FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

宅急便が届く
東京に住んでいる妹から宅急便が届く。
ようやく宅配便が「動く」ようになったのである。

今まで、全国各地から、お電話やメールで「救援物資」のお申し出を頂いていた。
本当にありがたいお申し出である。
感謝、感謝・・・・である。
が・・・全てお断りした。
決して「世話になりたくない」ということではない。
拙者としては、この不便な生活を、もう少し楽しみたいのである。(笑)
こういうことは、なかなか経験できないものである。
自分から進んで不便な生活をしたいとは思わないが・・・(大笑)
降って湧いて来たような、この「不便」・・・・
折角の機会である・・・楽しまねばもったいない!

そういうことでお断りしたのだが・・・
別の見方をすれば、折角の「御親切」を拒否するんだから、こんな失礼な話はないかもしれない。
ここは素直にお申し出を受けておくべきだったか・・・
実は少々悩んでいる。

妹の場合・・・
彼女の友人たちからは「実家の方はどうなの?」と散々心配されているという。
拙者が「サバイバルごっこ」を楽しんでいるのは知っている。
また、拙者の事は心配していないそうだ・・・・(笑)
問題は、親父・・・・
「兄に任せていますから」では、友人たちが納得しないらしい。
なんと冷たい娘なのか・・・という目で見られてしまうから・・・ということらしい。
で・・・「救援物資」が送られてきた。(笑)
まぁ、これは仕方がないよなぁ~身内だし・・・・

「救援物資」を送られてきたのはいいが・・・
急に生活が“豪華”になってしまった!(笑)
普段の食生活よりよくなってしまったのである。
今までの我が家の食生活はどんなものだったのか・・・と思われてしまうが・・・
こりゃ、贅沢だ・・・(笑)

拙者が海外へ行く時には、親父には缶詰やインスタントラーメン、レトルト食品を買いこんで置いて行く。
で・・・食べきれなかった分は、帰国後、親父と拙者で食べる。
で・・・まもなく、また拙者は海外へ・・・・
また、缶詰とインスタント食品とレトルト食品を買い込む。
この繰り返し・・・・
つまり・・・我々父子は普段から「非常食」「救援物資」を食べているのである!(大笑)

送る側からすると・・・・
取りあえずの“粗末”な「救援物資」のつもりなのであろうが・・・
拙者からすると・・・普段と変わらないのである。(笑)
普段食べている物とは違うメーカーのもの・・・というだけで急に“豪華”になってしまうのである。(笑)

この話をしたら、妹に呆れられた・・・・(大笑)

スポンサーサイト



日記 | 21:15:49 | Comments(0)
今度は水道水!
今度は、水道水から乳児の摂取基準値を超える放射性ヨウ素が検出されたという。
我が日立市でも・・・・
これまた大騒ぎである。
乳児がいない人たちまでが大騒ぎでミネラルウォーターを買いに走るんだから、日本人はどこまで愚かな国民になり下がってしまったのやら・・・である。

日立市の場合は乳児基準値の約3倍である298ベクトルが浄水場で検出された。
国では大人のヨウ素の摂取基準は300ベクトルとしているから、数字の誤差を加味すると、ちょっとギリギリかな?・・・ちょっとヤバイかな?・・・である。
基準値より2ベクトル低いから大丈夫・・・という考えのようだが、測定誤差というのは加味していないのだろうか?
こういうところが数字至上主義の恐いところである。

乳児の場合は基準値が100ベクトルなので完全にアウトである。
飲ませないに越したことはない。

県の話では、「仮に300ベクトルの水を1リットル飲んだとして、人体への影響は胃のレントゲン1回の約86分の1である」と言っている。
「人体への影響」というのが、いったいどういう影響なのか、具体的なことを教えてくれないのが困ったところであるが・・・
仮に「下痢します」・・・程度のことを「影響」というのなら問題はないでしょ?(笑)
こういうことへの「説明不足」が混乱を招くんだから、これまた「人災」である。

さて・・・県の話を信じると・・・
この訳のわからない「人体への影響」は300ベクトルに汚染された水、86リットルを飲んだら出るということになるよね?
86リットルと言ったら・・・結構な量である。

この検出されたヨウ素はヨウ素131というもので、半減期は8日だという。
数か月で完全に崩壊するという。
(数ヶ月は1ヶ月なのか6ヶ月なのかわからない・・・かなりいい加減な話であるが・・・)(笑)

半減するまでの8日間に86リットルも飲むだろうか?(笑)
1日、約10リットルである・・・・
普通の水でも、1日に10リットルもがぶ飲みしたら、人体に影響が出ると思うんですけど・・・
下痢とか・・・(大笑)

大人は気にしなくてもいいんじゃないか?
大人は買い控えして、乳幼児にはミネラルウォーターを廻してやるべきではないか?

だいたい、検出したのは浄水場なんだよね?
浄水場から我が家の蛇口までにどのくらいの時間がかかるんだろうか?
すぐには来ないんじゃないか?
数時間後とか数日後とか・・・・
そのあたりを教えてくれないと困るんだよね~
今、蛇口から出ている水はどうなのか・・・
例えば、今から2日後の水は危ないですよとか・・・

中途半端な「発表」は「人災」である。
なんでもかんでも言えばいいというのでは、本来の「情報」とかけ離れてしまう。
「情報」はインフォメーションではなくインテリジェンスであらねばならない。
特に、こういう緊急事態では・・・・
拙者はそう思うのである。

一応、我が家には、何事も「幼児」並みの親父がいるので・・・・(大笑)
ポットに入れる水だけをミネラルウォーターにした。
「お茶を飲む時、カップ麺を食べる時、インスタントの味噌汁を飲む時は、このお湯を使いなさい!」
「それ以外にはポットのお湯はつかうなよ!」
我が家の「戒厳令」である!(大笑)
これで、他に水道水から水分を摂取したとしても、全体的には、かなり薄まるのではなかろうか?(笑)
これが、インテリジェンスである。

エッセイ | 17:43:58 | Comments(0)