FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

親父とドライブ
昨日、阿見町に「予科練平和記念館」が開館した。
阿見町が作った予科練の記念館である。
先日、東京で予科練戦友会の役員から「君は2日のオープニングセレモニーに参加するのか?」と尋ねられた。
「会として参列する予定があるのなら、茨城に住んでいますから私も駆けつけますよ」とお答えしたのだが・・・
どうも戦友会と阿見町は何かあったらしくギクシャクしているらしい。
ということで、戦友会としては開館式に招待されていないという。
え~本当かなぁ~
本当ならマズイだろ・・・・それ・・・
いくらなんでも戦友会をないがしろなんかにはしないだろ・・・・
この人が招待されていないというだけじゃないのかな?(笑)
なにせ、この人は「自己中心」な人で、しかも話は一方的。
しかも勝手な思い込みで一方的に勝手なことをやるので、この間のハワイの件でも散々な目に遭わされた。
この人が言うことだから、あまり信ぴょう性はないだろうな。(笑)

この「予科練平和記念館」に親父が行ってみたいと言い出した。
親父は甲種第14期の予科練出身・・・・
しかし、当時のことでいい思い出はないらしく、戦友会にも全く関わっていない。
全く興味がない・・・という親父が珍しく行ってみたいというから驚いた。

で・・・急遽、拙者が運転して阿見町まで行くことにした。
場所は確か、陸上自衛隊武器学校の隣りだと思う・・・・
昨日開館したばかりだから、地図にもナビにも載ってはいない。
勘だけを頼りに到着!

DSC04232_convert_20100331114812.jpg

で・・・唖然・・・
このモザイク模様のような建物が記念館。
とても予科練のイメージとかけ離れている。
内部を見学して更に唖然!
洒落ていることは洒落ているが・・・
展示パネルの文字は細かく読みづらい。
展示の仕方も洒落ているが見づらい・・・・
透明なガラスに文字を印刷してあったりする。
こういう展示は一見洒落ているが、向こう側が見えるので、逆に文字が読みづらい。
つまり・・・格好ばかりで、本来の目的を見失っているとしか思えない展示の仕方である。
書いてある文字が読めなきゃ意味がないだろ!
こんなデザインのためにデザイナーや業者にいくら払ったのだろうか?
見ているうちムカムカしてきた。
拙者は短気な男である。
しかもこだわりが強い!(笑)
なんだよ・・これ・・・業者に多額の金を払って、格好ばかりじゃないか・・・

多くの資料館、博物館、記念館を見てきたが・・・・
期待はずれのお粗末な資料館にガッカリした。
まぁ~素人受けはするかもしれないけど・・・拙者から言わせたら駄作だな・・・

意外にも拙者が不機嫌なのには親父も驚いたようである。
この後、陸上自衛隊の敷地内にある記念館に行く。
親父は戦後初めてここに来たという。
へぇ~拙者は何度も来てるけど・・・・(笑)
ちなみに前回来たのは2006年の2月である・・・・
親父はここの兵舎にいたというが、その面影は残っていない。
「医務棟は残ってるけど・・・」
「医務棟?覚えてないなぁ~」と親父。

こちらの資料館には乙飛(乙種飛行予科練習生)の遺品関係が多く甲飛(甲種飛行予科練習生)のものが少なかったので親父はガッカリしていた。(笑)

このあと今度は、「かすみがうら市郷土資料館」に行きたいと親父が言う。
『かすみがうら市の幕末群像~新撰組・天狗党の人物列伝~』という特別展がやっているので見てみたいという。
おお!そりゃいい!珍しく親父と意見が合った!(笑)
ちょっと離れているが・・・・ついでなので行ってみる。

で・・・え~と・・・どこだっけかなぁ~
お城の形をした郷土資料館へ着いてみて思い出した・・・・
あれ?ここに以前、来たことがあるぞ~(笑)
2005年の8月に甥っ子を連れて来たことがある・・・・
しかし・・・この時は何でここに来たんだろ?
何の用があってこんなところまで来たのか、その理由が思い出せない。
記憶力の悪い男である。(笑)

DSC04235_convert_20100331171321.jpg


特別展の展示内容はそこそこ・・・・
特別展の図録が欲しいところだが、発行部数が少なかったため売り切れだという。
あ~あ~こういう特別展は早いうちに来るべきだ。
が・・・唯一残って事務所で保管している1冊から部分的ならコピーしてくれるという。
いやぁ~ありがたいお話である!
早速コピーをしてもらう。
で・・・コピー代は・・・「結構です」とのこと。
いやはやこれまた申し訳なし!ありがたし!

予科練平和記念館での不機嫌も吹き飛んだ。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 11:28:08 | Comments(0)