FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

熊本旅行(1)
今日から九州旅行である。
9日に、昨年、ガダルカナルに同行させていただいた遺族会の皆さんにお会いするのである。
これも何かの縁ということで、帰国後に、また一度みんなで集まりませんかというお誘い。
それじゃ、是非・・・ということで参加することにした。
で・・・ただ、会合場所の福岡を往復するだけじゃもったいない。
ついつい“悪い虫”が騒ぎだし・・・・
“ついでに”(?)・・・九州を旅行することにした。
本当は・・・どっちが“ついで”なのかは・・・わからない。

取りあえず、今日は熊本まで移動・・・である。
福岡で集まるのに、熊本へ最初に行くのである。(大笑)

DSCF1311_convert_20110421112141.jpg

午後6時少し前に熊本空港に到着。
今日は宿泊するだけである。

空港からタクシーで肥後大津駅近くのビジネスホテルに向かう。
「出張ですか?」とタクシーの運転手さんに尋ねられる。
「いや、観光です。明日は菊池神社に行く予定です」
「え?なんでビジネスホテルに泊まるんですか?菊池温泉に泊まればいいのに・・・」と言われる。
運転手さんの話によると、菊池温泉というのは有名な温泉なんだそうで・・・
接待などにも使われる「男の人にとって」は楽しい温泉なんだそうだ。(大笑)
失敗したぁ~!!
そんなに楽しい温泉なのか?
この旅行を考えた時に確かに「菊池温泉」というのがあるのは知っていたが・・・・
まさかそんなに“有名な”温泉だとは知らなかった。
事前調査が甘かった!(笑)
どうせ田舎の寂れた温泉なんだろうと思っていた。(大笑)
あ~あ~やっちゃったぁ~
ビジネスホテルにしたのは失敗かぁ~?(笑)
運転手さんからも大いに笑われる。

こちらのほうには大手企業の工場などがあるそうで・・・・
出張の人がよく来るそうだ。
拙者の出で立ちもスーツにネクタイ姿だから・・・出張者に間違われたのだろう。
しかもビジネスホテルに泊まるっていうんだから・・・・
「観光で来たなら菊池温泉に泊まらなないと~」と笑われた。
「はい、では、次回は是非・・・ということにします」(笑)

ホテルにチェックインして・・・・さて・・・夕食は・・・・
ホテルには夕食を食べる場所ががないので・・・・
フロントの人に教えてもらい、ホテル前の道路をトボトボと歩き、ようやく見つけたファミリーレストランで夕食をとる。
夜道をトボトボと歩いていて、ふと思い出した・・・・
あれはどこだっけ・・・
滋賀県だったか、どこだったか・・・・
その昔、こうやって何もない夜道を食事する場所を捜しに延々と歩いたよなぁ~
あれは何年前のことだったか・・・
全国、あちらこちらを旅しているので、記憶がゴチャゴチャになっているが・・・
変な所は鮮明に記憶している。(笑)
車のヘッドライトに照らされながら、トボトボ・・・・
あの時と同じ景色のような気がしてくる。
ふと、このカーブの向こうに確かレストランがあったはずだ・・・などと過去に旅した場所の景色が頭に浮かんでくる。
そんなはすはない。
ここには初めて来たんだから・・・と苦笑する。
一人でニヤニヤしながら歩いている姿を誰かが見たら・・・不気味だったろう。(大笑)

旅行 | 11:08:01 | Comments(0)
戦う民間船
戦う民間船―知られざる勇気と忍耐の記録 (光人社NF文庫)戦う民間船―知られざる勇気と忍耐の記録 (光人社NF文庫)
(2006/06)
大内 建二

商品詳細を見る


①日本軍の上陸作戦と商船
マレー半島からガ島、レイテ島攻防戦へ
コタバル上陸作戦と商船隊の実際
ガダルカナル強行輸送作戦と商船隊
レイテ島輸送作戦(多号作戦)と商船隊の悲劇

