FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

あら?見てたの?
部屋に入ったが・・・なんとも落ち着かぬ・・・・
ちょっと興奮しているのかも・・・・
ここで・・・コーヒーでも飲んで一服したい・・・・

というわけで、ロビーに降りて、レストランへ・・・・
幸いに、まだレストランは開いていた。

レストランの若い女の子にコーヒーを頼んだら・・・・
「今朝、式典にいたのはあなたですか?」と言われた。
「ん?式典って・・・・フェリーターミナルの?」
「そう」
「俺、行っていたけど・・・・え?来てたの?」
「はい、見に行きました」
「え~!午前3時に?」
「はい、行ったら、あそこにいるのは、あなたかなぁ~と思って・・・。市役所のセレモニーで何か読んでいたのも、あなたですか?」
「そうだけど・・・え?市役所にも来たの?」
「はい、もしかして、うちのホテルに泊まっている人かな~と思って見てました!(笑)」
「いやぁ~ありがとう!」
昨日まで、ニコリともしない女の子だったんだけど・・・・
なぜか、ニコニコしながら話しかけてくる。
好感をもってもらえたのかな?
それならば、「日本代表」として参加した甲斐があったというものである。(笑)

いやはや、たいした従業員さんだ。
早朝から見に来ていたとは・・・・
それにしても、日本人は拙者しかいないんだから、どこから見ても俺じゃない?
なんで、確認するんだろ?(笑)

「式典の拙者はどんなふうに見えた?格好よかった?」と尋ねたかったのだが・・・・(笑)
そういう英語が頭に思い浮かばない・・・・
え~と・・・何ていえばいいの????
え~と・・・・え~と・・・
「ごめんねぇ~、俺、英語がうまく話せない」
「いえ、他の日本人はもっと話せませんよ」
「そうなの?」
「あ~とか、う~とか言って、手で、こうやって説明するんだけど、全然わからないんですよね」
「へぇ~そうなの?」
「いや、日本人全部が話せないわけじゃなくて、英語の上手な日本人もいますけど、ほとんどの日本人は・・・・あ~とか、う~とか・・・・ジェスチャーだけです。(笑)」
「へぇ~そうなの?俺も話せないしね・・・・」
「いや、十分、私たちはコミュニケーションを取れていますから大丈夫ですよ」
「コミュニケーション?」
「そう、コミュニケーション・・・・取れてるじゃないですか~(笑)」

まぁ・・・なんとか、かんとか・・・だけど・・・・(笑)
英語の上手な日本人もいるって言っていたけど、彼女が会った日本人の中で、拙者は何番目ぐらいの「英語が話せる日本人」なのだろうか?
そこのところを聞いてみたかったが・・・・
あ~言葉が出てこない!(笑)
駄目だぁ~・・・・断念・・・・(笑)

女の子と、おしゃべりして、コーヒー飲んで、リラックス・・・・・あ~最高である!
片言でも、おしゃべりができるというのは楽しいものである。

スポンサーサイト



旅行 | 23:30:04 | Comments(0)
アメリカに言われっぱなし!
さて・・・このウェルカムパーティ・・・
最初に開催の挨拶を“ジュンさん”が行ったのだが・・・・これが「最低~」(笑)
「え~皆様、お集まりいただきありがとうございます。このたび、この“ミス・ロズリン”と“ミスター・スズキ”が結婚することとなりましたことをご報告いたします!」と言ったのである!
ギョェ~!!!!
みんなが、大騒ぎ!
おい、おい、冗談がきついよ~(汗)

この、とんでもねぇ冗談から始まり・・・・パーティーは和気あいあい・・・と、なるかと思ったら・・・・
アメリカの戦史研究家“ジンジャーおばあちゃん”(笑)が、あーでもねぇ、こーでもねぇと、一人でしゃべりまくる。
話は半分程度しか理解できなかったが・・・・
自分が今、興味を持っているのは、戦時中の日本軍の捕虜収容所のことであるという。
収容所に収容された米軍捕虜が、日本兵にどんな目に遭わされたのかということを調べているらしい。(ちゃんとした証拠も持っているとも言っていたような・・・)
で・・・日本大使館に対して、この捕虜収容所の問題についてコメントを求めたが返事が来なかった。
ずいぶん経ってから、捕虜収容所については大変申し訳ない(アイム・ソーリー)とのコメントをもらったが、私は納得できないとかなんとか興奮して喋りまくる。
ん?聞き捨てならねぇなぁ~
興奮すると、早口が更に早口になるから、その後、何と言っているのかはチンプンカンプン・・・・
すると、“ジュンさん”が、「我々は国家同士というんじゃなくて、このように各国の市民レベルの交流をしようということでやっているんだから・・・・」というようなことを言った。
ということは・・・拙者が想像するに・・・・
「なんで、日本政府の人間がここに来なかったんだ。来れば、いろいろ問い詰めたのに」とでも、彼女が言ったのかも知れない。
(そう想像すると、“ジュンさん”の応答のつじつまが合う)

とにかく、悔しいことに、拙者は断片的にしか英語が理解できないのである。
まるで、壊れたラジオみたいなものである。
突然、よく聞こえたかと思ったら、急に雑音ばかりで何も聞こえなくなる・・・・
あ~なんとも情けない・・・・

彼女に最初に会った時に、“ミヤケさん”が、「この人は英語がわからないから」と言ったせいだろうか?(笑)
“日本の戦史研究家”(笑)の拙者を目の前にして、言いたい放題である。
拙者のほうを見ずに、まるで食ってかかるように“ジュンさん”相手に議論を吹っ掛けているように見える。
いや、もしかして、間接的に拙者を挑発しているのかもしれない。
う~ん・・・・悔しいなぁ~
しかし、拙者は英語が理解できないことになっているんだから・・・・・
このまま、ポーカーフェイスで、彼女の話を聞いていたほうが得策ではないだろうか?
何の話をしているのかわからないふりをして、食事をしながら、耳だけは・・・ダンボ!(笑)

後半は、あまりの早口で、まったく解読不能!(涙)
とにかく「ジャパニーズ、ジャパニーズ」を連発していたから、日本兵のことについて何か言っていたのだろう。
すると・・・“ジュンさん”が反論を開始した。
「私は、日本人からは、そういう風には聞いていない。あなたの言っていることと、ちょっと話が違うようだ。日本人って言っても、ここにいる人(拙者のこと)じゃなくて、別の人から聞いたんだけども・・・・」と前置きして、何か話したのであるが・・・・(それが何かが、困ったことに理解できない)
しかし、“ジュンさん”の話を意に介さない様子で、“ジンジャーばばあ”(笑)は、喋りまくる。
で・・・“ジュンさん”との一対一の議論・・・・
周りのスタッフは・・・・シラァ~・・・・(笑)

