FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

輸送船入門
輸送船入門―日英戦時輸送船ロジスティックスの戦い (光人社NF文庫)輸送船入門―日英戦時輸送船ロジスティックスの戦い (光人社NF文庫)
(2010/05)
大内 建二

商品詳細を見る


第1章 日本戦時商船隊・苦闘の歴史
膨大な商船の喪失
戦時商船隊は往く
  開戦時の日本商船隊の姿
  船団航行
  戦況の展開と輸送船団
輸送船団を待ち受けていたもの
  安泰の時
  狼群戦法の脅威
  ヒ船団・ミ船団・タマ船団
  商船隊がたどった末路
日本の戦時輸送船の実態
  輸送船の姿
  兵員の輸送
  兵員と貨物の揚陸方法
  日本陸軍上陸強襲船
  戦時造船計画の実際
日本の海上護衛の実態
  日本海軍の海上護衛への姿勢
  日本の海上護衛用艦艇
  護衛艦の装備
  潜水艦探知装置
  電測兵器
  爆雷兵装
  火砲
  艦の性能
日本戦時商船隊の墓標

第2章 日本戦時商船隊・悲劇の実録
第1話 開戦前夜の悲劇・客船気比丸の遭難事件
第2話 民間人最初の大量遭難・客船大洋丸の被雷
第3話 生存者ゼロ・豪華客船龍田丸轟沈
第4話 ダンピール海峡の悲劇・輸送船団全滅
第5話 戦場と化した日本近海・貨物船りま丸被雷
第6話 狼群に取り囲まれた大船団・ヒ71船団の末路
第7話 疎開児童を襲った悲劇・貨物船対馬丸の被雷
第8話 関東軍精鋭部隊壊滅・摩耶山丸轟沈
第9話 火達磨の輸送船団・ヒ82船団油槽船の断末魔
第10話 航空攻撃に壊滅した船団・ヒ86船団の最後
第11話 安全と悲運を背負った緑十字船・阿波丸遭難事件
第12話 青函連絡船全滅・連絡船津軽丸の最後
第13話 北海道留萌沖で起きた謎の引揚船連続撃沈事件

第3章 イギリス戦時商船隊・苦闘の歴史
大西洋輸送船団の特徴
ドイツ潜水艦の脅威
もう一つの船団の脅威
  ドイツ海軍水上艦隊の脅威
  ドイツ空軍の脅威
  イギリス海軍の護衛用艦艇
連合軍輸送船団の守りの基本
  防御集団として最適な船団の規模と隊形
  有力な対潜攻撃兵器とシステムの実用化
  潜水艦攻撃システムの確立
  航空機による広域Uボート探索網の確立と航空攻撃
連合国輸送船の姿
  連合軍の兵員輸送の実態
  連合国の戦時標準型商船の建造

第4章 イギリス・ドイツ商船隊 悲劇の実録
第1話 第二次世界大戦で最初に撃沈された商船・アセニア事件の顛末
第2話 フランス戦線撤退の悲劇・イギリス商船ランカストリアの沈没
第3話 疎開児童を襲った悲劇・イギリス客船シティー・オブ・ベナレスの被雷
第4話 単独航行の悲劇・イギリス戦時定期客船アボッソの沈没
第5話 運命の大船団・PQ17及び18船団の戦闘の顛末
第6話 大西洋に展開された世紀の大救出劇・客船ラコニアの遭難事件
第7話 漂流者奇跡の生還劇・イギリス客船シティー・オブ・カイロの被雷
第8話 ヨーロッパ戦線終局のバルト海で起きたドイツ商船隊の惨劇



今年の読書:9冊目



スポンサーサイト



読書 | 03:11:52 | Comments(0)