②知られざる日本漁船の戦い
航洋性に優れたカツオ・マグロ延縄船、特設監視艇の活躍

③『船員ニ告グ』
大戦末期に海軍省が示した船員たちへの檄文

④忘れられた遭難記
戦時中に特異な最期を迎えた3隻の日本客船
イギリスのテームズ川河口で沈んだ日本の豪華客船照国丸
数奇な運命に操られて沈んだ客船勝鬨丸
最多命中魚雷で沈んだ客船平洋丸

⑤生き残った日本商船
戦後復興に寄与した4隻の幸運な商船
強運のニューヨーク・ライナー・聖川丸
奇跡と武勲の油槽船せりあ丸
栄光と不遇、高砂丸の生涯
事故が幸運を招いた貨客船白山丸

⑥太平洋戦線で活躍したリバティー船
アメリカが大量建造した貨物船の偉功

⑦戦場の女王クィーン姉妹物語
クィーン・メリーとクィーン・エリザベスの戦争

⑧イギリス戦時商船隊の死闘
日本を上回る被害を出したイギリスの商船隊

⑨イギリスが作った戦時急造船
英国版リバティー型貨物船の実力

⑩ドイツ豪華客船コロンブス号の最後
イギリス海軍に追われて自沈したドイツ船の武勇

⑪イギリス客船アランドラ・スターの悲劇
捕虜輸送中に雷撃された船の中で起きた事実とは

⑫日本人があこがれたアメリカ客船
アメリカン・プレジデントラインC3P貨客船の顛末

⑬テロで失われた客船
ペルシャ湾で爆沈した5000トン客船



今年の読書:5冊目



読書 | 16:14:33 | Comments(0)
なんで清水由貴子?
昨晩見た夢・・・・

拙者はどこかに出かける予定で新幹線に乗っている。
新幹線に乗ってどこへ行こうとしているのかは覚えがない・・・・
不思議なのは、この座席・・・・
通常は窓側がAで通路側がBの座席のはずなのだが、なぜか逆になっている。
拙者の座席番号はAなのだが、通路側・・・・
反対側を見たら、座席が4列・・・・
新幹線って3席じゃなかったっけ?
なんで4つも席が並んでいるんだ?
片側4席、片側2席ではバランスが悪いと思うのだが・・・・
変な新幹線である。
いずれにせよ、反対側の4席のほうじゃなくて良かったと思う。
4席もが並んでいるんだから、あそこに座ったら狭くて鬱陶しくて息苦しいだろう・・・などと思う。

まもなく、一人の女性がやって来た。
ニコニコと笑っている女性・・・・
どこかで見たことがあるような・・・
そうだ、欽ちゃんのテレビで見たことがある!
え~と・・・名前は・・・・
歌手で女優でタレントの清水由貴子さんである。
なぜか初対面なのにニコニコ顔で元気溌剌・・・・
テレビのイメージと変わらない。
で・・・拙者の隣りの窓際のB席に座った。
隣り同士なので、何だかんだと楽しい話をしたように思うのだが、良く覚えていない。

と・・・場面が変わって・・・(笑)
なぜか我が家・・・・
清水由貴子さんが一緒にいる。
あれ?なんでだろ?
一緒にくっ付いてきちゃったのか・・・それとも拙者が誘ったのか覚えがない・・・
親父と拙者だけの家だから、まともな食べ物が差し上げられないぞ・・・
参ったなぁ~
と・・・思って、ふと台所を見たら、母がニコニコして立っている。
あ~お袋がいたのかぁ~
じゃぁ、食事の心配はしなくていい・・・と笑ったところで目が覚めた!

で・・・暫くボォ~・・・・
あれ?良く考えたら、清水由貴子さんが夢に出て来たなんて初めての事である。
拙者は彼女のファンでも何でもない。
なんで夢に出てきたんだろう?
そういえば・・・最近彼女をテレビで見かけないが・・・
段々意識がハッキリして来て・・・思い出した!
確か、彼女は自殺したんじゃなかったっけ?
そうなると、なおさら夢に出てきたことが不思議でならない。
しかも、死んだ母までも一緒である・・・・

何とも変な夢を見てしまった・・・・

日記 | 11:15:17 | Comments(0)
前のページ