そのうち、急に「日本人の中にもいい人もいる」と言いだした。
もしかして、“ジュンさん”に、日本人の悪口を言いすぎるとたしなめられたのかもしれない。
彼女は、セブ島で「非常に良い日本の若者たち」に会ったという。
かれらは「グッド・メン」だという。
是非とも、もっと話が聞きたいと言うので、この後、セブ島に行って、彼らに会う約束をしているという。
ん?なんだぁ~?
セブ島で会った若者たちは「いい日本人」だって?
どうせ、サーフィンか、ダイビングをしている「ガキどもら」だろ?
歴史のことも知らない、戦争のことも知らない無知な連中だろう。
「へぇ~そうなんですか~知らなかったぁ~!」とかなんとか連発したんだろう。
で・・・「もっと話を聞かせてください」とでも言われたのかな?
自分の話を無条件で受け入れる歴史の知識のない無知な連中は「いい日本人」ということなのか・・・・
アメリカ人の言いなりになる日本人は「いい日本人」ということか?
聞き捨てならねぇ~
が・・・なにせ、断片的にしか英語が理解できないのである。
反論したくても、適当な言葉が思い浮かばないのである。
あ~悔しいなぁ~
なんとも歯がゆくてしかたない。
ちくしょう!腹が立つ!
英語ができない自分に腹が立つ!
情けねぇ「日本代表」である・・・・・・(涙)

和気あいあい(?)のパーティも終わり、お開き・・・・
“ジュンさん”と友人の方にホテルまで送ってもらう。
車内で、拙者に気を使ってか、「彼女の言っていることは、ちょっと問題がある」というようなことを二人で話している。
やっぱり、二人とも、彼女にはあまりいい印象を持たなかったようである。
「私は少ししか会話の内容がわからなかったのですが、あの話はちょっと不愉快です。英語ができないので、私はしゃべりませんでしたが・・・・日本に帰ったら英語を勉強しようと思います」と話したら・・・
「その通り!お前はもっと英語を勉強しろ!」と二人に言われる。(笑)
情けねぇ~
とにかく、拙者は何も理解できずに馬鹿面さげていたんじゃないんだぞ、少しは会話の内容は理解していたんだぞ・・・・ということだけは、二人に伝える。

“ジュンさん”から「“ショウ”というのは、どういう意味だ?」と尋ねられる。
彼のいう“ショウ”とは、日本軍の「捷号(しょうごう)作戦」の「捷」のことである。
この質問に答えられなかったら“日本の戦史研究家”としては失格である。(笑)
「捷」とは「勝つ」という意味の日本語なのだという話をする。
「捷一号作戦」は、フィリピン方面における日本軍の決戦作戦である。
どうだ!“ジンジャーさん”がセブ島で会った日本人の青年たちは、こういうことを知っているか?
日本人でありながら「捷」の意味を答えられまい!(笑)
何が「彼らはいい日本人」だ?
冗談じゃねぇ!(笑)

あっという間にホテルに到着。
いやぁ~今日は長い一日だった・・・・・

旅行 | 23:15:08 | Comments(0)
ウエルカム・パーティー?
レストランに着いたら、もう一人、“ジュンさん”の友人が待っていた。
ん?3人で食事か?
飲み物を頼んで、おしゃべりとなる。
相変わらず、うまく英語が話せないのだが「コミュニケーションは取れているから大丈夫」と言われる。

この“ジュンさん”の友人は、“ジュンさん”と同じロータリークラブのメンバーだそうで、スリガオ市には、誇れる歴史があるのに誰もそれを知ろうとしないので、二人でその活動をしているという。
スリガオ海峡海戦の記念碑も、その一つだそうだ。

今度は、スリガオ海峡海戦で沈んだ戦艦山城のモニュメントを作るという。
そこに全戦没者の名前が書かれたプレートを取り付けたいので、なんとか戦没者全員の名前を調べて欲しいと頼まれる。
う~ん・・・資料があるかどうか・・・・
日本に帰ったら調べてみると答えたが・・・
こりゃ、難問かもしれないなぁ~(笑)

「ヘリテージ・センター」には、なかなか地元の人が来ないという。
博物館を見学するのに金を使うくらいなら、何か食べ物を買ったほうがいいというのが、ここの市民の感覚だそうで、そういうのを何とか変えねばという。
高校生や大学生ではすでに遅いので、小学生以下の子供たちを対象に活動せねばという。
拙者は小学1年生の時に母に博物館へ連れて行ってもらって、それから博物館が好きになったんだという話をした。
すると「あなたのお母さんは立派だ。そうでなくてはならない」と大いに褒めてくれた。
喜んでくれ、お母さん!
あなたが、拙者にしてくれたことを外国人が大いに評価してくれたぞ!(喜)
母が生きていてくれてたらなぁ~・・・・何と言って喜んでくれただろうか・・・・

大人が・・・つまり、親がもっとしっかりしてくれねば・・・という話の流れで、賄賂の話も出た。
どうしても賄賂が横行するらしく、選挙の時などは特にそのようだ。
「賄賂・・・って、わかるか?」と尋ねられたので・・・・
「あの・・・アロヨ大統領がやっていることですよね?」と言ったら、二人が大笑い。
「う~ん・・・確かに、そう言われれば、そうかな・・・・」(笑)
“ジュンさん”の友人は、ちょっと強面で、かなり緊張感があったのだが、不思議とこの大笑いからお互いの緊張が解けたような感じになった。

と・・・彼が、確か、こんなことを言ったのである・・・・・「アメリカ人は嫌いだ」・・・・
たしか・・・そういうように聞こえた・・・・(笑)
「今回、あのアメリカの戦史研究家の“ジンジャーさん”が、言いたい放題言っていたが、あれはアメリカの歴史観だろう?こちらとしては日本の歴史観も知りたい」と言う。
自分たちが読む本はすべて英語で書かれている本である。
英語の本はアメリカ人が書いている。
だから、アメリカの歴史観しかわからない。
それでは一方的である。
来年は、お前にチャンスを与えるから、日本から見た歴史をみんなの前でプレゼンテーションしてほしいと言う。
「えっ?」っと驚いたら・・・・
「英語が話せないなら日本語でいいから、お前が話せ。“ミヤケ”に通訳してもらえばいい」と言う。
いや・・・そこまで言われたら、通訳なんか使わず、自分の言葉で話したい。(笑)
「1年かけて英語を勉強して、自分で話すようにします」なんて、でかいことを言ってしまった!(笑)
やっちゃったぁ~(笑)
1年後、本当にそういう場を与えられるかどうかわからないが・・・・
英語の勉強は・・・・せねばなるまい!

