FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大谷石の撤去
土建屋の“ウオちゃん”の従業員たちが4人、突然やって来きた。(笑)
何事かと思ったら、崩れた大谷石の撤去に来たという。
“ウオちゃん”から出来るだけ早くやってあげたいけど、忙しくて手が回らないと言われていた。
職種からして、仕方がないことである。
公共の復旧作業の方が最優先である。
うちの塀なんぞ、いつでも構わぬ。
見栄えが悪いだけで、生活には支障はない。
で・・・うまく時間が取れたので急遽駆け付けてくれたらしい。
大谷石は結構重いので、ハンマーで細かく割りながらダンプに載せる。
いやぁ~見ているだけでも大変な重労働だというのがわかる。
皆さん年配の方たちだが・・・
この先、この人たちが引退したらどうなるのだろうかと思う。
今の若い連中は、こういう重労働ができるだろうか?
無事に撤去作業を終えて撤収して行った。
感謝、感謝である。

夕方歯医者の“キタミ先生”のところへ・・・
3月11日の震災直前の午前中に歯の治療に行っていて、帰宅してまもなく、あの大地震である。
その後、歯科医院復旧作業のため、休診となり、ようやく本日が再診日。
「そういえば、前回の治療の日に地震が起こったんだよね~」と“キタミさん”
「そうそう、帰宅してまもなく、あの地震だもんね~、治療中じゃなくて良かったよね~」
なんと、拙者は運がいいのか・・・(笑)
ちょうど診察時間だったので、あの地震の直撃を受けた患者さんは大変だったろう。
幸い患者さんに怪我はなかったそうである。
病院の機器にも被害はなかったそうでよかった。
ただ、内部は散乱してしまい、整理するのが大変だったというが、それより、停電と断水のため再開できなかったので気を揉んでいたそうだ。
ようやく電気も水道も通じたので再開できたという。
そうだよねぇ~歯医者さんは電気と水がないと治療が出来ないよなぁ。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 16:43:44 | Comments(0)