」
「タダ?タダじゃないっすよ!タダじゃないっす!」

またまた今日も冗談を言いながら撤去作業。
だいたい、黙々とやる・・・というのは気分が滅入るんだよねぇ~
冗談言いながらワイワイやったほうがこういう仕事は捗るような気がするんですけど・・・・
あっという間にダンプカー1台が瓦礫で満杯・・・・
廃棄場を2往復して・・・撤去完了!
思ったより早く作業が終わった。
それにしても、親方たちには感謝、感謝である。


日記 | 10:36:40 | Comments(0)