FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

自殺した?
夜、“カメイさん”から電話・・・・
この人が拙者に電話してくるというのは1年に1度あるかどうか・・・という付き合いなのだが・・・
かなり落ち込んだ声なので何事かと思ったら・・・
この間、一緒にマニラに行った時、現地人陳情団のリーダー格だった“サイくん”が自殺したという。
マニラで、フィリピン政府機関、日本大使館に「盗骨事件」について、これを引き起こす原因となっている日本のNPO法人の遺骨収集の方法に対する陳情を一緒にしたのだが・・・
村に帰った後、そこの村長に「殺してやる」と脅されたらしい。
日本兵の遺骨収集に協力するということで、その村長には日本のNPO法人からかなりの額の“手数料”が渡されているという。
そこで、一生懸命日本兵の遺骨を探すというなら問題はないのだが、そこはフィリピン人のやることである。
安易に他人の墓を掘って先祖の骨を盗み、「日本兵の骨」として提出、その手間賃を日本のNPO法人から受け取るという“事件”が頻発した。
村長にはノルマが課せられていたという噂も聞いている。
そこで、先祖の骨を盗まれた被害者を代表して、彼ら青年たちが我々日本側と合同で陳情を行なったのだが・・・
そういう“余計な”ことをされたのでは村長に“手数料”が入らなくなるので村長が脅したのだろう。
マニラの新聞社の取材に対し村長は「あれは冗談だった」と言ったらしい。
冗談で済む話じゃない!(怒)
フィリピンで「殺す」と言われたら「殺される」というのは十分あり得ることである。
それも地元の権力者に言われたのでは、殺されるのは時間の問題と思うだろう。
それから彼はノイローゼとなり、まもなく自らの命を断ってしまった。
2歳の幼い子供がいるというのに・・・・
日本のNPOも罪なことをしてくれたものである。
ついに盗骨だけでは済まず自殺者まで出てしまったのだから・・・・

“サイくん”は真面目な好青年だった。
“カメイさん”とは15年ぐらいの付き合いだというが、拙者は初対面だった。
緊張で顔をこわばらせながら「うちの村にも是非遊びに来て下さい」と言われ、「遠いから嫌だよ~(笑)」とからかったら、初めて笑顔を見せた・・・
真面目ないい男だった。
彼が死んでしまったから言うわけではないが・・・
真面目だから脅迫に耐えられなかったのだろう。
彼の死を語る“カメイさん”の声は震えていた。
「許せない・・・・」
彼が何を思っているのかは察しがついた。
「絶対早まった真似はしないでください!何かの時は私も同行しますから!いつでもフィリピンに行く準備はしておきますから・・・」と伝える。
“返り討ち”に遭ったのではたまったものではない。
及ばずながら「ボディーガード」として拙者も同行する覚悟はできている。

あ~ショックである。
あの好青年が自殺したとは・・・・
「君の村には行かないよ」なんて冗談を言わなきゃよかったか・・・とも思う。
機会があったら、現地の村を訪問して墓参りをしてやらねば・・・・

偶然にも、マニラでは“サイくん”の写真を何枚も撮っていた。
無意識のうちに・・・であるが・・・・
その写真は既に“カメイさん”に彼に渡してくれるように送ってある。
亡くなる約1ヶ月弱前の“最後の姿”ということになる。
その写真を拡大して「遺影」として彼の奥さんに渡すつもりだと“カメイさん”が言う。
写真を撮っておいてよかったと思うが・・・
こんな形で渡すことになろうとは・・・
ツライなぁ~

“サイくん”のご冥福を遠い日本から祈る。

スポンサーサイト



日記 | 16:36:16 | Comments(0)
ボランティア?
理事会から戻ってきたら、“ウメちゃん”のところの棟梁と若い衆が来て、我が家の工場側の崩壊したブロック塀の撤去作業をしていた。
本来は土建屋の“ウオちゃん”がやるはずだったらしいが、公共事業の方が忙しくなってしまい、“ウメちゃん”に代わりを頼んだらしい。(笑)

