FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

9・11テロの超不都合な真実
9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪 (5次元文庫)9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪 (5次元文庫)
(2008/08/07)
菊川 征司

商品詳細を見る


9・11テロ・・・・
世界貿易センタービルに旅客機が突っ込んだという、あの一連のテロである。
これが捏造だったという話だから興味がわかないわけがない。

そう、あの日は・・・・
何かの会議があって酒を飲んで自宅に帰ってきた・・・・
で・・・テレビをつけたら、旅客機がビルに突っ込んでいるシーン・・・・
映画の一部だろうと思って見ていたら、いつまでたっても同じ映像の繰り返し・・・
面白くないので他のチャンネルに回したら・・・やっぱり同じ映像・・・・
この時、これが映画じゃないということに気が付き驚いたことを覚えている。

それからずっとテレビを見ていたような気がしたが・・・・
そうそう、あの時、ブッシュ大統領の落ち着き払った大統領声明には違和感を持った。
気が動転してもおかしくないのに、いやに落ち着き払っていたのが印象的だった。
で・・・これが事故ではなくテロであると早々と口にしていることも意外だった。
もしかして、この事件が起きることを事前に知っていたんじゃないかとその時思った・・・・
その後、ペンシルベニア州に墜落した現場がチラリとテレビに出たが・・・
森林にわずかな黒煙が上がっている程度・・・・
機体が見えない・・・・
普通の墜落現場なら翼や胴体の一部がテレビに映ってもいいと思うのだが・・・・
それらしいものが見当たらない野焼きしたようなところを墜落現場だと報道していたのには違和感を持った。

それから数日も経たないうちに、空港の駐車場でイスラム人テロリストの車を発見。
車内にジャンボの操縦マニュアルがあるのが見つかったと報道された。
おかしい・・・・
空港の駐車場の中からどうやってそんなに早くイスラム人テロリストの車を発見できたんだろう?
飛行機を操縦するのに、操縦マニュアルを車内に残すだろうか?
普通ならそれは機内に持ち込むんじゃなかろうか?
完璧に操縦を覚えたのなら車内などには残さず処分するのが普通じゃあるまいか?

この時に、この事件は、どうもおかしいと確信したのだが・・・・・

本書では、例のケネディ暗殺事件にも触れ、つまり、この9・11テロと称する事件はケネディ暗殺事件並みの事件、陰謀であるという。
ケネディ暗殺はどう見ても単独犯には見えないのだが、今もって真相は闇の中・・・・
9・11事件も、どうみても不自然な点があるのだが・・・単純に「テロ」だとされている。

本書では、多少極端なようにみえる結論を引き出している気がしないでもないが、決して奇想天外だとは思えない。
筆者は「~です」と断言している部分が多いのだが、、「~ではないでしょうか」「~と思います」という推測に近いもの言いも併用して、明確に区別している。
おかげで、非常にわかりやすい。
断言している以上、それなりの裏付けがあるということなのだろう。
一つ一つの説明を読むと、確かにおかしいことは確かである。
あれは・・・本当にイスラム人過激派によるテロだったのだろうか?

事件の裏の仕組みはどうだったのか・・・筆者の言う通りなのかどうかはわからないが・・・・
少なくとも一般に報道されている事件は不自然であることは間違いない。

結構、納得できる部分が多い面白い本であった。

まえがき 9・11の真犯人は誰だ?それは“犯罪現場”に聞け

第1章 “爆破解体された”世界貿易センタービル~政府発表の大矛盾
9・11テロ以降、アメリカ建国の精神は踏みにじられた
ケネディ暗殺の新資料~警護解除の合図
飛行機が突入されても倒れないように設計したはずだが・・・
「鉄が溶けてビル崩壊?」政府発表の大矛盾
異議をとなえた科学者「物理的にありえない!」
飛行機が突入する寸前の閃光はミサイル発射か
ビルを崩壊させた爆薬は何だったのか
グランドゼロ(爆心地)では、工事用の水爆が使われたのか
テロ後にニューヨークで蔓延した呼吸器疾患
政府を信じず自分で身を守る
報道管制でお蔵入りの現場映像
地下階は飛行機突入以前に爆破解体されていた
「7号棟崩壊はビル解体」と口をすべらせた奇妙なキャスター
7号棟崩壊“フライング”報道はシナリオどおり?
大量の金塊(900億円)が火事場泥棒された!!
黒幕たちのシナリオにも予想外だったハプニングとは
目撃者証言の怪、政府の回し者の作り話
同時多発テロを利用した株のインサイダー取引
テロを事前に知っていた男の保険金詐欺
クレジットカードの引き出し、エンロン事件の隠滅
「アラブ人に見せかけたテロ攻撃」というプラン
パキスタン諜報機関「あの2つのビルは崩壊するぞ」
アメリカに事前警告していたフランス
アメリカ国内で事前に知っていた人たち
ニューヨーク市長ジュリアーニも知っていた

