FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

久しぶりに、おしゃべり
市役所の帰り、近くの特定郵便局に立ち寄る。
ここの郵便局長さんである“カワウチさん”は、その昔、『助川海防城保全会』で一緒に活動した仲である。
“廃業”前後にお会いしたのが最後のような気がするので、かなりご無沙汰している。
で・・・しばらく前に、偶然、シビックセンターの駐車場でバッタリ。
「たまには顔を見せに来てよ。これは儀礼的な挨拶じゃなくて、本当に来てよ~」と声をかけられた。
それから、またまた時間が経ってしまっていたのである。

なかなか、こっちの方まで出かけることも少ないので、この機会に顔を出さねば、また何年も過ぎてしまうだろう。
というわけで・・・いきなり郵便局にお邪魔する。

丁度、遅い昼食をとりに出かけるところだったので、一緒に郵便局を出る。
と・・・道の向こう側を歩いている年配の方が、お辞儀をしたのに気がついた。
だれだろう?
拙者にしたのだろうか?
軽く会釈をして“カワウチさん”に尋ねたら・・・・
「え?あの人、助川海防城保全会の“サトウさん”じゃないですか?え?忘れちゃった?」と言われて愕然!
ありゃぁ~やっちまったぁ~!
すっかりお顔を忘れている。
もう何年も会から離れ、実質、退会しているので・・・
しかも、悪いことに“サトウさん”とはその後も毎年年賀状のやり取りだけはしているのである。
年賀状を出している相手の顔を忘れているなんて・・・
あ~あ~とんでもない失礼をしちゃったぁ~
拙者がキョトンとしていたので、向こうでも呆れただろうなぁ~
本当に、何で拙者はひとの顔とか名前とかが覚えられないのだろうか?
かなり頭が悪いことは確かである。

昼食を食べる“カワウチさん”にお伴して、すぐ隣の喫茶店でおしゃべりをする。
喫茶店には写真のパネル等が飾られていたが・・・・
この写真・・・ほとんどのものが“カワウチさん”の撮影した風景写真である。
へぇ~プロ見たい!
「写真を撮るのが趣味なんですか?」と言ったら・・・・
何をいまさら聞いてるんだという顔で・・・
「だから、保全会がやった武者行列の時に写真撮影を担当してたんでしょ」と言われ・・・
あれ?そうだっけ?(笑)
あ~また、やっちゃったぁ~
すっかり当時の事が記憶から消え去っている。(笑)
自分でも、ここまでバカだとは思わなかった・・・・

それにしてもプロ並みの腕前である。
いやぁ~すごい写真だ。
郵便局の写真コンクールでも入賞した腕前だそうだ。
切手にも使用されたんだとか・・・
いやぁ~こんなすごい写真なら、そりゃそうだろう。

春に写真家の“エナリさん”と一緒にパプアニューギニアへ戦跡の撮影旅行へ行った話などをする。
拙者の場合は、ホームページに載せたりするための単なる「記録写真」なので、こういう芸術的な写真ではないが・・・
後日、いくつかお見せするためにプリントして持参することを約束して別れる。

いやぁ~久しぶりの局長さんとのおしゃべり・・・楽しいものである。
やっぱり、人間、引き籠っちゃ駄目だよなぁ。
「引き籠り」をしている人間の気が知れぬ。

スポンサーサイト



日記 | 21:30:45 | Comments(0)
役所って大したもんだ~
今日は、市役所の資産税課というところに行く。
市役所に行くのは、母が亡くなった時以来だから、久しぶりの訪問である。(笑)
普段、これといった用事があるわけじゃないから当然だが・・・・
資産税課というところは初めての訪問である。

この間、工場の建屋一部を取り壊したので、その報告をしておかないと、税金が今まで通りかけられてしまうので、報告に行ったのだが・・・
要件を伝えたら、意外にも既に台帳に建屋抹消の記載がしてあった。

担当者に尋ねたら、役所の方で常時、パトロールのようなことをしているそうで・・・・(笑)
正式な解体日はわからないが、建屋が取り壊されて更地になっているのを確認したので、台帳の記載を抹消したのだという。
へぇ~驚いたぁ~
ちゃんと仕事をしてるんだぁ~!(笑)
一気に尊敬の念が湧いてきちゃいましたよ~
で・・・一応、正式の解体日を伝えて、要件はこれで終わり。
「電話でもよかったのに」と担当者に言われたが・・・
電話でも済む内容であることは確かだが、やっぱり直接顔を合わせて話をしないと気が済まない性格なのである。
コミュニケーションとは本来そういうものではないか?

日記 | 20:18:09 | Comments(0)