FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

28年前の記憶
今日、e2スカパーの「日本映画専門チャンネルHD」で映画『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』を見る。
この映画は1981年の作品。

謀殺・下山事件 [DVD]謀殺・下山事件 [DVD]
(2002/06/19)
仲代達矢山本圭

商品詳細を見る


この映画は拙者が大学時代に見た映画・・・・
その後、テレビでも放映してくれないかなぁ~と思っていたが、とうとうお目にかかることもなく27~8年が経ってしまっていた。
いやぁ~ついにまた見ることができる!
久しぶりの“再会”である・・・・が・・・・・
映画が始まって・・・・・あれ?
全然記憶にないのである。
あれだけもう一度見たいと念願していたのに・・・・実際に見てみたら・・・・
すべてのシーンが記憶にない!
そんな馬鹿な・・・・・

「下山事件」は、昭和24年に初代国鉄総裁の下山定則が常磐線の線路上で轢死体で発見された事件である。
当時国鉄の大量人員整理で国鉄労組と大もめしていた時だけに、自殺か他殺かで大騒ぎしたが、うやむやのまま時効になった。
この映画では他殺(謀殺)説に基づいて描かれている。
原作は、当時朝日新聞記者の矢田喜美雄の『謀殺・下山事件』
この本を読んだ後に、偶然この映画の公開があることを知り、映画を見に行ったように記憶している。

ストーリーは原作者の矢田がモデルとなっている新聞記者を中心に進められている。
これはこの間見た「帝銀事件」と同じようなストーリー設定である。
新聞記者が事件を追いかけて真実に迫ろうという話である。
が・・・この設定自体、まったく記憶にない。(笑)
主役は新聞記者役の仲代達矢である。
う~ん・・・全然記憶にない・・・・(笑)
いくらなんでもおかしい・・・・・
28年前に一度しか見ていない映画でも、主役も記憶にない、新聞記者がメインで話が展開していくというストーリーも覚えていないということがあり得るだろうか?
この映画は、1981年制作だが全編が白黒映画である。
モノクロの映画だということは覚えている。
で・・・下山総裁役の人が実際の下山総裁にそっくりな人だったというのも覚えている。
しかし、この2つしか記憶がない。
どのシーンを見ても記憶が蘇ることがない。
すべて「初めて見た」という感覚である。

この映画で新たに発見したことがある。
下山総裁の死体の衣服に油がべっとりと付着していたということから、近辺の油を扱う工場等を廻り、主人公が油のサンプルを収集する。
で・・・・事件後かなり経ってから、別件である会社に訪れ、この会社が下山総裁の衣服に油が付着した現場ではないかと推測するシーン。
この会社・・・・鋼材会社なのだが・・・・ピアノ線を作っている会社。
で・・・映画の画面にスプリング(バネ)が陳列されているのが映るのである!
あれ~!
我が社の同業者?
このシーンが事実に基づいて描かれたものなのか、創作なのかはわからないが・・・・
いやはや・・・バネ業界の会社が取り上げられるとは・・・
しかし、それすら拙者の記憶には残っていない。

もしかして・・・拙者が記憶している映画は別の映画なのだろうか?
確か・・・この映画を見た時に“プログラム”を購入したことは覚えている。
部屋のどこかにあるはず・・・・
ということで、探し回り“プログラム”の束を見つける。
当時、映画を見に行くとよく“プログラム”を購入していており、結構懐かしい映画のものがいくつもあった。
20年以上ぶりにこの“プログラム”の束を見る。
で・・・その中に、この映画の“プログラム”もあった。
当時の価格は350円・・・・・
やっぱり、仲代達矢主演のこの映画だった・・・・
間違いない・・・・

あれ~・・・・・ということは、間違いなくこの映画を見たんだよな?
28年前に一度しか見ていないとはいえ、“プログラム”まで買った映画の内容を全く覚えていないというのはどういうことか。
再度見れば少しぐらい記憶が蘇ってもいいはずなのに、全然思い出せないというのはどういうことか・・・

この28年で記憶が消滅してしまったのだろうか・・・・
それとも、そもそも頭が悪いのか・・・・
ショックである・・・・・

DSC01829_convert_20090216125723.jpg



今日、2月6日は・・・「海苔の日」
これは、大宝2年(702年)の2月6日に大宝律令が発布され、その中で、海苔を租税品の一つとして指定されたという言われから来ているという。
で・・・記念日として制定されたのが1966年。
つまり・・・拙者が6歳の時・・・・
ということは・・・これまでの42年間、2月6日は「海苔の日」だったということになるのだが・・・
全然知らなかった!(笑)
制定されて42年目に初めて知るとは・・・・(笑)



スポンサーサイト



日記 | 22:12:39 | Comments(0)