FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

嬉しい訪問客
今日は、昔、同業者だった東京の“ツヅキさん”が観光を兼ねて我が町に来た。
どうせ近くだからと、我が家の近くのホテルに宿泊。
夜、一緒に食事をすることになった。
いやぁ~嬉しいなぁ~
“廃業”して3年経つから、お会いするのは3年以上ぶりである。
業界の青年部では拙者が入会して以来、なにかとお世話になった方である。
こうして、拙者が“廃業”して業界から遠ざかっても、覚えていてくれて声をかけてくれるというのは、本当にありがたいことである。

やはり茨城と言ったら、この時期は「あんこう鍋」でしょ!
とはいうものの・・・地元に住んでいながら「あんこう鍋」なんて食べたことがない。(笑)
飲食店を経営している青年会議所の後輩に尋ねたら、「あんこう鍋」があるというので席を予約する。

日本酒を飲みながら、鍋をつつき・・・・“廃業”以来の3年分の話をする。
“ツヅキさん”の会社も、この時節、かなり厳しい状況に陥っているという。
「廃業ってどういう感じ?」とアドバイスを求められる。
6歳以上も年上の先輩に“アドバイス”なんて、とんでもない話だが・・・・(笑)

頑張りすぎて、無理をして“倒産”したらお仕舞いである。
かといって、あまり早目に諦めて、“廃業”するのも、いかがなものか・・・・
そのタイミングが難しい・・・・
とにかく、財務状況に目安を付けておいて、どのラインに達したら“廃業”するか、考えておくことだ。
そして、従業員の給料を支払うために借金をしなくてはならないようになったら、即、“廃業”すべきである。
・・・・というのが、「経験者」の拙者の考えである。
見栄や外聞を気にして、借金をしてまで会社を運営したら、必ず“倒産”してしまうだろう。
同じ借金でも、設備投資なら将来利を生む可能性はあるが、従業員のための借金は利を生むことはない。
“倒産”したら、すべてを失ってしまい、下手したら再出発することすらできなくなってしまう。
よく、「従業員の生活を考えて・・・」と“廃業”をためらう人もいるが・・・・
倒産したら、経営者は夜逃げしかない。
無いものは無いんだから、従業員の給料も、下請けへの支払いも、購入品の支払いも何もできない。
いきなり倒産して従業員を路頭に迷わせるより、廃業なら、前月の給料も支払えるし、退職金も払える。
そのほうが結果としては、従業員には大きなダメージを与えなくて済む。
下請け等の業者さんにも迷惑をかけずに済む。
設備の売却等で、一時的な「収入」が得られるので、それを支払いに当てて、うまく残れば、再起も図れる。
夜逃げせず、じっくりと考える時間も得られる。
会社の“最期”は“倒産”ではなく、“廃業”を選ぶべきである。

とか、なんとか、酔った勢いで偉そうに先輩に「講演」をしてしまったぁ~(笑)

大いに語り合い、鍋をつつく・・・・
この「あんこう」の「どぶ汁」・・・・うまい!絶品である!
“ツヅキさん”も大感激してくれた。
しかも、安かったので、「これ、何かの間違いだろ!」と驚かれる。

その後、更に、どこかで飲もうという話になったが、今日は日曜日・・・・
果たして、日曜日にやっているスナックなんかあるかな?
偶然、ホテルの近くのスナックに電気が点いていたので入ってみる。
拙者は地元のスナックには行ったことがないので、残念ながら、全くの「冒険」である。(笑)
店内には客が誰もおらず、貸し切り状態・・・
ママさんと話が合い、これまた楽しい飲み会となる。

と・・・そこへベロンベロンに酔った「じいさん」が入ってきた。
う~ん・・・茨城の恥である。(笑)
この「じいさん」が、なかなか金を払わず、無銭飲食か・・という状態・・・・
このジジイを相手するのに苦労する。(笑)
東京弁だと、ちょっとキツイ言い方になる。
“ツヅキさん”が「おじさん、ちゃんと金を払えよ~」と話しかけているうち、この酔っ払いのジジイが怒り出した。
拙者はこのジジイに茨城弁で話しかけて、なだめながら、金を支払わせるので、“ツヅキさん”は唖然・・・・
「それ、茨城弁?」
「そう、こういう人には茨城弁で話しかけるのが一番効果がありますから・・・」
「へぇ~・・・大したもんだ~」(笑)

結局午前2時近くまで、帰るに帰れず、なんとか、この酔っ払いジジイを店から追い出し・・・・
ようやく帰途に着く。(笑)
“ツヅキさん”をホテルまで送り届けて、テクテクと家まで歩く。

かなり拙者も飲んだと思うのだが、気分が悪くならない。(笑)
普段、全くと言っていいほど酒は飲まないから、こんなに飲んだら、さぞかし悲惨なことになると思っていたのだが・・・
やっぱり、楽しい酒は、飲めちゃうんだなぁ~
ルンルン気分で家に着く。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 13:20:55 | Comments(0)