しかし、どうも言外に、市役所側との摩擦を感じる・・・・
そもそも“ジュンさん”たちがスリガオ海峡海戦の記念碑を建てて式典を行ったらしい。
つまり、主催者側だったのだが・・・・・
それが、今ではスリガオ市主催となっているようである。
主導権を奪われた形となっている。
たぶん、市のほうでは、どういうルートかは知らないが、アメリカからのお客様として“ジンジャーさん”を招いたのだろう。
で・・・“ジュンさん”たちは、それに対抗して日本側から誰か呼ばねば・・・・となったのではあるまいか?
「アメリカ人ばかり優遇して・・・・」というようなことを言っていたから、そうだろう・・・・
やたらと“ジンジャーさん”の出番を作って、言いたい放題のことを言わせているし・・・・
それが、気に入らないという感じなのである。
それに対して・・・・日本から来た“戦史研究家”は・・・・・英語が話せない・・・・(笑)
一方的にやられっぱなし・・・・
市役所側に一矢報いるはずが・・・・期待はずれの役立たず・・・・(笑)
だから・・・来年は、お前が壇上に上がって、日本語でもいいから話せ・・・という発言になったのではなかろうか?
水面下で主導権争いか?(笑)

そこへ、観光局(?)の責任者の“ミス・ロズリン”が店に入ってきた。
で・・・会話に参加・・・・
“ジュンさん”の友人が「お前、独身だよな?」と彼女に言った・・・・
で・・・“ジュンさん”が「あんたも独身か?」と拙者に尋ねたので「そうです」と答えたら・・・・
「それじゃ、お前たち結婚しろ!」と言う。(笑)
いきなりのことで・・・・唖然・・・・・
彼女が「気を悪くしないでね」と前置きした後に言った言葉は・・・・
「私は外国人とは結婚する気はありません!」だった・・・・(大笑)
ん?そうか・・・拙者は外国人なんだ~(笑)
しかし、彼らは、それでもさんざん彼女をからかう。
いやぁ~参ったねぇ~
拙者は何と言ってよいやら・・・・(汗)

そこへ・・・・ゾロゾロと客が入ってきた・・・・
ん?・・・あれ?・・・・
“ジンジャー”さんたちアメリカ側のお客と市役所のスタッフ達、総勢20名近くである。
“ミス・ロズリー”もいる・・・・
ん?何で?
彼女に尋ねたら・・・・「ウエルカム・パーティですよ」と言う。
ん?
夕食って・・・・みんなで一緒に食べようということだったのか?
“ジュンさん”に確認したら、「ウエルカム・パーティだよ。あなたも参加するんだ」と言われる。
夕食がパーティーとは聞いていなかったんだけど・・・・(笑)
なんと中途半端な意思の疎通か・・・・(笑)
やっぱり英語ができないというのはつらい・・・・・(涙)

旅行 | 23:00:27 | Comments(0)
ヘリテージセンターを見学
午後5時、“ジュンさん”が自家用車で迎えに来てくれて、「スリガオノン・ヘリテージ・センター」へ向かう。
で・・・場所は・・・・
あれ?
昨日、“ミス・リズリー”に連れて行ってもらった港のすぐ脇ではないか!
あれぇ~こんなことなら、昨日見学したのに・・・・
彼女は、このすぐ脇に「ヘリテージ・センター」があるって教えてくれなかったよなぁ~
それとも、拙者が聞き洩らしていたのだろうか?

DSC03143_convert_20091119225127.jpg(スリガオノン・ヘリテージ・センター)

“フルサワさん”から「小さな博物館ですよ」と教えていただいていたが・・・確かに小さい・・・(笑)
すでに、若い女子職員が鍵を開けて待っていてくれたが・・・・
ニコリともしない・・・・
そりゃそうだろう。
日曜日の休みだっていうのに突然呼び出されたんだから・・・・
「いやぁ~ごめんねぇ~」と謝ったが・・・・
「大丈夫です」って言いながら・・・顔は怒っていた・・・(笑)
本当に・・・ごめん!(笑)

DSC01853_convert_20091119230927.jpg(中央に写っているのが怒っている女の子・・・笑)
DSC01851_convert_20091119231318.jpg

館内には、いろいろな鉱物が展示されている。
当たり前の話なのだが・・・すべての名称は英語で書かれているので、何という石なのかさっぱりわからない。(笑)
ゴールド(金)、カッパー(銅)、クリスタル(水晶)・・・ぐらいはわかるけど・・・・
あとは・・・・さっぱり・・・・(笑)

スリガオ海峡海戦関係の展示では、日米の指揮官の写真が展示されていたが・・・・
たしか・・・西村中将と表示されている写真は、どう見ても島田海軍大臣のような気がする・・・(笑)
う~ん・・・どこからこの写真を入手したんだろ?(笑)

あっという間に見学を終了・・・・(笑)

資料室で、“ジュンさん”と、おしゃべり。
以前、“フルサワさん”から贈られた日本語の戦記本を見せてくれて、「この本は貴重な本なんだけど、日本語がわからないから読めない。”フルサワさん”に翻訳を頼んであるので、楽しみに待っている」と言う。
たしか、そういう話も“フルサワさん”から聞いていたが、なかなか翻訳が大変で遅々として進まないということだった。

さて・・・これといって話題がないから、会話が弾まない。(汗)
知識というのは重要である。
英語が話せるとか、話せないとか以前の問題である。
日本語での知識がなければ、会話にならない・・・・(笑)

と・・・・地球儀が目にとまった・・・・
そこで、フィリピン人のルーツについて拙者の知っている範囲で話をした。
「たしか、マレー半島からやってきて・・・一部がフィリピン、台湾へと北上し・・・一部がインドネシア、パプアニューギニア方面へ南下したんですよね?」
すると、「大まかにはそうだが、ルートは実はもっと細かく別れていてね・・・」と詳しく話をしてくれた。
なるほどねぇ~

しかし・・・・会話はここまで・・・・
う~ん・・・・話のネタがない!(笑)
参ったぁ~

「このあと、夕食を一緒に食べよう。7時に予約を入れてある」と“ジュンさん”
いやぁ~ありがたいお話である。
で・・・・まだ時刻は6時前・・・・
夕食まで時間があるというので、ドライブに出かけるが・・・・
外は真っ暗・・・・・
どこかを見て回るっていっても・・・・真っ暗で見るところがない・・・・・
15分も走りまわったら・・・・行くところがない・・・・(笑)

ところで・・・7時に夕食って言っていたけど・・・・
あれ?その頃に「アワーディング・セレモニー」っていうのが開催されるんじゃなかったっけ?
もしかして・・・それに拙者が日本代表で参列しなくちゃならないんじゃないの?
そのことを尋ねたが・・・・
「別に出る必要はない。それはアメリカ人にでも任せればいい」というようなことを言われた。
(たぶん・・・そう言ったように聞こえたが・・・・)
こういう微妙な発言をちゃんと聞き取れない(日本語に訳せない)から、参っちゃうんだよねぇ~(笑)

そのうちに、あっという間に、レストランに到着!

