FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

昨晩見た夢・・・・
椅子にふんぞり返って座っている人がいる・・・・
ん?
取引先の“H主任”である。
相変わらず無愛想な表情・・・・・
無愛想な人だが、それほど悪い人じゃない。
それなりに拙者を評価してくれていた人である。
何年振りだろうか・・・・お会いするのは・・・・
と・・・“H主任”がこう言った。
「おい、君は“A主任”を殺そうと企んでいるそうだな?」
「は?そんなことは考えていませんけど・・・・」
「そうかぁ?みんな噂してるぞ」
「そうですか?何でそんな噂が立っているんでしょう?」
「おい、おい、とぼけるなよ。かなりあいつに痛めつけられたっていうじゃないか。まぁ、殺したくなるのもわかるよ」

“A主任”というのは、我が社を廃業に追い込んだ張本人である。
ネチネチと何年にもわたって、嫌がらせを受けた。

「あいつも、いつ殺されるかわからないと戦々恐々としているよ。身辺警護も厳しくなってるぞ。ヤル時には気をつけろよ」
「へぇ~そうなんですか・・・・でも、殺そうなんて考えてませんけど・・・」
「で・・・いつやるんだ?」
「だから・・・やらないっていってるでしょぉ~(笑)」

目が覚めた・・・・・
あ~疲れた・・・・(笑)
それにしても珍しいこともあるものだ。
“H主任”が夢に出てくるなんて初めてのことである。
なんと恐ろしい夢をみたものか・・・・
ん?これは潜在意識・・・・っていうものだろうか?(笑)

スポンサーサイト



日記 | 11:29:14 | Comments(0)