FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

初めての図書館!
某信金の帰りに市立記念図書館に立ち寄る。
実は、市民でありながら拙者はこの市立記念図書館に行ったことがないのである。

昔々大昔・・・・
小学生の頃は学校の図書館にも、市立図書館の分館にもよく行って本を借りていたのだが・・・
大人になってからは図書館に行ったことがない。
基本的に読みたい本は資料的価値がある本なので手元に置きたい。
そうなると・・・借りるより買う・・・・ということになる。

今回は新聞のコピーが取りたくて訪れた。
先日の“トネガワさん”の手紙に・・・・
ある人から連絡があって、8月15日の新聞に自分の記事が載っているので見てほしいと言われたという。
ところが、その新聞を見てみても、そういう記事がないという。
拙者にその記事を読んだかどうかとの問い合わせも手紙に書いてあったのである。

“トネガワさん”は兵庫県在住、連絡をした人は確か東京の人だと思う。
そうなると同じ新聞でも「地方」が違うから記事が載っていない可能性はある。
なんともこの人も不親切な人だ・・・
30歳の女性なのだが・・・・
新聞をコピーして送ってあげればいいものを・・・・・

残念ながら拙者の家で購読している新聞とは違うので、図書館に行って見てみるしかない。
現物を見たら・・・・あった!確かにこの女性の記事が載っていた!
係の方にコピーをお願いして・・・・一件落着!

よし!早速“トネガワさん”に送ってあげよう!(笑)

で・・・ついでに、図書館の中をウロウロしてみる。
ふむふむ・・・・結構、読みたい資料がある。
大半は、一般的な小説類などが多いようだが・・・・
郷土史関係も結構ある。
ふ~ん・・・たまにはここに来て「お勉強」するのもいいなぁ~

もし、拙者が死んだら、拙者の蔵書をここに寄贈しようかなぁ~
そうなると遺言書を書いておかねばなるまい。
そうじゃないと・・・・捨てられちゃうもんね。(笑)
近いうちに遺言書の下書きでも書いておくかぁ~

帰りに法人会事務局にお邪魔する。
図書館の隣の商工会館の中に事務局はある。
すぐ目の前まで来てお邪魔しないというのも失礼だろ?(笑)
まぁ~仕事中にお邪魔されるほうは迷惑だろうけど・・・・(笑)
コーヒーを頂きながら、しばし“アサヒさん”と雑談して帰宅。

やっぱりたまには外に出てブラブラしないとイカンね。(笑)
家の中に引きこもってばかりではイカン。
外に出れば新たな発見がある!
人と会話をすると、気分も爽快、やる気も出る!

スポンサーサイト



日記 | 21:08:52 | Comments(0)
出資金払い戻し手続き
今日は、某信金へ行って「出資金払い戻し」の手続きをする。
昔々、その昔・・・・時代は昭和44年・・・・
拙者が「神童」と呼ばれていた頃のことである。(笑)

親父が会社としてこの信金に出資した。
当時としては、お金を借りる時の交換条件だったらしい。
で・・・1口、1,000円を50口出資・・・つまり、5万円出資していたのである。
しかし、今ではこの信金とは全くお付き合いはない。
で・・・毎年の配当金は2,000円くらい・・・・
考えてみれば、5万円出資して毎年2,000円もらえるんだから割りは悪くはない。
しかし、会計事務所から「もう整理してもいいんんじゃないんですか?」と言われたので、「脱退(譲渡)」することにしたのである。

が・・・・
問題は、この出資証券を買う人が現われないと脱退できないのだそうだ。
あらら・・・・それでは、いつになるやら・・・・(笑)

更に問題は・・・・届出印。
昭和44年のことですからねぇ~
どんな印鑑を使ったものやら・・・・拙者が知るわけがない。
で・・・親父に尋ねたが・・・・
思ったとおり・・・覚えてない!(笑)
仕方がないので、会社の印鑑を全部持って行って、先方に届けてある印影と比較する。
が・・・一難去ってまた一難!
この印影が不鮮明。(笑)
今だったら、こんな印影だったらもう一度押し直しとなるはずだが・・・・
当時はいい加減だったんだろうなぁ~
担当の女の子に「判定」を頼んで印鑑を探し当て・・・・ようやく一件落着!(笑)

彼女の話によると、最近、出資金に関してご家族からの問い合わせが多いという。
ご本人が他界していて、証券も何処へ行ったかわからない・・・・
そりゃそうだよなぁ~
うちのように40年近くもたっていたら、ちょっとわからなくなるのも当然だ。
母がきちんと整理しておいてくれたおかげで証券は保存されていたが・・・
通帳は普段から使うから無くさなくても、証券は無くしちゃうかも・・・・

とりあえず、処理は完了!
あとは証券の譲渡先が見つかったという連絡待ち。

日記 | 19:36:20 | Comments(0)