FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

宇宙ツツジ
DSC00397_convert_20081103003615.jpg

宇宙ツツジ認定26号

日本人初の女性宇宙飛行士向井千秋(むかいちあき)さんと宇宙を旅したツツジの種から発芽させたもので、全日本花いっぱい館林大会を記念して群馬県館林市から松本市に寄贈されました。
松本市は、花いっぱい運動発祥の地として、長年この運動に取り組んでいます。

平成12年5月1日植樹

(説明板より)

宇宙ツツジ


スポンサーサイト



史跡 | 22:34:14 | Comments(0)
松本藩戊辰出兵記念碑
DSC00313_convert_20081103002050.jpg

松本藩戊辰出兵記念碑

新政府は明治元(戊辰)年1月、鳥羽伏見の戦いに勝利すると、徳川慶喜と会津藩へ追討令を発し、東海・東山・北陸道から江戸に兵を発した。
松本藩は征討軍が木曽路を過ぎた2月29日、急遽藩士を二の丸書院に集め、佐幕か勤皇かの帰趨を求めた。
議論白熱衆論決せず、夜半に至って藩主の裁断でようやく帰順に決した。
松本藩はこれ以後官軍の先鋒として宇都宮や北越に転戦して北越・会津戦争の勝利に貢献した。
この碑には戊辰戦争出兵の経過と従軍武士261名の氏名が刻まれている。

(説明板より)

松本藩戊辰出兵記念碑


史跡 | 22:18:49 | Comments(0)
清正公駒つなぎの桜
DSC00306_convert_20081103000645.jpg

清正公駒つなぎの桜

熊本城主加藤清正は、江戸からの帰りに松本城に立ち寄った。
城主石川玄蕃頭は、遠来の客を手厚くもてなした後、騎馬2頭を引き出し「土産にどちらでもお気に召した方を1頭差し上げましょう。」といった。
清正は志のほどを感謝して「貴殿の目利きで取り立てた駒を我らほどの目利きで選んでは誠に申し訳ない。2頭共申し受けるのが礼儀と心得る。」といって2頭を頂戴して帰ったという。
これを伝え聞いた人々はさすが清正公と感じ入ったという。
この時駒を繋いだのがこの桜の木だと伝えられている。

「加藤清正伝」より

(説明板より)

清正公駒つなぎの桜


史跡 | 22:05:08 | Comments(0)
安原摂取院
DSC00231_convert_20081102173700.jpg

安原摂取院について

浄土宗(生安寺末寺)不捨山摂取院

城下親町・本町にあった生安寺(現蟻ヶ崎)の三世君誉和尚の隠居用草庵として設けられたものであり「東蓮社君誉可心童五九和尚」が開祖とされる。
君誉和尚は、寛永17年(1640)11月28日に亡くなっていることから、開寺は寛永年間と推察することができる。
元禄9年(1697)の記録を見ると檀家40軒を数えていた。
当寺は明治維新(1868)後の廃仏毀釈により、墓地のみが残った。
今日では、稲荷の祠が往時をわずかに偲ぶよすがとなっている。
(尚、宗派については、明治33年10月、曹洞宗に改宗せり)

安原地区街づくり研究会

(説明板より)