旅行 | 22:46:29 | Comments(0)
予定はメチャクチャ
ホテルに戻って待機・・・・
しかし、やっぱり、なんとも釈然としないんだよなぁ~
なんで、日本人グループと拙者を引き合わせるのを避けたんだろう?

で・・・お昼・・・・
“ミス・リズリー”が迎えに来てくれて、“ミヤケさん”が宿泊しているホテルに向かう。
ここでお昼をみんなと一緒に食べることになっている・・・・が・・・・
到着してみて・・・唖然・・・・
すでに、食事は終りに近い・・・・
残り物をかき集めて・・・いただく・・・・
う~ん・・・なんだろう・・・この待遇・・・・
日本だったら絶対にありえない待遇である。

“ミヤケさん”は、これからダバオの自宅へ戻るという。
本来は10時頃、ここを出発予定だったが、お昼を一緒に・・・ということでお昼まで残った。
たぶん、“ジュンさん”たちは、旧知の“ミヤケさん”と水入らずで歓談したかったのだろう。
で・・・先に食事を始めていたに違いない。

今から6時間~8時間ほどかけて車で自宅へ戻るという“ミヤケさん”を見送る。
いやはや、“ミヤケさん”が来てくださったことで本当に助かった。
心強かった・・・・

で・・・これから、どうなるのかな?拙者は・・・・(笑)
“ミス・リズリー”の話では、「これからボートレースを見学します」とのこと。
ボートレース?そんなの予定に書いてないけど・・・・
「見学?」
「そうです」
「見学だけ?俺の役目は何かあるの?」
「知りません。たぶん何もないと思います」
「じゃぁ、見に行かなくてもいいよね?」
「・・・・・」
「その後に、3時からアワード・セレモニーというのがあるけど、これ、俺は何か役割があるの?」
「さぁ・・・・」
「日本代表で、何かを優勝者に渡す役割とか・・・そういうのがあるの?」
「さぁ、よくわかりませんけど・・・たぶん、そうじゃないかと思います」

参ったなぁ~どうなってるんだろ?拙者のスケジュール管理・・・・
式次第では、盛りだくさんの企画が並んでいるが・・・・
詳細がわからない!
“ジュンさん”に尋ねても、要領を得ない・・・・・

特に拙者が日本代表として何かをしなくちゃならないというなら参加するけど・・・・
この炎天下でボートレースを延々と2時間以上も見学するのは勘弁願いたい。
それより・・・“ジュンさん”の「スリガノゴン・ヘリテージ・センター」を見学したいんですけど・・・・
“ジュンさん”は、なぜか、自分のセンターを見学してくれとは一言も言わないのである。
明日には帰るので、今日しか見学する時間はない。
で・・・“ジュンさん”に頼んでみたら、「今日は日曜日で閉館している」と言う。
ありゃぁ~タイミングが悪い・・・・
しかし、職員を呼び出して鍵を開けてもらう手配をするから、見学してもいいと許可をくれた。
よし!
で・・・いつ?
「午後5時に迎えに行くから、ホテルで待っていてくれ」と言う。
またもや4時間も部屋で待つのか?(笑)
参ったぁ~
“ミス・リズリー”が「午後3時からアワード・セレモニーなんですけど・・・」と言う。
だから・・・「それは、俺に何かの役割があるの?俺はそれに出なくちゃならないの?」
「わかりませんけど・・・」
「でしょ?じゃ、いいんじゃないの?出なくても・・・(笑)」
“ジュンさん”が「あれは午後7時だか8時に変更になっている」と言う。
“ミス・リズリー”も知らない「予定変更」である。
本当かな?(笑)

とにかくホテルの部屋に戻れと言うので、“ミス・リズリー”にホテルまで送ってもらう。
で・・・・あまりにも暇なので・・・・お昼寝・・・・(笑)

旅行 | 21:18:07 | Comments(0)
献花式はどうなった?
車に乗せられて連れて行かれたのは、「北スリガオ高校」・・・・
正確には「スリガオ・デル・ノルテ・インターナショナル・ハイスクール」である。
この敷地の一角に、戦時中、日本兵を荼毘に付した場所がある。
そこに2年前に記念碑(慰霊碑)が「スリガオ・ヘリテージ・センター」によって建立された。
この建立に、貢献されたのが“フルサワさん”・・・
慰霊碑には英文と日本文で由来が書かれている。

式次第には「リース・レイイング・アット・ザ・ジャパニーズ・クリーマトーリアム・マーカァー」とある。
「クリーマトーリアム」とは、「火葬場」のこと。
公式行事の一つとして挙げられているが、関係者は日本人だけ。
日本のためのセレモニーである。

DSC01846_convert_20091117231913.jpg(慰霊碑がある敷地の入口)

高校に到着。
敷地入口に、高校生たちが待っていて、「こんにちわ!」と日本語で挨拶してきた。
いやぁ~驚いたぁ~!
発音は完ぺきである。いやぁ~上手!上手!
一生懸命に練習したんだろうなぁ~(笑)
先生方もゾロリと並んでいて・・・・「ハロー!」
(なぜか先生方は英語です・・・笑)

で・・・・セレモニーは・・・・???
ササッと“ミス・リズリー”たちスタッフが花輪を慰霊碑の前に置く・・・・
ん?どうなってるの?
「スリガオ・ヘリテージ・センター」の“ジュンさん”から、この敷地のこと、慰霊碑のことなどの説明を受けて・・・・更には、この敷地を「日本庭園」にしたいので資金の協力を・・・という話を聞かされる。
それは結構なことですが・・・・
あのぉ~セレモニーは?
何か挨拶しなくちゃいけないんじゃないの?
拙者はその覚悟が出来てるんですけど・・・・・(笑)
あれ?
あ~でもねぇ、こ~でもねぇ・・・と、みんなは雑談・・・・・
あれれ???
セレモニーがない!(笑)
すでに拙者の花輪は飾られちゃってるし・・・・

DSC01844_convert_20091117232420.jpg(献花)

この花は、拙者が300ペソ(600円)払って用意したもの。
600円の割には豪華な花輪である。
が・・・本来は、これを拙者が自分で持って、慰霊碑の前に供えるんじゃないの?
最初から置いちゃったらダメじゃん!(笑)
あれれ・・・・献花式は割愛????

