FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

被災5日目
今日は銀行へお金をおろしに行く。
やっているかなぁ~・・・と思って行ったら、ちゃんと開いていた。(笑)
窓口の女子行員と雑談。
自宅の片づけどころじゃなく大変だ・・・と言う。
そうだろうねぇ~
自宅の事より仕事が優先、しかも主婦ともなれば食事の準備も大変だろう。
いやぁ~同情するよ。
拙者は、その点、幸せである。
仕事がないんだから・・・・(大笑)
これで会社を経営したままだったら大変だったろう。
機械設備が壊れていたらその対策と修理・・・・
メッキ設備もあったので、有害物資が漏れるという事故でも起こしていたら、大変な騒ぎである。
いやぁ~廃業していてよかった!(笑)
なんて拙者は幸運な男であろうか!(大笑)

毎日、“ウメちゃん”の井戸から水をもらうのは申し訳ない。
もらいに行くのに毎度“オダクラくん”の車を出してもらうのも申し訳ない。(大笑)
と・・・思っていたら・・・
隣りの“地主さん”の家の井戸が一般に開放された。
立て看板を出して、一般の人に水を供給している。
昨日、電気が復旧したため井戸ポンプが動くようになったからのようだ。
で・・・“ウメちゃん”からもらったオイル缶1杯分の井戸水をもらいに行く。
目の前の家なので、何往復もして水をもらってもいいのだが・・・
それでは面白くない。(笑)
生活するのにギリギリぐらいがちょうどいい。
折角の機会なのだ。
この“不便さ”を楽しまねばもったいない。

我が社の工場とアパートの駐車場との間の長いブロック塀・・・・
3分の2が崩壊し、わずかに生き残った塀もグラグラしている。
なにせ、拙者が生まれた頃に建てられたブロック塀であるから、鉄筋も錆びてボロボロ・・・
余震が来れば崩壊しかねない。
にもかかわらず、アパートの住民はブロック塀ギリギリに車を停めている。
こういう神経がわからない・・・
余震でブロック塀が崩れたら車が傷つくと思うのだが・・・・
そうなったらカネを請求すればいいと思っているのだろうか?
塀に「キケン」の張り紙をする。
注意しておいたんだから、それでも・・・という場合は自己責任じゃないか?

今日も“オダクラくん”と“ウメちゃん”の会社に行って雑談。

スポンサーサイト



日記 | 13:03:11 | Comments(0)