FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

特攻
特攻―外道の統率と人間の条件 (光人社NF文庫)特攻―外道の統率と人間の条件 (光人社NF文庫)
(2005/06)
森本 忠夫

商品詳細を見る


「特攻」に関する本はたくさんあるが・・・・
この本は、「特攻」に関して、ひと通りの流れについて書かれているので、「特攻」について知るには好著といえるのではないだろうか?

「特攻」という“作戦”が「外道の統率」であったことは今では常識であるが・・・・
当時はどうだったのだろうか・・・
「外道の統率」という認識があったのは大西瀧治郎中将だけだったのだろうか?
「外道の統率」と知りながらも、それをやらねばならなかったのか?
その命令に従った若き特攻隊員たちは、そのことを納得して逝ったのか?
“特攻作戦”に参加し、散華された若者たちの“死”はまさに「非業の死」である。

プロローグ 1976年初夏 マニラにて
第1章 特攻の系譜
第2章 特攻の物質的基礎
第3章 特攻作戦の狼煙
第4章 フィリピンにおける特攻作戦
第5章 沖縄における特攻作戦
エピローグ マバラカットにて




今年の読書:29冊目



スポンサーサイト



読書 | 14:22:29 | Comments(0)