“ジュンさん”は、とにかく日本庭園を造りたいので・・・・という話ばかり・・・・
あのぉ~日本から、お線香を持ってきたので、お線香をあげさせてもらいますよ~
ということで・・・“ミヤケさん”と2人で、お線香を供える。

何のセレモニーもないから、先ほど日本語で出迎えてくれた高校生たちも、暇を持て余している様子。
そのうち・・・・帰っちゃった!(笑)
おい、おい、これ・・・どういう企画なの?
あ~あ~かわいそうになぁ~
折角、日本語を練習したんだろうに・・・・
当然、高校生たちとの交流というのがあるだろうなぁ~と想像していたのだが・・・・
何もない・・・・

スタッフが、飲み物をどこかから買ってきてくれた。
出発前に拙者がのどが渇いたと騒いだからだろう。
これを木陰のベンチに座って頂いて・・・・
で・・・各自、それぞれザワザワと雑談・・・・・
あのね・・・紹介も何もないんですけど・・・・
誰が校長先生なのかもわからないんですけど・・・(笑)

まもなく、それでは帰りましょうと促される。
その時に、女性の先生が声をかけてきた。
この先生が校長先生だそうで、今年着任したのだという。
で・・・校長先生のお話は・・・・日本庭園の整備の資金協力の話である。
“ジュンさん”が、「その話は、もう、してあるから・・・」と答える。
ん?
結局、このセレモニーって、資金協力の陳情?(笑)
あらら・・・である。

DSC01845_convert_20091117234436.jpg

この敷地に日本庭園ねぇ~・・・・
難しいんじゃないのかね?
だいたい、フィリピン人が作る日本庭園って、日本庭園の形にならないと思うんですけど・・・
マニラにある「日本庭園」も、見てみたら、全然日本庭園ぽくなかったし・・・・
日本の造園業者が造らないとダメなんじゃないの?
この一角を日本庭園にという気持はわかるけど・・・・(笑)

さて、校長先生が、今から7~8人の日本人が来る予定だという話をしているのを小耳に挟んだ。
なに?日本人が来る?今から?
「ここにお参りしたいのだが、いいだろうか?」と打診があったという。
「何というグループ?」
「わかりません」
「いつ来るの?」
「あと30分後くらいです」
「いやぁ~それなら、もう少しここに残って、その日本人たちに会ってみたいなぁ~」
「・・・・・」

とにかく車に乗れと急かされる。
「で・・・・次の予定は?」
「ホテルに戻って休んでください。お昼に迎えに行きますから」と“ミス・リズリー”
「この後の予定がないなら、ホテルに戻ってもねぇ~。それより、これからここに来る日本人に会いたいんですけど・・・」
「・・・・・」

“ジュンさん”からも無視されるし、誰も拙者の話に乗ってくれない。
これから来るというグループはどんなグループなんだろうか?
戦友会か、遺族会か、それともただの観光客か・・・・
観光客がここにわざわざ来るわけもない・・・・
ならば、拙者の知っている人たちかもしれない。
フィリピン人ガイドも何人かは知っているから、ひょっとして知り合いかも・・・・
どうせなら、日本人同士で話をするのが早いんじゃないか?
戦友会関係者なら、なおさらだ・・・・

しかし・・・無視!(唖然・・・・)
どうも、拙者と彼らを引き合わせたくないような雰囲気である。
拙者が頼りにならないと思っているのか・・・・
それとも、別の目的があるのか・・・・
資金援助を個別に頼むためには、拙者にいられては困るということか?
どういうわけなのか、次の予定もないのに、とにかくホテルに戻るからと急かされる。

こういう時に、横のつながり・・・というのを作れるかもしれないのにねぇ~
それぞれ単独でやっていたら、なかなか話が先に進まないと思うんだけど・・・・
将来のことを見越したら、ネットワークの構築をまず考えるべきだろうに・・・・

まぁ、どうしても会わせたくないっていう様子なので、諦めて車に乗る。

旅行 | 20:51:22 | Comments(0)
メイン・イベント!
まもなく、“ジュンさん”から式典会場に入るように指示される。
式典会場は、市役所の真前!

DSC01830_convert_20091116200158.jpg

白いカバーの付いている椅子が我々の席
向こうのテントには、すでにベテラン(退役フィリピン軍人)等の招待客が座って待機していた。

この式典で拙者のメインの出番がある。
なにせ、1番最初に、日本代表の拙者が「平和の祈り」という、いわば平和宣言を行うのである。
さすがに緊張する。
が・・・しかし、市役所の前のテントにはわずかな人だけ・・・
なんだぁ~これだけの人の前なら、大して緊張することもないな・・・・
と・・・思ったら・・・・

トンテケテ~トンテケテ~と何や太鼓などの楽器の騒々しい音が聞こえ始めた。
ん?何事???
と・・・市役所の目の前の通りから、制服を着た人たちを先頭にぞくぞくと音楽を演奏しながら大勢の人が入ってきた!
はぁ?これが・・・もしかして、「シビリアン・アンド・ミリタリー・パレード」?

DSC01833_convert_20091116212356.jpg

先頭の旗は写真に撮れたが、その後すぐに司会者から「ご起立ください!」の声がかかり、起立して、パレードを迎えることになってしまったので写真を撮ることができなかったが・・・
いやぁ~すごい人数である。
我々の前を通過するときに、それぞれの団体名などが紹介された。
制服組はもちろんのこと、市内の各種団体、各種学校・・・・と、続々と入場・・・・
で・・・式典会場前は、すごい人だかりとなってしまった!
ギョェ~
こんなに大勢の前で、拙者は「平和の祈り」を読み上げるの?(汗)
顔面蒼白である!(笑)

続いて、国旗掲揚・・・・
関係各国の国旗が掲揚されるが、一番最初が・・・日の丸である!
「君が代」の音楽に合わせて国旗が掲揚される。
拙者と“ミヤケさん”の2人で「君が代」を斉唱する。
別に歌わなくてもいいんだろうけど・・・
でも、折角だ・・・・歌わないより歌ったほうがいいだろう。
続いて、オーストラリア国旗・・・・
スリガオ海峡海戦にはオーストラリアの軍艦も参加していたので・・・ということらしい。
で・・・次が、アメリカ合衆国・・・・最後がフィリピンの国旗である。

ここで、ふと、迷った・・・・
日の丸の掲揚の時は、拙者は普段どおりに直立不動・・・・
掲揚が終わったら、国旗に対して一礼をするが・・・・
さて・・・他国の国旗に対してはどうしたらいいんだろう?
そういうことは誰からも教わったことがない。
しまった!事前に調べておくべきだった!
左胸に右手を置くという仕草を見たことがあるが・・・
あれは、どういう時にするんだっけ?
確か、文民である人が軍隊を閲兵したりする時とか、儀仗兵に敬礼されたときにするとか・・・だと思っているのだが・・・
あれは他国の国旗に対してもやるんだっけ?
それとも自国の国旗に対してだっけ?
拙者が軍人であれば敬礼すればいいだけだが、民間人の場合は左胸に右手を置くのが正式な礼儀か?
さぁ~困ったぞ・・・・
ここで、間違った行動をとったら笑い物だ・・・・
国際化とか何とか言っている割には、こういうことへの教育は日本はしていないからなぁ~
小学生から英語を勉強させるのも結構ですが・・・・
こういう公式の行事ではどういう風にするべきかも教えてもらいたいものである。
仕方がない・・・とにかく敬意の表し方は、日本の国旗と同じようにしよう。
直立不動・・・最後に一礼・・・を各国旗に対して繰り返す。
これで相手には失礼にはなるまい?
なにせ、大勢の観客がこっちを見ているのだ。
拙者の一挙手一投足が、日本のイメージを左右すると考えねばならぬ。

