FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

個人情報保護?
無事に大阪市内の某高級ホテルに到着する。
ここで写真家の“エナリ先生”と合流して、明日、奈良にお住まいの“ハナオカさん”宅を訪問予定。
“エナリさん”が生還者の取材をしたいので誰か紹介してくれというので、野砲兵第10連隊の“ハナオカさん”をご紹介することにしたのである。
で・・・“ハナオカさん”のご推薦のホテルが・・・・ここ・・・・。
このホテルの地下の駅から電車に乗ると便利なのでここに泊まるといいと、わざわざご連絡をいただいたのである。
が・・・しかし・・・・値段が高い・・・・(笑)
1泊2万円もする高級ホテル!
これには“エナリさん”が驚いて「そんな高いホテルには泊まれない!」と言ってきた。
そりゃそうだろう・・・・
で・・・大阪か京都か、適当な所に泊まって適当な時間に訪問するから別々に行こうと言いだした。
それは困る。
先方も拙者が一緒に来ることを期待しているわけで・・・・
地元の駅まで迎えに出るとおっしゃっているんだから、別々に行っては2回も駅に迎えに出るようになってしまうではないか?
初めからそんな迷惑はかけられまい。
ホテル代の事が気になって、どうもそういうところまで気が回らぬらしい。

で・・・・ネットで調べたら、ネット予約ならば半額以下で宿泊できることがわかった。
早速お電話して「9000円ならいいでしょ?」と了解を取る。
「なんで2万円以上もする部屋がネットだと9000円で泊まれるんだ?おかしいじゃないか!どういうことなんだ!」と責められたが・・・(笑)
そんなことを言われても拙者が知るわけはない。(笑)
とにかくネットで2部屋予約し、予約番号を先生にお伝えしておいた。

で・・・・ホテルに到着して・・・フロントでの出来事・・・・
「“エナリさん”はもうチェックインされていますかね?」
「はい、すでにチェックインされていますけど・・・」
「打ち合わせをしたいので部屋番号を教えて下さい」
「それはできません。個人情報保護のため本人に教えていいか許可を得まして・・・もし、いいと言われなければお教えできません!」
「なぬ・・・!」
どうも拙者はまだ昼間のアルコールが抜けていなかったようで・・・・
「なに?こら!予約者を確認してみろ!2部屋予約したのはこの俺だぞ!教えていいかどうか確認しなくちゃ教えられないってどういうことだ!」
ついつい声を荒げてしまった~(笑)

「個人情報保護」の意味が分かっているのか?
外部からの来訪者には宿泊者の承諾を得てから教えるのは当然のことである。
個人情報の保護というより、それはマナーというものだろう。
が・・・しかし・・・
部屋を2つ予約して、それぞれの宿泊者名も知らせているわけだから・・・
「部屋が別々でも同行者だろ?その同行者に教えないとはどういうことだ!」
パソコンの画面を見ながら何を言っておるのかね?
「え?パソコンの画面に出てるんじゃないの?予約した人の名前・・・それ俺の名前だよね?」
「確かに・・・・」
「その予約代表者に教えられないっていうのはどういうことだ?」

すったもんだの末にようやく“エナリさん”の部屋番号を教えてもらう。
で・・・・
「まことに申し訳ございませんでした・・・あの・・・シングルの予約を承っておりますが、広めのお部屋を用意させていただきましたので、そちらにお泊まり下さい」
「え?そうなの?いやぁ~すまないねぇ~」

部屋に入ったら・・・驚いた!
広~い、ツインのお部屋!(笑)
これは・・・普通のツインよりもっと広いんじゃないか?
もしかして・・・デラックスツインとか・・・そういうランクの上の部屋なんじゃないか?
フロントで怒鳴りまわしたのが影響したのかな・・・・
あらら・・・なにか、とんでもなく申し訳ないことをしたような・・・・(笑)
今更、酔いがさめていなかったので・・・と言い訳を言っても遅いかぁ~

スポンサーサイト



日記 | 19:52:05 | Comments(0)
トコトン付き合う?
今回の直会・・・・
同じ騎兵第1旅団の騎兵第13連隊の方々と同じ会場となる。
が・・・かといって相互に何か話すわけでもない。(笑)
向こうは向こう・・・こちらはこちら・・・・である。

DSC_0083_convert_20090526115418.jpg
(左:騎兵第14連隊、右:騎兵第13連隊)

いつもは2時間ぐらい懇親会をしているのだが・・・・
騎兵13連隊のほうが早々と解散して帰りだしてしまったことに引きずられたか・・・・
我が会員もパラパラと途中で帰りだしてしまった。
で・・・・いつの間にか「自然解散」(笑)

