FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

修復家だけが知る名画の真実
修復家だけが知る名画の真実 (プレイブックス・インテリジェンス)修復家だけが知る名画の真実 (プレイブックス・インテリジェンス)
(2004/01)
吉村 絵美留

商品詳細を見る


この間、西洋美術館のミュージアムショップで買ってきた本。
一言で言って・・・・面白い!
修復の仕事というのはかなり大変な根気のいる仕事だろうけど…・
いやぁ~魅力があるなぁ~
自分に才能と根気があったら、やってみたい仕事である。(笑)

筆者の言葉によれば・・・
修復とは復元のこと。
あくまでもオリジナルの作家の筆遣いに従うことが大切だという。
作品で使われている絵の具やキャンバスなどの状態をエックス線や薬品を使って調べ、その損傷の具合と原因を突き止めて、それに最もふさわしい処置を施す・・・・絵画の医者のような仕事が“修復家”の仕事だという。

本書では、その修復の具体的な事例が書かれているが、中には下手なミステリー小説よりも面白い話もある。

第1章 絵画に秘められた物語
第2章 息詰まる修復の実際
第3章 修復で知り得た画家の真実
第4章 絵画をめぐる迷宮
第5章 西洋画家の隠された技法

スポンサーサイト



読書 | 17:53:12 | Comments(0)