FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

弔問
午後、“ウメちゃん”の義理のお母さんのところへ弔問に行く。
拙者がマニラにいた時に、彼からメールで義父が亡くなったという連絡があった。
以前から入院していて、「時間の問題」と言われていたが、まさか拙者が海外にいる時にお亡くなりになるとは・・・
葬儀には間に合わない。
こういう時って、海外にいると不便である。
駆け付けるに駆け付けられない・・・・
お亡くなりなった義父の御自宅には毎年タケノコ掘りにお邪魔している。
そのたびに“おばさん”にお世話になっているので、弔問に行かねば・・・・
こういうのは大の苦手なのだが・・・・

二人暮らしなので、御主人を亡くされたあと“おばさん”は一人住まい・・・・
葬儀を終えて一段落だが、親戚も帰ってしまうとさぞかし寂しいのではないだろうか?
で・・・お線香をあげた後、しばし雑談・・・・

が・・・・
“おばさん”が、「うちの娘の嫁ぎ先が材木屋さんでね。この娘の旦那さんという人がね・・・」と拙者に説明するのである
あれ??
「おばさん・・・その旦那の友達なんですけど・・僕・・・」(笑)
「あら!そうだった!そうよねぇ~」(大笑)
“ウメちゃん”のことを説明されてもねぇ~・・・・
“おじさん”が亡くなって、どうも気が動転しているのか・・・
「なんで、僕が“おばさん”と知り合ったかと言うと、“ウメちゃん”の友達だからです!」(笑)
「あら、そうだった!それでタケノコ掘りに来てたんだっけね~」
「そうです、だから娘さんの旦那さんの事はよ~く知ってます!」(笑)
「なんで、あたしがスズキさんのことを知っているのかと思ったら、そう、そう、娘の旦那の友達だからなんだっけ~」
「です・・・そうです!」
二人で大笑い。

笑うことで少しでも気が紛れてくれたなら有難い・・・と思いながら帰る。

スポンサーサイト



日記 | 19:44:46 | Comments(0)