で・・・この若い衆の中に、少し“頭が足りない”(笑)“ヤスさん”という男がいる。
“頭は足りない”が気持ちはすこぶるいい男で、よく拙者はからかって遊んでいる。
「おお!ご苦労様!」
「“ヤスさん”!ボランティア、御苦労さんだね~」
「え?ボランティアぁ~?なに・・・それ?」
「え?ボランティアはボランティア・・・タダ働きってこと」
「なによそれ~カネくれよぉ~もらうかんね!カネ!」
「え?“ウメちゃん”が親方と若い衆にはカネを払ってもらいたいけど、“ヤスさん”はタダでいいよって言ってたよ」
「うそ~!ちくしょう!そう言うんなら、この瓦礫、1年ぐらいこのままにしちゃうからね!」
「まぁ、ボランティア頑張ってよ!」
「で・・・何?その格好・・・」
「何って何よ・・・会議に行っていたんだけど・・・」
「ネクタイ締めてさぁ~、その格好で作業できると思っているの?スーツでやるの?」
「え?何で俺が作業しなくちゃならないの?」
「自分の家でしょ?」
「おい、おい・・・自分でも作業して、さらに“ヤスさん”にもお金払わなくちゃならないの?」
「当然でしょ!」
「どこが当然なの・・・まぁ、ボランティアの人にはキツイこと言えないよね。ボランティアで来てもらったんだからさぁ~。ごめんね“ヤスさん”、タダ働きご苦労様!」
「うそだぁ~カネ!カネくれよぉ~」
ワイワイ冗談を言いながらスーツ姿で「現場監督」をする。(大笑)

と・・・親方から“キタミさん”のお父さんが亡くなったという話を聞く。
午前中、“キタミさん”の家の瓦礫の撤去中に病院から息を引き取ったという連絡があったそうだ。
いやはや、これは大変だ・・・・

日記 | 15:19:42 | Comments(0)
爆弾発言?
昼から法人会の理事会・・・・
この震災で、いつもの会場であるホテルは使用できないということで、商工会議所会館の会議室を使うことになったという。
こちらは、天井のパネルが落ちたりしたらしいが、使用には問題ないらしい。
昼食は仕出し弁当・・・・
まだ物流が完全に復旧していない中、弁当を作るというのも大変な苦労だっただろう。
業者さん、ご苦労様である。
いつもとは違った気分でありがたく頂く。

DSCF2729_convert_20110629141955.jpg

今回の理事会は今度の総会にあがる議題の審議である。
が・・・いつもとは内容が少し違う。
今度、「社団法人」から「公益法人」への移行手続きの議案が含まれているので盛りだくさんである。
「公益法人」に変えるというのは、実はいろいろと問題があるのだが・・・
理事会はいつも通り、何の質問も何の意見も出ない。
いくらなんでも、これでは問題だろう。
で・・・拙者が質問の手を挙げた。
が・・・事務局の回答がなんともわかりづらい。
これでは「わかりました」と引っ込むわけにはいかない。
重苦しい沈黙・・・・
と・・・“ケムちゃん”が拙者を“掩護射撃”するため手を挙げた。
が・・・この質問で、更に会議が紛糾してしまい、収拾がつかない。
“火付け役”は拙者である・・・・(笑)
回答する側がシドロモドロになってしまったのでは収拾がつかない。
結局、今回の理事会では結論がつかず、次回、理事会を改めて開いて審議し直すということになる。

通常は、昼食を食べて、事務局の読み上げる議案を聴いて、何の質問も意見もせず、数秒後には拍手で承認。
いわゆる“シャンシャン”の会議なのである。
これが“常識”となっている中、手を挙げて質問したのだから拙者が周りから白い目で見られたのは当然かもしれない。
が・・・こんなことでいいのか?
全員が会社の経営者なのである。
つまり、大きくても小さくても、一城の主であり、リーダーである。
その人たちが集まって議案を見ても、何も疑問に思わない、質問もしない、意見も言わないとはどういうことか?
明らかにおかしいと思うものには質問や意見を言うのは当然ではないか?
わからん・・・・

拙者は実質、廃業している。
この理事会の“お偉いさん”の中には、拙者の会社の「お得意様」だった方もいる。
しかし、今はもう取引はないから・・・遠慮する必要はない。(大笑)

会議後、婦人部会の“おば様”たちから「あの質問はよかったわよ。当然よね。あれはおかしいわ」と言われる。
「それじゃ、一緒に意見を言ってくれればよかったのに・・・」と言ったら、「私は“女”だから・・」と言われてしまった。
おい、おい、いざとなったら“女”を持ち出すのかい!(笑)
その気持ち、わからんでもないが・・・困ったものである。

何も考えず安易に何でもかんでも承認してしまうと、結局あとで自分の首を絞めることになると思うのだが・・・
拙者は理事会の“テロリスト”になってしまったようである。
ちょっと悲しい・・・・

日記 | 14:28:46 | Comments(0)