FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

官僚との死闘700日
官僚との死闘七〇〇日官僚との死闘七〇〇日
(2008/07/31)
長谷川 幸洋

商品詳細を見る


いわゆる「暴露本」に類する本である。(笑)
結構こういう本は読んで面白いものである。(笑)
本書は安倍政権下における官僚支配体制に対する「改革」の戦いの記録である。
実名を挙げて書かれているので驚きである。
え?こんなにはっきりと実名を挙げて書いていいの?大丈夫?(笑)
しかし、自分がこの著者の立場だったら・・・・
やっぱり同じように実名を挙げて書くだろうなぁ~

第1章 安倍政権の極秘チーム
     「高橋洋一降ろし」の陰謀
     安倍官邸の重大局面
     総理の意向に反した与謝野官房長官
     まるで財務官僚らしくない男
     「安倍政権を手伝ってくれ」
     竹中は安倍政権に残るのか
     高橋が政権に加われば応援しよう
     安倍の本気度を見るリトマス試験紙
     頭の回転が速すぎる
     「コロッケ会」誕生
     財政タカ派だった私
     「プライマリーバランスでやられた」
     増税か、歳出削減か
     改革なき大幅増税が財務省の提案
     「博士」と「教授」と「委員」

第2章 官邸VS.財務省
     高橋ペーパー2006年9月14日
     年金は税方式に移行
     消えた「中川秀直経財相」
     竹中側近のミスリード
     じっと黙って耳を傾けた安倍
     アイデアを通しても運用で骨抜きにする悪知恵
     高橋以外は霞が関の「お墨付き官僚」
     応募書類をどうやって官邸に届けたらいい?
     政権発足初日から孤立無援
     財務省に文言修正させられた?大田弘子大臣
     インターネットで改ざん工作
     安倍官邸の最強官僚、坂篤郎
     税調会長人事の暗躍

第3章 大型補正の密謀
     税収が増えたら使ってしまえ
     財務省内の水面下の対立
     赤字額のハードルを下げる
     閣議決定に抵抗する予算要求
     密室で決まる「予算の抜け穴」
     怒りがにじんだペーパー
     2兆円の「へそくり」
     激化する情報戦
     マスコミの理解不足を逆手にとる
     こっそりと予算を使う仕組み
     怪しげな臭いがする予算項目
     どこで議論すれば勝てるか
     総理発言要領が二通り
     7736億円もの「その他の経費」

第4章 人か、政策か
     道路特定財源の一般財源化
     道路族と激突する大勝負
     解散覚悟でやるのか
     安倍の顔をつぶさず軟着陸
     高橋のシナリオ
     「党は政権をなめてかかるな」
     本間スキャンダルのネタ元?
     高橋に会いたがった丹呉泰健
     お金は天から降ってこない
     本間辞任の手柄は主計局
     見かけ以上に重要な一戦
     極秘チームの正念場
     もう官邸にいられない
     やめるのか、続けるのか
     改革加速議員連盟

第5章 公務員制度改革始動
     行革相の後任人事
     病院のベッドの横でブリーフ
     週刊誌女性記者が届けた手紙
     田中一穂の怒声
     「天下り」は「お土産付き」
     的場順三のめちゃくちゃな台詞
     行革「抵抗」事務局
     安倍の明言
     大晦日と新年の電話
     高橋のつくった政策ペーパー
     官僚トップが大臣を脅す
     「天下り担当課長」の介入
     「霞が関」文法の裏を読む
     霞が関応援議員団
     官邸と党の「隙間風」
     再就職斡旋は忠誠心の源泉
     坂篤郎の狙い
     渡辺喜美包囲・孤立化作戦
     「事務次官会議なんていらない」
     逃げた財務省事務次官
     造反を物語る意見書
     坂・塩崎コンビ

第6章 倒閣運動
     「財務省はやりすぎだ」
     安倍のユーモア
     昭恵夫人の涙
     安倍離日中の異動話
     公務員制度改革審議入り
     極秘の天下り作戦
     国民が納税先を選ぶ
     カネの面から国の支配力を壊す
     宙に浮いた年金記録
     松岡農水相自殺の第一報
     社保庁幹部と自治労のなれあい
     岩瀬達哉が菅義偉にもたらした重要情報
     社保庁抵抗勢力の「自爆テロ作戦」
     財務省が野党と結託
     兵糧攻めで干上がる
     正面の敵は霞が関
     与謝野が高橋を許すわけがない
     安倍退陣

第7章 永田町が液状化する
     霞が関は沈没?
     増税キャンペーン
     官民人材交流センターを天下りのトンネル機関に
     財務省幹部の警告
     はしごを外された増税派
     埋蔵金は50兆円
     福田・小沢会談の不自然さ
     麻生太郎の活発な動き
     アビーロードの会
     焦点は町村信孝官房長官の処遇
     民主党議員が接触

第8章 崩壊する「大蔵王朝」
     日銀総裁騒動
     だれもが驚いた田波案
     内閣人事庁構想をつぶせ
     明治の元勲たちが先輩
     赤坂奥座敷の秘密クラブ
     新聞記者は財務省支配のお先棒かつぎか?
     「記者は、まるで山羊だな」
     政権に傷を負わせてもいい
     総理、官邸、執行部をなで切り
     麻生と中川、麻生と与謝野
     官僚以上に官僚的な姿勢
     自民党内政局の軸
     政治家が官僚に手玉にとられて法案つぶし
     たばこ議連に集まった顔ぶれ
     肝は霞が関の再編
     政治を動かすのは国民の税金
     政界再編は不可避



今年の読書:37冊目



スポンサーサイト



読書 | 22:36:28 | Comments(0)