FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

中津の旅(1)
朝食後、各自解散・・・・
拙者はこれから中津に向かって移動する。
タクシーで駅まで行って、そこから電車で移動予定だったが、車で来た“ツキジ”さんが、博多駅まで乗せて行ってくれるというので、お言葉に甘えて乗せてもらうことにする。
他の参加者を見送り、出発しようとした寸前、高速バスに乗り遅れて戻って来た“キタジマ”さんが合流。
3人でのドライブとなる。(笑)
が・・・男2人に女性1人・・・・
明らかに拙者は“お邪魔虫”(大笑)
「拙者がいなけりゃアベックでの楽しいドライブになったのにねぇ~」と大笑い。

博多駅から中津まで特急で移動。
12時過ぎ、中津に到着。
まずは、荷物をコインロッカーに入れて、観光案内所で地図を入手。
駅前に福沢諭吉の銅像が建っているのでパチリ!

DSCF1928_convert_20110504142004.jpg DSCF1941_convert_20110504142245.jpg

まず、観光する前に腹ごなしをせねば・・・
近くの商店街に行き昼食を食べる。

DSCF1943_convert_20110504194502.jpg

さて、最初に中津城へ向かう。
中津城の敷地内に銅像が・・・・
日本歯科医師第1号の小幡英之助の銅像。
へぇ~日本で歯科医師の第1号とはねぇ~すごい人がいたもんだ!

DSCF2032_convert_20110504201021.jpg

天守閣の中は資料館となっている。
ここを見学後、城の周囲を散策する。
天守閣のすぐ側にある「奥平神社」は修復中のためブルーシートで覆われていた。

なんだかんだで1時間半もこのお城の周囲の“観光”で時間が潰れる。

続いて向かったのが、「福沢公園」
ここに福澤記念館があるが、運の悪いことに工事中のため見学ができなかった。
福沢諭吉の銅像もあるのだが、天気がイマイチ・・・気に入るような写真が撮れなかった。
もう一度、来いということか?(笑)

DSCF2139_convert_20110504202947.jpg

時刻は4時・・・・
この「福沢公園」のすぐ近くに「増田宋太郎生誕の地」がある。
西南戦争の時の中津隊隊長だそうだ・・・・よく知らないけど・・・(笑)
生誕の地は石碑が建っているだけの目立たない公園だった。

DSCF2141_convert_20110504210637.jpg(増田宋太郎生誕の地)

次に向かったのが「大江医家史料館」
10分もあれば見学が終わってしまうような史料館だが・・・・
職員の方が案内して下さった。
で・・・おしゃべりの拙者のことである・・・
あ~でもねぇ、こ~でもねぇとおしゃべりしているうちに1時間近く経ってしまったのである。
この職員の方が、また博識なものだから尚更話が弾んでしまった。
時刻は5時を過ぎていた。
すでに閉館時間を過ぎている!(笑)
と・・・近くの寺町を案内して下さるという。
「鍵をかけて帰る用意をしますから待っていてください」と言われ、外で待つ。
わざわざ寺町の各お寺の説明などをして頂きながら駅に向かう。
自転車で通勤されているようだが、自転車を押しながらだから大変だったろう。
本当ならば、自転車に乗って、サァ~ッと帰宅できるのにねぇ~
拙者にお付き合いいただき申し訳なし!
感謝、感謝である。
こういう人との触れ合いが、いい思い出として残るのである。
感激!(笑)

駅まで戻り、コインロッカーからカバンを取り、駅近くのホテルに向かいチェックイン。
もう、外は日が落ちて真っ暗。
ホテル周辺は人影もなく閑散としている。

このホテルは夕食付である。
で・・・その夕食は部屋まで持ってきてくれるというのだから有難い。
テレビを見ながら食事・・・・
食堂などで一人で食べるよりこのほうが落ち着く。(笑)

DSCF2152_convert_20110504213542.jpg

スポンサーサイト



旅行 | 10:06:29 | Comments(0)