FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お通夜に行く
今日は法人会青年部会の先輩である“サトウさん”のお父さんが亡くなったということで、お通夜に行く。

しかし・・・・
人間というものは・・・というか、拙者は・・・と言うべきか・・・・
「お悔やみ」の連絡があると、まず最初に、自分の葬式の時に来てくれたかどうかを気にする。
で・・・我が母の葬式に来てくれた方なら問題はないのだが・・・
来てくれなかった人・・・・となると・・・・
ついつい「行かなくてもいいんじゃないか?」という気持ちがフッと浮んできてしまうのである。
なんたることぞ・・・
我が家で葬式を出したことがなかった時には、そういう気持ちは全然起こらなかった。
知っている人だから・・・とか、世話になったから・・・とか、純粋な気持ちで葬式に行くかどうか決めていたというのに・・・・
自分の家で葬式を出してからは、相手が来てくれたかどうかが無意識のうちに判断基準になってしまっているのである。
あ~嫌だ、嫌だ・・・・・
どうしてこうなっちゃうのかねぇ~
“サトウさん”とは、一緒に酒を飲みに行った事はあるけど御馳走になったことはない。
そういう意味では世話になっていない・・・と言ってもいいかもしれない。(笑)
母の葬儀の時も香典をもらっていないしなぁ~(笑)
しかし、忘年会で一緒に露天風呂に入って、はしゃいだ仲だから・・・・(笑)
やっぱり・・・行くべきだろう。
香典をもらっているとか、もらっていないとかとうことは頭から消さねばなるまい。

会場で、JCのOBである“シライシさん”に会ったので隣に座り、式が始まるまで雑談。
「最近、仕事はどう?」と彼。
「はぁ?拙者は3年前に廃業しているんですけど・・・・」(笑)
「え?廃業?いやぁ~知らなかったよ!本当に?」
今もって拙者が廃業していることを知らないという友人がいることのほうが驚きである。(笑)
「ところで、お母さんは元気?」
「はぁ?昨年死にましたが・・・・」(笑)
あれれ・・・昨日に引き続いてか?
こう連日尋ねられると・・・もしかして、母は死んでいないのではないかと・・・・
あれは拙者の勘違いではないかと・・・・
もしかしたら悪い夢でも見ていたのではなかろうか・・・という気に一瞬なってしまったが・・・・
いや、間違いなく母は死んだ・・・・よ・・・なぁ~
「あっ、そうか・・・お母さんの方が亡くなったんだっけ?、じゃ、お父さんは元気?」
「うん、まだ生きてるよ~(笑)」
そうだよなぁ~親が死んだことは覚えていても、どっちだったっけ?・・・・ってなことになるよなぁ。

スポンサーサイト



日記 | 21:53:53 | Comments(0)