安原摂取院



史跡 | 17:32:55 | Comments(0)
土地家屋調査士制度発祥の地
DSC00165_convert_20081102154859.jpg

土地家屋調査士制度発祥の地

我が国における登記制度の一翼を担う土地家屋調査士制度は、国民の社会生活の基本となる土地・建物の権利の明確化に寄与する目的をもって昭和25年7月31日に制定された。
同制度の揺籃期は昭和3年、松本土地調査員会が県下各調査員会に団結を呼び掛け、昭和13年長野県土地調査員会の結成をみたことに始まる。
以来松本市の赤羽多知雄、中島實、岡谷市の林義成各氏をリーダーとし、国家制度実現を目指し、全国規模での請願運動が進められた。
しかし戦後、情勢一変した国会において、この運動は衆議院議員元逓信大臣降旗徳弥先生を中心に、議員立法として各方面の協力を得て、土地家屋調査士法として成立したのである。
この運動は松本税務署長植木庚子郎氏の示唆を得てから実に22年、この間関係各位の記念すべき功績が集大成して有終の成果を得たのである。
この碑は制度制定のため一途に尽くされた諸先輩、その多くはすでに故人となられたが、その歴史的精華を後世に語り継ぎ、さらに未来への限りなく発展を願い、制定運動が産声をあげたこゝ松本の地に会員1万8千4百余名の総意により建立した。

平成6年10月3日
日本土地家屋調査士会連合会会長 三浦福好

(碑文より)

土地家屋調査士制度発祥の地


史跡 | 15:46:26 | Comments(0)
松本の旅(1)
ホテルをチェックアウトして、中央本線各駅停車で松本に向かう。
途中、下諏訪、岡谷にも立ち寄ってみようかと思ったが、急遽、やめる。
明日のことを考えると、松本での時間が無くなりそうなので、今日のうち出来るだけ松本市内を歩きたい。
所要時間は約40分。
松本駅から真っ直ぐタクシーで長野県護国神社に向かう。
県庁所在地は長野なのに、何故か松本に護国神社があるのである。
「今日は何か集まりでもあるんですか?」と運転手に尋ねられる。
以前、長崎県護国神社に行った時にも同様の質問をされたことがあったが・・・・
何か集まりがないと行かないというような場所なのか?(笑)
戦没者の慰霊をせずして、どうして平和などを口に出せるだろうか?
戦没した方々を忘れないことが平和への第一歩ではなかろうか?

DSC00111_convert_20081102130122.jpg(長野県護国神社)

参拝を済ませ、境内を散策。
七五三で訪れている家族連れが結構いた。
松本には歩兵第50連隊、歩兵第150連隊などがあったが、その連隊の記念碑や慰霊碑はなぜか境内に見当たらない。
どうも護国神社の隣接地が元歩兵連隊の敷地だったらしいので、今度は周辺を散策。
直ぐ隣の文化会館に行ってみる。

DSC00167_convert_20081102131129.jpg(文化会館)

いやぁ~この紅葉・・・・・見ているだけで気持ちいい!
しかし・・・連隊跡を示すものは何もない・・・・(笑)
ということは・・・・このあたりではないのか?
で・・・・また護国神社へ戻ると、鳥居の横の小さな緑地帯に石碑が・・・
おお!あった!『旧歩兵第50連隊跡』の碑!
写真を写し、碑文をメモして・・・・
ちょうど、近所のおばあさんがいたので、ちょっと松本連隊についてお話をする。
この直ぐ近くの松本美須々ヶ丘高校あたりが連隊跡らしい。
行ってみたが・・・・何もなし。
続いて隣接する信州大学へ・・・・
時刻はちょうどお昼。
大学前の食堂で好物のカツ丼を食べる。

DSC00182_convert_20081102132640.jpg(カツ丼)

信州大学の校内に当時の連隊のレンガ造りの建物が一棟残っていたはず。
土曜日ということで、学校はお休みらしい。
警備員に許可をもらい敷地内に入ってレンガ造りの建物を撮影する。

ここからテクテクと歩いて松本城のほうへ向かって歩く。
信州大学には大学病院がある。
あれ?もしや・・・この病院は、我が戦車第2師団の会員の“ナカムラさん”が癌の手術で数年前に入院した病院ではなかろうか?
そうかぁ~“ナカムラさん”はこの病院に入院していたのかぁ~

途中で、『鈴木鎮一記念館』というのを見かけたので寄ってみる。
記念館は自宅を改装したものらしい。
ちょっと入りづらいが思い切って入ってみる。

DSC00217_convert_20081102141253.jpg(鈴木鎮一記念館)

