FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

後輩に会う
今日は、不思議と後輩に会う日だった。
2人の後輩に偶然に会ったのだが、不思議なことに二人とも青年会議所の後輩である。
まず一人目は歯科医の“ワダくん”
銀行に向かってテクテク歩いていたら、いきなり声をかけられた。
「お元気でしたか?」といきなり言われビックリである。
「お~!!御無沙汰!(笑)」
しかし、何で今頃こんなところにいるのかな・・・と思ったら、休憩時間だという。
ちょっと買い物をして今から医院に戻るとか。
じゃぁ、あんまり長話はできないなぁ~
そのうち酒でも飲みに行こうということで別れる。

銀行で用事を済ませ・・・・
いつもの悪い癖が出た!(笑)
ここ最近、外へ出るとついつい喫茶店に立ち寄ってケーキを食べたくなるのである。(笑)
一体どうしたわけか・・・・
いつからか、ケーキを食べてから家に帰らないと落ち着かなくなってしまったのである。(笑)
で・・・喫茶店へ・・・・
読書をしながらコーヒーとケーキを食べていて、誰かお客が入ってきたなと思ったら、いきなり「先輩!」と声をかけられた。
ん?誰?顔を上げる。
ニヤ~ッと笑いながら「お久しぶりです!お元気でしたか?」と言われる。
う~ん・・・・と・・・・誰だっけ?
あっ!そうだ・・・ガス屋の“スナカワくん”だ。
苗字は思い出せたが・・・名前が思い出せない。(笑)
“スナカワくん”は・・・確か男三人兄弟だったような・・・・
一番下の弟かな・・・と思ったのだが・・・
話をしているうち、その上の兄貴の方だということに気が付いた。(笑)
またやっちゃった・・・(笑)
それにしても、よく似てるんだよねぇ~この兄弟・・・・
双子?(笑)

兄貴の方というと・・・・もう何年も会っていない。
いやぁ~久しぶりである。
というか・・・こうしてゆっくり話をしたのは初めてなんじゃないか?
読書を中止して、あれやこれやと昔話・・・・
あっという間に軽く1時間が過ぎてしまった。(笑)
「そのうちお酒にでも誘ってくださいよ~」と言われる。

喫茶店に寄るのも無駄ではないな。(笑)
そうじゃなければ、彼に会うことはなかったんだから・・・・

それにしても、今では殆ど交際の無くなった後輩たちから声をかけてもらえるというのは嬉しいものである。
感謝、感謝である。

スポンサーサイト



日記 | 23:44:07 | Comments(0)
個人年金を申し込む
少しまとまったお金があるので・・・・(笑)
何で運用しようかなと思い、拙者のサブバンクが募集していた「最低保証付変額個人年金保険」に加入することにした。

で・・・この保険・・・
一時払いでお金を預け、一定期間後に一括でもらうか、年金として分割でもらうというもので、元本は保証されているという。
期間は、5年、7年、10年など、いろいろ期間があるらしい。

で・・・・しつこいくらいの細かい説明。
最近では、こういう説明をきちんとしなくてはならないのだそうだが・・・・
その説明が・・・よくわからない。
よくわからないというのは、必ずしも理解できないという意味ではない。

例えば・・・「特別勘定」の話・・・
「特別勘定に入れます」と銀行の女の子が言う。
「特別勘定に入れるって何?」
特別勘定というのは、どうやらここに組み入れたお金を投資信託などで運用するのだとか・・・
国内株式が何%とか、外国公社債が何%とか・・・・
そういう説明をして・・・・
「そういうわけなのですが、よろしいでしょうか?」と女の子が言う。
「よろしいでしょうかって・・・よろしくないって言ったらどうなるの?(笑)」
「はぁ?」
「だから・・・例えば国内株式での運用が10%では気に入らないから15%じゃないと嫌だって言えるのだろうかということですよ~」
「はぁ?」
「こちらの都合は聞いてもらえないんですよね?」
「はい」
「じゃぁ、よろしいでしょうかって言われても答えようないんだよねぇ」
「まぁ、そうですねぇ~でも、損をしないよう運営しますので・・・」
「そりゃそうだ、最初から損をするように運営しますって言う人はいないでしょ。(笑)結果的に、損するんだよね?運営に失敗しましたって・・・言って・・・(笑)」
さんざん、女の子をからかいながら説明を聞く。

結局、どこに投資してどう運用しようと関係ないのではないだろうか?
運用に失敗しようと成功しようと、元金は減らない保証をしているっていうんだから・・・
運用内容まで説明しても意味がないような気がするんですけど・・・(笑)

どうしても納得いかない言葉があった。
それは・・・「積立金に対する所定の控除率」という言葉・・・・
説明を聞いていて、どうもチンプンカンプン・・・・(笑)
「控除」というと、何かを差し引いてくれて“得をする”ような感じがするのだが・・・・
実はそうではないのである。
途中解約した時に、その契約日からの経過年数に応じて元金から差し引く割合の事らしい。
「何?控除って?」
「途中で解約すると、解約返戻金が一時払保険料より下回ることがあり、損失が生じる恐れがあるということです」
「それが控除?」
「運用利益より、控除率が多ければ・・・ということで・・・」
「だから・・・それは、わかりやすく言うと“途中解約違約金”というようなことじゃないの?」
「そうです!そう、そう、違約金のようなものです」
「でしょ?それをなんで控除っていう言い方するの?なんか得するような言い方じゃない?」
「ですよねぇ~」
「普通の人は、“控除”と聞いたら勘違いするんじゃないか?」
「ですよねぇ~(笑)」
またまたいじめちゃった。(笑)

こういう小手先のごまかし方っていうのが気に入らないんだよね~
ストレートに言えばいいものを、別な言葉に置き換えて誤魔化してしまう。
で・・・相手に勘違いを起こさせておきながら、ちゃんと契約時に説明しましたよね・・・と言うわけである。(笑)
決して彼女が悪いのではなく、説明資料の作り方が悪いんだけど・・・
10年の年金を申し込んで、それ以前に解約したら「違約」である。
途中解約だから、それ相当の手数料をいただきますというのが「違約金」であろう。
ならば、そうはっきりと言えばいいじゃないか?
それを「控除」なんていうから、拙者は気に入らない。
頭が良いつもりでいる本当は馬鹿な奴がこのマニュアルを作成したに違いない。(笑)

マニュアルにどう書いてあっても、わかりやすく補足説明するのが担当者の役目である。
マニュアルをただ読み上げるだけでは意味がなかろう?
「もっと馬鹿でも理解できるように説明に工夫してよ~」とからかう。(笑)

なんだかんだと銀行の担当者をからかいながら・・・・契約を結ぶ。(笑)
結局、契約するんなら黙ってすればいい・・・と思うのは凡人の言うことである。(笑)
どうせ契約するんだから、面白おかしく、おしゃべりして契約した方がいい・・・というのが拙者の考えなのである。(笑)

今回の拙者の「突っ込み」が、今後の他のお客さんへの説明に役に立ってくれるといいのだが・・・
どうだろ?(笑)

日記 | 14:42:12 | Comments(0)