FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

紫電改入門
紫電改入門―最強戦闘機徹底研究 (光人社NF文庫)紫電改入門―最強戦闘機徹底研究 (光人社NF文庫)
(2003/11)
碇 義朗

商品詳細を見る


1 水上に舞う「紫電」のベース「強風」
水上戦闘機の開発はじまる
意欲を燃やす川西航空機の技術陣
層流翼の採用
中翼型式
設計者とパイロット
1号機完成
活躍の場、すでになし

2 世界最強の水上戦闘機「強風」
画期的な空戦フラップ
二式水戦と比較テスト
自動空戦フラップ
新機軸をだした操縦装置

3 フロートをとれば陸上戦闘機になる
「強風」を陸上戦闘機に
1号局地戦闘機
引込脚に不利な中翼型式
苦心の二段式引込脚
泣きどころとなった脚機構
「紫電」の設計、急ピッチ

4 強力な重戦闘機「紫電」
重量軽減の諸問題
主翼設計の諸問題
武装と主翼構造

5 B29迎撃に真価、局地戦「雷電」
前途けわしい十四試局地戦闘機
要求される新鋭迎撃機
難航する「雷電」の生産

6 「紫電」1号機飛ぶ
急がれる「紫電」の完成
苦心の試作機輸送
「紫電」一号機飛ぶ

7 「紫電」から「紫電改」へ
重武装の「紫電」
「紫電」の改善に着手
「紫電改」の設計すすむ
「紫電改」誕生す

8 時速800キロのダイブ・テスト、異常なし
いよいよ「紫電改」のテスト
大胆なテスト飛行
危険な急降下テスト
急降下速度796キロ/時

9 はやく戦場に飛行機を
成果上げた軍民協力
プロペラ関係にトラブル
資材の不足になやむ
「紫電」懸命の増産
紡績工場が「紫電」生産工場へ

10 奮戦およばず」「紫電」戦闘機隊
新鋭の戦闘機隊生まれる
「あ号作戦決戦用意」発令
「T部隊」最新機種で編成さる
「紫電」隊、颯爽と台湾基地に進出
成都よりB29来襲
多くの戦訓をえた「紫電」修理班

11 「紫電改」、主役登場
機密兵器“マルダイ”
待望の部隊へ
343航空隊
偵察機隊を重視
通信組織も整備

12 空中分解
制空権を奪回せよ
空中分解事故
事故原因は?

13 戦機熟す
「紫電改」厚木上空の奮戦
決戦のとき来る
暁の出撃
迎撃に発進
宿敵グラマンを墜とせ
「コルセア」も仕止める
血に染む瀬戸内海
グラマン戦闘機隊全滅せり
「彩雲」、敵機と刺しちがえる

14 獅子奮迅の343空
特攻援護、九州へ進出
苦戦の林中隊
B29邀撃
川西工場壊滅
精強戦闘機隊に補給つづかず
寡勢、よく戦う
情報のおくれ、エースを殺す
剛勇隊長
1番機、ついに還らず

15 「紫電改」はつよかった
米軍進駐
星のマークの「紫電改」
タイロン・パワー少佐
「紫電」最後の姿
戦闘機の火葬


日本海軍の最後の傑作機とも言われる「紫電改」の開発史・・・・
図版と写真が豊富なのでメカ好きに向いている本だと思うが、それほどメカに詳しくない人でも読める本である。
設計者、技術者、テストパイロット等の苦労が良くわかる。
更には戦史も載っているので、実際にどれほどの活躍をしたのかもよくわかる。
やはり工業力の差か・・・・
順調に開発され、順調に大量生産されていたら・・・とついつい思ってしまう。
それでも戦争には勝てなかったかもしれないが・・・
この必死の努力は評価したい。



今年の読書:7冊目



スポンサーサイト



読書 | 23:38:03 | Comments(0)