納得がいかないのは連隊本部付将校だった“オオクボさん”
「なんだよ~みんな帰っちゃってさぁ~少し早いんじゃないの~それで戦友会って言えますか!」と一人で騒ぐ。
でもみんな帰っちゃった・・・・(笑)
“オオクボさん”はお酒を飲まないと物静かで、いるのかいないのかわからないという方。
で・・・お酒が入ると軍歌は歌うわ、一人で気炎をあげるわ・・・と大変身してしまう。(笑)
よくこういう人はいるが・・・・今年90歳。
戦友会に来てお酒を飲むのが楽しみらしい。
「みんな冷てぇなぁ~」と愚痴る、愚痴る。(笑)
「じゃぁ、私がお付き合いしますよ」と言ったのだが・・・・
これがいけなかった・・・・そのあとが大変なこととなってしまったのである。

「さぁ!飲もう!大いに飲もう!」と“オオクボさん”
テーブルの上には手つかずの日本酒がずらり・・・・ゲゲッ!
「あのぉ~私はあまりお酒は飲めないのですが・・・」
「またまた~うそでしょ?若いんだから・・・さぁ、ぐぅ~っと~!」
ヒェェ~勘弁してくれぇ~
会場に2人残って・・・差しつ差されつ・・・・真昼間から酒盛りである。(笑)

で・・・いい加減なところで「お開き」にして会場を出る。
「どちらまでお帰りですか?」
「あっち!」
「あっち・・・って・・・・家はどこなんですか?」
「○○町2丁目!」
わからん・・・・(笑)

“オオクボさん”は千鳥足なんていうもんじゃない・・・ベロベロである。
失敗したぁ~
この人が90歳だっていうことをうっかり忘れていたぁ~
とりあえず近くの地下鉄の駅まで付いて行き、改札口でお別れしたが・・・
あれ?
右手を高々と上げてニタァ~と笑ったまま・・・・動かない!(笑)
ダメだ・・・完全に出来上がっちゃっている・・・・
仕方がないので拙者も後から追いかけて一緒に地下鉄に乗ることにした。
で・・・「どこの駅で降りればいいんですか?」
「○○町2丁目!」
「そんな駅・・・ないですけど・・・」
「ん?ないの?ないわけないでしょ。僕の家よ・・・○○町2丁目!」
あ~あ~こりゃダメだ・・・・

そのうち車内で軍歌を歌い出した!
ゲゲッ!
周囲の冷たい目・・・・(笑)
参ったなぁ~こりゃ・・・
「あの・・・電車の中ですから・・・歌はやめましょうよ~」
「え?ダメ?歌はダメ?いいんじゃないの?さぁ~歌おう!いくぞ!北支軍の歌!イチ・ニ・サン・・・ハイ!」
「勘弁して下さいよぉ~」(笑)

で・・・たぶんここだろう・・・・
○○町という駅で降りる。
2丁目じゃないけど・・・ここだろう・・・・
と・・・今度は改札のところで・・・・
「よしこ~!ただいまぁ~!今、帰ったよぉ~!」と大声を出し始めた!
ギョェ~!!!
またもや周囲の冷たい目・・・・(笑)
「よしこ」とは、奥さんの名らしい・・・・
「ごめんねぇ~たくさんお酒を飲んじゃってゴメンね~よしこ~!!」
あのね・・・完璧な酔っ払いである。(笑)
“オオクボさん”の腕を抱えて地下鉄の階段を上り・・・ようやく地上へ・・・
「で・・・ご自宅はどこですか?」
「う~ん・・・あっち!」
「本当ですか?間違いないですか?」
「○○町2丁目!」
「はぁ~・・・・・」

拙者は“オオクボさん”の家に行ったことがないので、ご自宅がどこにあるのかは知らない。
頼みの綱は・・・・完璧に酔っぱらっているご本人のみ。
頼むから意識不明にならないでくれと祈るばかりである。
御本人だけではなく、正直言って拙者もしこたま日本酒を飲まされフラフラ状態。(笑)
2人で腕を組んで右へ左へとふらふら歩く。
「ん?あんた・・・どこへ行くの?」
「へぇ?・・・・ご自宅まで送るんですよ」
「送ってくれるの~悪いねぇ~」
「だから一緒にここまで来たんじゃないですか~」
「エヘヘ・・・そう?悪いねぇ~・・・じゃ、歌おう!大いに歌いましょう!」
あのぉ・・・お元気なことはいいことですが・・・お元気過ぎるというのも・・・・ちょっと・・・(笑)
いくら止めてもダメ・・・・
軍歌を歌いながら・・・・歩く・・・・(笑)

ようやく自宅に到着!
表札は確かに“オオクボ”って書いてある。
「よしこ~!帰ったよ~開けてちょうだい!」
しかし・・・玄関には鍵がかかっていて留守のようである。
しばらく玄関の前で「よしこ~!」を連発していたが・・・いないものはいないのである。(笑)
ようやく合鍵の場所を教えてもらい合鍵で玄関を開けて家の中へ・・・・
「それじゃ、私は帰りますから!」と言って家を出る。
これで一件落着・・・・