さぁ~次が拙者の出番である!(ドキドキ・・・)
「エキュメニカル・プレイヤー」として各国代表の名前が読み上げられた。
一番最初は・・・日本代表の拙者である!
起立して、会場に集まった人たちに一礼をする。
ところで・・・「エキュメニカル・プレイヤー」って何?
紹介されたのはいいのだが・・・・全然わからないんですけど・・・・(笑)
まずい・・・知らない単語だ・・・・
周りをキョロキョロ・・・・
拙者のそばにはスタッフが・・・・いない!
全部、市のお偉いさん方ばかりである。
あれ?
確か、一番最初に日本が「平和の祈り」を読み上げてくれって言っていたよな?
これが・・・そうなのか?
このタイミングで出て行っていいのか?
誰も合図を送ってくれない・・・・
おい、おい・・・・(汗)

しばし・・・沈黙・・・・シ~ン・・・・
あ・・・やっぱり・・・拙者の出番だな・・・・(笑)
演台の前に進む・・・・
「平和の祈り」は、英文で書かれたものを“フルサワさん”が日本語に訳してくれて事前にくださっていた。
日本語で読み上げてくれとのことなので、日本語で読む・・・・
正直言って、これは楽である。
なぜならば・・・この会場に集まっている人は日本語を知らないのだ!(大笑)
仮にうっかり読み間違えようとも、誰も気付かないのである。(笑)
更には・・・「今度こそアメリカに勝ってやる!原爆を落とされた恨みは必ず晴らしてやるぞ!」などと暴言を吐いても・・・・誰もわからないのである・・・・“ミヤケさん”以外は・・・・(笑)
つまり・・・失礼な言い方だが・・・ジャガイモ畑に向かって話しているのと変わらない。
ただ、やはり、声の大きさ、トーン、抑揚というものには神経を使わねばなるまい。
言葉の意味が分からなくても、雰囲気というものがあろう。
日本人としての威厳を保たねばなるまい!
などと、思いながら、無事に「平和の祈り」を終える。

拙者に続いて、メトロ・スリガオ・ロータリークラブの代表が英語で・・・・
北スリガオ州(?、もしかして区かな?)の教育局(?)の人だと思うけど・・・この人が現地語であるスリガノゴン語で「平和の祈り」を行った・・・・が・・・・すでにこの時には拙者は緊張の糸が切れて放心状態・・・・(笑)
申し訳ないが、何も耳に入らない・・・(笑)

続いて、市長、州知事の挨拶があったが・・・・これまた放心状態で・・・・耳に入らない・・・(笑)
完全に拙者の思考回路は停止・・・・(笑)
英語の解読は不能である。

この後、「インターミッション」として退役軍人会のご老人がフォークダンスを披露!

DSC01834_convert_20091116222543.jpg

“おばあちゃん”に「ほれ、こっちだよ!ほれ、回って!」と手を引っ張られる退役軍人の“おじいちゃん”の姿を見て大笑い。
やっと拙者の思考回路が正常に戻った・・・・
それにしても、この炎天下・・・・踊るのも大変だったろうと思うのだが・・・・
大したもんだ・・・退役軍人さんは・・・・尊敬します。

続いて、「インスピレーション・メッセージ」としてアメリカ人の“ジンジャーさん”がスピーチ。
「インスピレーション」って何?
まさか・・・霊感じゃないよな?(笑)
感動、感激、激励という意味のほうだよな?
彼女のスピーチはまたもや自分の著書の話・・・・
父親がゲリラの隊長だった話と、日本軍の討伐で悲惨な目に遭ったという話である。
しかも、この話が・・・・長い!
30分も話している。
さすがに、国旗掲揚の時点から炎天下の中、微動だにせず立っている制服の方々(警察、軍、沿岸警備隊、消防局等)、そして各種学校の小学生、高校生、大学生は可哀そうである。
さすがに、途中で市長がマイクを取り返して、彼らに木陰に入るよう指示を出した。
が・・・それにもかかわらず、彼女の話はその後も延々と続く。
「大したもんだねぇ~彼女、30分以上も話しているよ」と“ミヤケさん”が拙者にささやく。
それより、この炎天下・・・・状況を把握しろよと言いたい!
集まっている人たちがかわいそうだろうが!

この式典では、拙者はネクタイを締めてジャケットを着て臨んだ。
なぜならば・・・・日本人だから!(笑)
キリッとした格好をせねばならない・・・・と思ったのである。
日本人は暑かろうがなんだろうが・・・・キリッとした格好をするんだ!(笑)
武士の瘦せ我慢というのを見せてやる~(笑)
が・・・正直言って、いやぁ~暑いのなんのって・・・・汗が噴き出し続け、もうクラクラである。(笑)
にもかかわらず・・・延々と話をやめない“オバチャン”には本当に参った。
この一事で、彼女に対する尊敬の念は消え去った・・・・(笑)

ようやく最後のセレモニー・・・・
「コミュニティ・シンギング」である。
ん?「シンギング」?何か歌うのか?
英語の歌詞カードが配られてきた。
「レット・ゼア・ビー・ピース」という歌らしい。
ん?知らないんだけど・・・この歌・・・(笑)
いきなり一緒に歌わされたが、なんとか歌えた!(喜)

いやはや炎天下の2時間以上の式典はきつかった~
が・・・無事、とりあえず、日本代表としての大役は終えることができた。
いやぁ~よかった~
“ミヤケさん”から「こういうことには慣れているんですか?」と言われたが・・・・
その昔、これほどの式典ではないが、そこそこ青年会議所(JC)で経験を積んできたことが役に立ったように思う。
どちらかというと、自分が壇上に上がるより、式典を運営するほうが多かったが・・・・
しかし、何事も経験だな。
本当に無事終えられて良かった。

ここで、タバコを一服して、コーヒーか何か飲みたいところだが・・・・
“ミス・リズリー”が「急いでください!次の場所に移動します!」と拙者を急かす。
「ねぇ、のどが渇いてるので何か飲みたいんだけど~」と言っても聞いてくれない。(笑)
「急いで!急いで!」とせかされ・・・・・次の場所に移動する羽目となる。
キツイ~(笑)