第2章 “ミサイルが撃ち込まれた”ペンタゴン~使途不明金をもみ消せ
国防の中枢がいともたやすく襲撃された
巨額の使途不明金を隠蔽するためにペンタゴン攻撃は演出された!?
ペンタゴンの使途不明金を質した女性議員
不自然な政府発表の衝突写真
またもや矛盾する政府説明
飛行機衝突の真相
フライトレコーダー記録とFBI発表の矛盾
ラムズフェルド国防長官の大失言「この建物を壊したミサイル・・・」
空軍のグローバルホークが使われたのか
ブラックボックスはどこに消えた
進入経路の矛盾
ペンタゴン館内での爆発
軍上層部の関与~テロを訓練と思わせた空軍演習
乗客にまつわる作り話?
イスラエル精鋭部隊のエンテベ空港急襲作戦
多すぎる軍人の乗客
乗客の話①~理解に苦しむ父親の態度
乗客の話②~機内電話の怪、元連邦検事は夫に殺された?
邪魔者は消せ!炭疽菌テロにまつわる生物学者の不審死

第3章 “遠隔操作された”ユナイテッド93便~捏造のハイジャック神話
死体がまったくない墜落現場の怪
大型機墜落に見せかけた偽装工作
機内から電話連絡はできないはずだが・・・・
地上からかけられていた電話
人の声を正確にコピー再現できる音声変換装置
映画『ミッション・インポッシブル3』で使われた音声変換装置
もう1つの93便?
異常に少ない乗客数の怪
軍用GPS装置で飛行機は遠隔操作された
識別番号の不思議、墜落したはずの飛行機がその後も現役?
遠隔操縦の無人機、乗客はどこへ消えた?
シュチュワート飛行場の管制塔もグルだった
米国北東部一帯を網羅する軍施設
93便の再飛行の目的
2機目の93便が発覚した
乗客・乗務員の遺体はどこに運ばれたのか
操縦士たちの怪
捏造された証拠物件
現場状況から見た同時多発テロのまとめ
飛行していない飛行記録???

第4章 真犯人~どう実行され、誰が利益を得たのか
CIAの手先オサマ・ビン・ラディン
ビン・ラディン家とブッシュ家の蜜月関係
FBI衝撃発言「ビン・ラディンがテロに関係している証拠はない」
BBC放送「ハイジャック犯は今でも生きている!」
元ドイツ国防長官「秘密組織が関与」「アルカイダはでっち上げ」
イスラム教原理主義者の厳格さとは矛盾する行動
大事件は演出される!国際金融資本家たちのお家芸
9・11の真相を追及するグループ内に“第5列(敵のスパイ)”が潜む!
ネオコンの政策と9・11
“新しい真珠湾攻撃のような大惨事”を期待する政策論文
ロスチャイルドとロックフェラーのGOサイン
【テロ計画第1ステップ】~ブッシュを大統領に当選させろ!
“1996年”から同時多発テロの準備がはじまった!
アメリカ人の冷たい歓迎
新型投票マシーンで得票数を捏造せよ!
クリントンの性的スキャンダルは9・11の伏線か
【テロ計画第2ステップ】~テロの2年前から予行演習
テロ計画遂行の7つの分担作業
【テロ計画第3ステップ】~武力侵攻、国防予算、独裁制
イラン攻撃はアメリカにとって諸刃の剣
世界貿易センタービル7棟はテロの司令塔だった
世界貿易センタービル、空港などに入っていた民間企業
劣化ウランの恐ろしさ
知ってしまった現場スタッフの重圧
同時多発テロで“利益を得たのは誰か”
世界貿易センタービルの警備会社もテロに加担
真のテロ実行“演出”犯人、7つの分担作業と中心人物
エルサレム・ポスト報道「アメリカのビルがテロの標的」
カーター元大統領「イスラエルの残酷さは南アよりもひどい」
アラブ人の仕業に見せかけたテロ
漁夫の利を得る国際金融資本家たち
中央銀行を支配する国際金融資本家
ロスチャイルド家とイスラエル建国
ロスチャイルドの秘密
イスラエルの国旗はロスチャイルド家の紋章
“地球温暖化”は世界統一政府樹立のためのプロパガンダ
ゴアは原子力発電復興のスポークスマン
ナチスドイツの文化遺産が戦後のアメリカに引き継がれた
世界統一政府への兆候①~大統領権限の強化
世界統一政府への兆候②~財産没収
世界統一政府への兆候③~軍の地下基地建設
カナダの議員が9・11再調を要求

資料編 計画されていた9・11~主要メディアに見られる200以上もの「決定的証拠」
事前に計画されていたこと
軍が準備していたこと
事前に情報をつかんでいた人たち
おとりと武装解除
【世界貿易センター】頑丈なビルを「爆破」する準備
【世界貿易センター】爆発音と閃光が意味するものとは
【世界貿易センター7号棟】不可思議な崩壊
【ペンタゴン】周到な準備
【ペンタゴン】衝突に見せかけミサイルを撃ち込む
【ペンタゴン】民間機かそれとも戦闘機か
【ペンタゴン】墜落現場に航空機はなかったという証言
【ペンタゴン】爆薬のにおいと複数の爆音
【ペンシルバニア】墜落か撃墜か
無視され続けたテロ警告
情報隠蔽と真相を探求する捜査の中止
動機
軍事予算の増額
アフガニスタンとアヘン
天然ガスと石油パイプライン
サダム・フセインと石油
矛盾する出来事の連続
ハイジャック犯たちの奇行
イスラム原理主義者とは思えぬ派手な行動



今年の読書:56冊目






スポンサーサイト



読書 | 22:17:37 | Comments(0)