が・・・・しかし・・・・
ここはどこだろうか?(笑)
今から拙者は大阪へ向わねばならぬのだが・・・・
あれぇ?ここはどこ?(汗)
マズイことになった・・・・拙者も結構酔っているのである。
全然頭が働かない・・・・
うぇ~ん・・・迷子になっちまったぁ~
ここからどうすれば東京駅に行けるのか・・・・
近くの喫茶店に立ち寄り、コーヒーを飲んで酔いをさますことにする。
頼むから我が思考回路よ・・・・早く正常に戻ってくれと祈りながらコーヒーを飲む。

ようやく思考回路が働き出し・・・・(笑)
地下鉄とJRを乗り継いで無事に東京駅に到着。
急ぎ新幹線に乗り大阪へ向う。

日記 | 11:37:37 | Comments(0)
軍馬の慰霊祭
今日は靖国神社で行われる軍馬の慰霊祭に参列する。

そうそう、靖国神社の境内には我が戦車第二師団が奉納・植樹した桜の木があったはず・・・
慰霊祭が始まる前にその桜の写真を撮ろうと思って境内を探したら・・・・
あらら・・・・
屋台というか、出店というか・・・・特設のお店が建っていてなんともアングルが悪い。
出来ればこの桜の木の写真を次回の会報に載せようかと思っていたのに・・・・
このアングルじゃなぁ~(笑)

DSC_0056_convert_20090526102858.jpg

桜が咲いていなければ店は出ていないから写真が撮れる。
しかし、桜の花が咲いていない桜の木を撮ってもしかたがない。(笑)
で・・・桜が咲いていると、こんなふうにお店が出てしまう。
これじゃいい写真が撮れない・・・・
なんとも困ったものだ。
なんとかならんかねぇ~これ・・・・

軍馬の慰霊祭は主として騎兵部隊の関係者が参列するが、その他に獣医部の方なども参列する。
しかし、なぜか馬を使っていた部隊・・・・砲兵や輜重兵関係者は皆無に近い。
いつも思うことなのだが・・・なんでだろう?

今までは主に騎兵第14連隊が主体となって、この慰霊祭を運営していたようだが、みなさん御高齢になり今後の事もあるので、今年から偕行社が運営をしてくれることになったという。
とは言っても、ちゃんと騎兵第14連隊会の受け付けテーブルが出ていたので安心した。
今年から完璧に手を引いてしまったわけではなさそうである。

いつもの顔ぶれも揃い、今年も満開の桜の下での慰霊祭となった。

DSC_0060_convert_20090526101259.jpg
DSC_0071_convert_20090526101650.jpg

慰霊祭でいつも困るのが「君が代」の斉唱・・・・・
拙者は、この「君が代」が苦手なのだ。(笑)
どうしても最初の音がつかめない。
で・・・みんなにつられて高い音で出てしまう・・・・
と・・・当然、途中で音が高過ぎて声が出なくなってしまうのである。(笑)
歳をとっちゃったのかなぁ~
高音がうまく出ない・・・・(笑)
昔は結構カラオケを歌ったのだが、最近は全くと言っていいほど歌っていないからなぁ~
いや、タバコの吸い過ぎがいけないのかも・・・・
いやいや、そもそも「君が代」って音が高いんじゃないか?
うん・・・拙者の喉のせいじゃなく、歌が悪いってことにしよう。(笑)

慰霊祭が終了して解散するときに騎兵第15連隊将校団会の“アシナ会長”にお会いした。
「6月に習志野三笠会だからね。また、そこで会いましょう。よろしく!」
しかし・・・
「習志野三笠会」は拙者の従兄が会員で拙者は会員ではないのである。
騎兵15連隊には2つの戦友会があり、今も活動している。
一つは「騎兵第15連隊将校団会」・・・・・
将校だけの集まりで、拙者はここの会員である。
もう一つが「習志野三笠会」・・・・
これは三笠宮殿下が初年兵教育係をしていた時、殿下から指導を受けた当時の初年兵を中心とした会のようで、兵と将校の両方が集まる。
こちらは従兄が会員である。
どちらも名誉会長は三笠宮殿下・・・・
以前、従兄の代理として何度か「習志野三笠会」に出席したので、会員だと思っているのだろう。
会員は従兄で、拙者は会員でないことをお話したら・・・・
「なんだそれ!そりゃ駄目だよ~あなたは参加しなさい。幹事に言って直接あなたに案内状を送らせるから・・・」と言って下さった。
いやぁ~ありがたい!

拙者は騎兵第14連隊と騎兵第15連隊の両方の戦友会に入っているが、今日は騎兵14連隊の関係者として参列している。
このあといつものように偕行社で直会である。
“アシナ会長”とはここでお別れして、拙者は騎兵第14連隊の方々と直会へ向う。

日記 | 09:49:10 | Comments(0)