FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ワルキューレ
ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]
(2009/07/24)
トム・クルーズケネス・ブラナー

商品詳細を見る


実際にあったヒトラー暗殺未遂事件と「ワルキューレ作戦」発動の顛末を描いている。
映画導入部のアフリカ戦線の戦闘シーンは圧巻である。
最近はやたらとCGが多いが、爆破シーンは本物らしい。
やっぱり迫力が違う。
登場する航空機、車両もなかなかいい。
すべて本物だろうか?
博物館から借りてきた当時の航空機や車両なのだろうか?
爆破シーンに、そんな貴重品を使用するとは思えないから、そうなるとレプリカか?
レプリカだとしたら、なかなかのいい出来のレプリカということになる。
よく、ドイツ軍のマークを付けたアメリカの戦車や装甲車が「ドイツ軍」として出てくる映画がある。
こういうのを見ると観客をバカにするなよ・・・・と言いたくなる。
ちょっとした「小道具」でも、あまりにもお粗末なのが出てきた段階でシラケてしまう。
こうなると一生懸命演じている役者がバカに見える。(笑)
この映画にはそれがない。
なかなか映像的にもいい出来である。

ヒトラーの暗殺に失敗した話は知っていたが、「ワルキューレ作戦」については全く知らなかった。
よくあるお粗末な手法に、やたらと説明したり、解説したりするものがあるが、この映画には全くといってそれがないので好感が持てる。
役者の表情、挙動、ちょっとした手の動き、カメラワークで充分、何を言わんとしているのかがわかる。
上手な演出だ。

久しぶりに満足のいく映画だった。

スポンサーサイト



DVD | 23:02:36 | Comments(0)
キャッチボール!
午前中、子供達は「お勉強」・・・・・
で・・・午後・・・・
いきなり「海浜公園に行くよ~!」とのこと。
なぬ?
「おじちゃんも一緒だからね!」
何で?
この暑い時に公園?
で・・・昼食はどうなってるの?
「ん?お昼ごはん?ないよ~向こうで食べるんだぁ~」
ギョェ~(笑)

妹は東京で用事があるので午後から上京・・・・
公園にはパパと子供3人で行けばいいのだが・・・・
「おじちゃんも一緒じゃなければダメだ」」という。
ん?拙者はママの代役か?(笑)

というわけで・・・公園へ一緒に連れ出される。
今日は終戦記念日・・・・
CS放送などでは終戦特集で番組が組まれている。
出来れば家に残ってテレビを見ていたかったのだが・・・・(笑)
仕方がない・・・・付き合うかぁ~
トホホである。(笑)

常陸海浜公園の遊園地は、家族連れで大賑わい。
それは、それでいいが・・・・売店で食べ物を買っても座って食べる場所がない!
椅子やテーブルは満席である。
で・・・林の中のベンチというと・・・・荷物置き場に使われている。
よくもまぁ~荷物を置いたままで遊べるものだ。
盗まれたらどうするのだろうか?
というより・・・・公共のベンチを「荷物置き場」として占拠しているとはけしからん!
荷物をどこかへ放り出して座ってやろうか・・・と思ったが我慢する。
で・・・食事は立ったまま食べる。(笑)
この荷物の持主が来たら説教してやろうと思ったが、これがなかなか現れない。
呆れるばかりである。
これがアメリカだったら、不審物という事で警察沙汰になるだろうが・・・・
日本は平和ボケ国家である。(笑)
騒ぎにならない・・・・

大草原の広場へ移動して・・・・ここでキャッチボール。
中3の甥っ子は野球部員・・・・・今年の夏で「引退」したのだとか・・・・
こいつが本気でボールを投げると拙者は怖くて取れない。(笑)
「おい!手加減しろよな!」

こっちも「おじちゃんのプライド」っていうものがある。
無理しちゃって・・・ボールを投げたら・・・・腕が痛い。(笑)
ゲゲッ・・・・腕が抜けそうだぁ~

小6の姪っ子は中学生になったら野球部に入りたいという。
あらら・・・・(笑)
三者面談で、そのことを話したら先生に野球部には入れないと言われたらしいが、毎日、自宅の塀に向かってボールを投げて“自主トレ”しているのだそうだ。(笑)
というわけで・・・・意外にも投げるのがうまい。
結構遠くからビシ~ッと真中に投げ込んでくる。
が・・・受ける方は上手じゃない。(笑)
いつも一人で自宅の塀を相手に投げているので「キャッチボール」になっていないからだという。(笑)
キャーキャー言いながらキャッチボールを続け、さすがにバテてきたら、社会人野球チームの現役選手であるパパと交替してもらう。(笑)

クタクタになって・・・・帰宅!(笑)
いやぁ~普段運動していない人間にとってはキャッチボールもキツイ運動であった。
たかがキャッチボールなのだが・・・・(笑)

日記 | 10:18:55 | Comments(0)