旅行 | 19:59:09 | Comments(2)
予定はどうなってるの?
さて、テレビ局のインタビューも終えたし・・・・・
次は・・・・
市役所まで「モーターケイド」・・・と拙者のスケジュール表に書いてある。
「モーターケイド」って・・・自動車での行進のことだと思うんだけど・・・・
それらしき、雰囲気が・・・・ない!
市役所の車に乗せられ、送り届けられただけ・・・・
あれ?どういうわけかな??(笑)
パレードじゃなかったの?
オープンカーにでも乗って、沿道の人たちに手を振るのかなと思ったんだけど・・・・
もしかしたら・・・TV局のインタビューを受けている間にパレードは出発しちゃったのかも。(笑)

市役所の会議室に案内され、そこで朝食となる。
バイキング形式で、簡単な朝食が用意されていた。
拙者はパンとコーヒー程度ですませる。
これから先のメインイベントを考えただけで胸一杯で、とても食欲なんか湧かない。(笑)

式典第2部は「サンクスギビング・マス」だと予定表に載っている。
「サンクスギビング・マス」というのは・・・・ミサのことであろう。
今日は日曜日だから、教会でミサがあるのだろう。
“ミヤケさん”から「行ったほうがいいですよ」と言われたが・・・・
いいのかね?
拙者はキリスト教徒じゃないんだけど・・・ミサに参列していいのかね?
曹洞宗なんですけど・・・・(笑)
教会でのミサで、どういう作法をすればいいのかなんて知らないんですけど・・・・
もう、時間だというのに誰も拙者に指示を出さない。
あれ?拙者のスケジュール管理は誰がしてくれてるの????
“ミス・リズリー”も見当たらない・・・・
“ミヤケさん”に“ジュンさん”に拙者は行かなくてはならないのかどうか聞いてくれと頼んだが、どうも要領を得なかったようである。
じゃぁ~行かなくてもいいんだろ?
それより・・・・タバコが吸いたい!(笑)
というわけで・・・市役所の警備員にタバコを吸っていい場所を教えてもらい、外に出る。

あとから“ミヤケさん”夫妻が来たので、外でおしゃべり・・・・
フィリピンの奥さんは「この暑い中、外に出て・・・」という顔をして苦笑していた。
が・・・拙者はエアコンが苦手・・・・
市役所の会議室はガンガンにエアコンがかかっていたのである。
あまり冷えると、お腹の調子が悪くなる。
ここ肝心な時に下痢でも起こしたら万事休すである!(笑)

午前7時からは式典第3部の「シビック・アンド・ミリタリー・パレード」・・・
これ・・・なんだろう?(笑)
市民と軍隊が一緒にパレードを行うのか?
式次第にはパレードのルートも記されているのだが・・・
我々は参加しなくていいのか?
よくわからん・・・・
まぁ~いいやぁ~・・・ということで、“ミヤケさん”とおしゃべりを続ける。

旅行 | 11:49:59 | Comments(0)
TVに出演
さて、式典第1部も終了。
ようやく日も昇り、周囲がうっすらと明るくなりかけてきた。
“ミス・リズリー”から急きたてられて、次の会場へ移動という、その時である・・・・
昨日お会いした、フェリー事務所の所長さんが「事務所に寄ってコーヒーを飲んでいかないか?」と声をかけてくださった。
いやぁ~ありがたい!
朝、目が覚めてから何も飲んでいないし食べていないのである。
いやぁ~コーヒーが飲みたい!(笑)

“ミス・リズリー”に、「お~い!コーヒー飲みに行くから!」と言って、“ミヤケさん”を誘って事務所に行く。
と・・・そこには、アメリカ人の“ジンジャーさん“の一行も来ていた。
で・・・コーヒーを飲みながら、それぞれ勝手におしゃべりをしていたら・・・・

テレビ局が取材に来た。
「ぜひ取材をさせてほしいと来ているんですけど・・・」と女子職員。
一緒に居合わせた“ジュンさん”が「いいよ~」と、いとも簡単に返事した!
「いやぁ~拙者は英語が話せないから、それは“ミヤケさん”にお願いしますね!」と言ったら・・・
「ダメ!君がTVに出なさい!」と一言・・・・
トホホ・・・・勘弁してくれよぉ~
絶対、無理だって・・・・拙者は英語が話せないもん!

先ほどの記念碑の前でインタビューを受けることとなる。
で・・・最初が、アメリカ側のインタビュー
相変わらず“ジンジャーさん”はゲリラの話を延々としている。

DSC01827_convert_20091114231140.jpg(インタビューを受けている“ジンジャーさん”)

“ジンジャーさん”がインタビューを受けている間、スタッフの女の子が拙者の名前を聞きにきた。
「あのね・・・俺、英語話せないからね」
「大丈夫ですよ」
「いや、大丈夫じゃないって!“ミスター・ミヤケ“に通訳してもらうからね。で・・・質問の内容を事前に聞かせてくれる?」
「大丈夫ですよ」
「いや、事前に何を聞かれるのか知っておきたいんだけど・・・・」
「大丈夫です。あなた、ちゃんと英語を話してるじゃないですか。簡単ですから大丈夫ですよ」
「いや、本当に話せないんだってば!」
「あの・・・日本語って難しいんですよね?」
「ん?日本に興味あるの?」
「はい、行ってみたいんですけど・・・連れて行ってくれます?日本に・・・」
「へぇ?一緒に?俺と?・・・・日本に行く?」
「冗談ですよ!(笑)」
「なんだよ~」
「でも、メールアドレスを教えてくれますか?日本に行く時にメールしますから」
「またぁ~冗談でしょ?(笑)」

などと・・・いちゃついていたら・・・自分の番が来てしまった!
しまった!
女の子とおしゃべりしていて、アメリカ側へ質問している様子を見るのを忘れた!(笑)
たぶん、同じ内容を聞くのだろうし・・・・
アメリカ側の応答を確認しておくべきだった。
あ~失敗!

で・・・インタビュー
「こちらが、日本から来た“ミスター・スズキ”で、お隣が“ミスター・ミヤケ”です。“ミスター・ミヤケ”が通訳をしてくださるそうです。では、早速ですが、まずはフィリピンの皆さんへ何かメッセージをどうぞ!」
「へぇ?メッセージ?そんな・・・メッセージなんか何もねぇけど・・・」とつい、日本語で口走ってしまった!
“ミヤケさん”から「こういうことを言ったらどうでしょう」とアドバイスを受け、適当に日本語でペラペラ・・・・
その拙者の日本語に尾ひれをつけて、更に話を大きくして・・・・“ミヤケさん”が英語で話してくれた。
よし!なんとか切り抜けたぞ!(笑)

「失礼な言い方ですけど、今まで日本人がこの式典に参加されなかったのは、日本が戦争に負けたことを恥じているから参加されなかったのでしょうか?」との質問。
冗談じゃない!(笑)
「日本ではスリガオで、こういう式典があることを誰も知らないからです。今回、私がそれを知ったので一人で参加しました」
う~ん・・・うまくいったぞ!(笑)