で・・・入ったはいいが・・・・
実は、この鈴木鎮一という人がどういう人なのか知らない・・・(笑)
館長さんにお話を伺ったところ、この方はバイオリン製作会社の社長さんで、バイオリン教育から幼児教育の一つである「スズキ・メソード」の創始者なのだそうだ。
が・・・この「スズキ・メソード」っていうのがこれまたよくわからない。
あまり興味のないことになると、どうも頭が働かない。
お話によると、日本よりも海外で有名なのだそうだ。
各国から送られた賞状などが室内にたくさん飾られている。
室内の撮影はOK!
拙者のホームページへの掲載許可を求めたら、大いに公開してくださいとのこと。
ありがたし。
しばし館長さんとお話をして資料をいただき退出する。

続いて向かったのは・・・・旧開智学校。

DSC00265_convert_20081102142935.jpg(旧開智学校)

この建物は結構有名なので、是非とも見たいと思い訪れたが・・・
いいのは外観だけ。(笑)
内部は大したことがなく期待はずれでガッカリ。
隣の「司祭館」も見学したが、ここの資料は先日無くなってしまい現在印刷会社に発注中とか。
あらら・・・何たることぞ・・・・

続いて向かったのは・・・・正麟寺
以前、何かの本を読んだときに、この寺に川島浪速、川島芳子の墓があると書いてあった。
川島芳子は「男装の麗人」として有名な満州国の建国に活躍した人。戦後、確か中国により処刑されたと記憶している。

DSC00294_convert_20081102144515.jpg(正麟寺・墓所)

時刻は午後3時。
墓地は思ったより広く、どこにお墓があるのやら・・・・・
とりあえず外周をぐるりと回ってみたが、それらしきお墓が見つからないので・・・・
諦めて帰りかけた時に、ふと、気になりちょっと横に入ってみたら・・・・見つけた!(笑)
なんという偶然!なんという勘のよさ!(笑)

続いて向かったのは・・・・松本城!
高校1年の時以来だから32年ぶりか?
しかし・・・やっぱり記憶に無い。(笑)
間違いなくここには来ているはずだが、どこをどう歩いたのか全く記憶がない。
建物を見ても・・・こんな感じだったかなぁ~・・・・である。
時刻は3時半・・・・
しかし、天気はどんよりと曇り、写真撮影には最悪。
長野へ出発前に、曇ってもいいから雨が降らなければいい・・・なんて祈ったせいか?(笑)
カメラの露出を調整して、なんとか撮影してみたが・・・・
どうも気に入らないなぁ~(笑)

DSC00300_convert_20081102151659.jpg(松本城)

考えてみれば今日は土曜日である。
道理で観光客が多いはずである。
時刻は4時・・・・さて・・・・どうしようか・・・・
観光バスでやってきた団体客が続々と帰っていく。
よし!今のうちに内部を見学してしまおう!
今ならお城の中も結構空いているだろう。(笑)
4時半、見学を終了して外に出、今度はお城の周囲を散策する。
30分ほど歩き回り時刻は夕方5時。
ついに写真撮影には限界となる。
真っ暗・・・・

ここで今日の旅は終了。
駅まで戻り、駅前のホテルにチェックイン。
今日の夕飯はホテルのレストラン。
中華の「オーダーバイキング」
このバイキングは、最初に5品頼んで、それが出てきたらまた5品頼むというやり方だという。
すでに出来上がっているものを自分で取りにいくというバイキングではない。
そのつど、作ってくれるのだそうだ。
で・・・・その結果は・・・・
味よし、量もよし・・・・
結構食べられるかと思ったら、結局7品で満腹。(笑)
しかし、この料理はうまかった。
このホテルを選択して正解!正解!(笑)

本日の歩数、2万7821歩。約15.3km歩いた。

旅行 | 12:45:28 | Comments(0)