「ところで・・・あなたは戦争に行かれたことがあるのですか?」との質問。
なぬ?(笑)
この時、“ミヤケさん”が日本語に通訳をせずに、そのまま「いや、この人は戦争に行っていないですよ」と直接答えたので、つい、「いや、私の祖父が軍人で・・・フィリピンで戦っていたんですよ」と英語で補足説明をしてしまった!(笑)
大失敗である!
「あれ?あなたは英語が話せるじゃないですか!」と、インタビュアーにバレてしまった!(笑)

で・・・次の質問・・・・
「今回の式典に参加された感想と、今後、この式典に期待すること、そして、最後にフィリピンの方々にメッセージをお願いします。・・・・では、どうぞ!」
「はぁ?・・・・・また、メッセージ???参ったなぁ~俺、フィリピンにメッセージを届けに来たんじゃないんだけどなぁ~」
“ミヤケさん”に助け船を出してもらって、日本語で答えたら・・・・
「ダメです!あなたは英語が話せるでしょ!自分の言葉で英語で話してください。・・・はい、どうぞ!」
ギョェ~失敗したぁ~!(笑)
文章もボロボロ・・・メチャクチャ・・・・手の施しようもない・・・・
完全に舞い上がっちまった!(笑)
“穴があったら入りたい”とは、まさしくこのことぞ!

で・・・・インタビュー終了!
「いやぁ~これ、カットしてよ~!」と言ったら、カメラマンがニヤニヤ笑って首を横に振りやがった!
最悪の出来である。
あ~日本の恥だぁ~!
やっちゃった~!
ドドッと自己嫌悪に陥る・・・・・・
「これ、放送するの?本当に?俺のインタビューの部分は放送しないでくれない?」
「そうはいきません。駄目で~す!」とスタッフの女の子・・・・

あ~あ~リハーサルもなしで・・・・演出家もなしで・・・・
どうして事前に打ち合わせを密にとらないかなぁ~
参ったなぁ~こりゃ・・・・・
格好が悪いなぁ~(笑)

「あとで、放送日をお教えしますね」とスタッフの女の子に言われたが・・・・
「見たくな~い!」と答えたら笑われた・・・・・

しかし、昨年、日本人が誰も参加していないことを、現地の人は戦争に負けて恥ずかしくて来れないのだろうと思っているのか?
いや、そう思われてもおかしくはない・・・・・
素朴な疑問とは、そういうものだろう。
大使館や領事館が、忙しいと言って断らずに、誰でもいいから代理を出せば、こういう誤解を受けなくてすむのだろうに・・・・
戦後64年も経っているのに、今もって負けたことを恥ずかしいと思って顔が出せないでいるのではないか・・・と思われているとは心外である。
日本の外交というものは、もっときめ細かくやらねばなるまい・・・・・
インタビュアーのこの質問は、一般市民の素朴な疑問を代弁していると思う。
いい勉強になった。
うん、拙者が外務大臣になった暁には、この経験を役に立てよう!(大笑)

旅行 | 10:59:55 | Comments(0)
記念式典・第1部
午前3時、予定通り、“ミス・リズリー”が迎えにきた。
拙者は結局、午前0時前にようやく寝られたという感じなので、睡眠時間は3時間弱・・・(笑)
向かうは、式典会場のフェリーターミナルである。

DSC01817_convert_20091113230155.jpg(式典会場)

夜がまだ明けない午前4時・・・・真っ暗である。
式典が始まるまで、まだ時間があるが、すでに関係者が集まっていた。
アメリカ人なのか・・・白人の招待客もいたが、誰がどういう人なのかさっぱりわからない。
とにかく、握手を求められ、記念写真を請われて一緒に写真に収まるが・・・
で・・・あなたは誰?(笑)
テントの中にはベテラン(従軍経験者のフィリピン人)のお年寄りがズラリと座っていたが・・・・
ニコリともしないで、こちらを見ているのには参った・・・・(笑)

自分が「来賓」となると、自由に写真が撮れないのが残念である。
式典が始まる前しか写真が撮れない・・・・
式典が始まったら大人しく来賓席に座っていないと・・・ね・・・・
ここで写真をパチパチ撮り始めたら・・・アホな日本人になってしまう。(笑)

DSC01820_convert_20091114001121.jpg(ライトアップされた記念碑)

事前に、式次第を渡されていたが、内容をみると、特にここでの拙者の出番はなさそうである。
と・・・・思ったのは大間違い・・・・
半分安心しかかって、ボケェ~と座っていたら・・・・
「日本大使館代表!ミスター・スズキ!」と名前が呼ばれた!
なぬ?今、確かに・・・日本大使館代表って言ったよな?(笑)
ギョェ~!!!
何をすればいいんだ?
“ミヤケさん”もキョトンとしている。
あれれ・・・式次第には「日本大使館代表が何とか・・・」って書いてあったけど・・・
これ・・・拙者のことかい?

“ミス・リズリー”の話では、スリガオ市では日本大使館にも参加要請を出したらしいが、忙しいということで断られたそうである。
で・・・代理が・・・拙者かい?
そんな話、事前に聞いてないんだけど・・・・

花で飾られた小舟のロウソクに火をともして海に流す儀式らしい。
「日本の兵隊の魂へ」とか何とか書かれたプレートが付いていたようだが・・・・
こちらは突然のことなので、なんて書いてあるのか読む余裕もなく・・・・
前に出て行ってロウソクに火をともして・・・・海に流す・・・・
この小舟は日本だけじゃなく、アメリカ、オーストラリア、各国大使館のもの、そのほか、沿岸警備隊、市長、州知事のものなどが用意されていて、各代表者がロウソクに火をともした。
昨日見たヤシの実を割って作った小さなものも誰かが火をともしたらしい。

この小舟を“ミヤケさん”と二人で持って海まで行くが、その間、バチバチとストロボの嵐である。
いつの間にか、大勢の一般市民も集まっていたのには驚いた。
最前列に座っていたので全然気がつかなかった。
ワイワイガヤガヤと大勢の人に取り囲まれながら海に向かう。

それにしても、こんな朝早く・・・よくぞ集まったものである。
日本だったら、午前4時に来いと言われたら誰も行かないだろうなぁ~(笑)
スリガオの人たちは、たいしたもんだ。

DSC01823_convert_20091114000453.jpg(海に流したところ)

フィリピン陸軍による、小銃による礼砲などがあったりと、イベントがいくつかあったが・・・
拙者の出番は、この「精霊流し」だけのようである。
最後に、献花があったが、これは沿岸警備隊や一般の各種団体が献花を行った。

DSC01825_convert_20091114002247.jpg(献花)

このあと、またもや記念写真・・・ということで、ストロボを浴びる・・・・
できれば、自分のカメラでも撮りたいところなんですけど・・・・
自分が被写体ではどうしようもない。(笑)

旅行 | 08:55:16 | Comments(0)