FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ありゃ!バチが当たったか?
妹と高1の姪は電車で東京に帰り、パパと小5の姪は残って海水浴へ・・・
拙者は、改めて一人でお墓参り・・・・
サングラスをかけねばならぬほどの天気だったのが・・・・
父方の祖父母の墓参りを済ませ、車を走らせて母の墓に向かっていたら、雲行きが怪しくなってきた。
あれ?
急にどうした?
お寺に着いた途端・・・・雷雨!
ピカッ!ドカ~ン!と雷は鳴るわ、滝のような雨が打ちつけるわ・・・・
とてもじゃないが車から外に出られない!
昨日、墓参りをしなかったから母が怒っているのかね?
バチが当たったのかな?(笑)
目の前に母のお墓があるんだけどなぁ~
この土砂降りじゃお線香もあげられない。
しかも強風!
あと、10分早く到着していれば、お墓参りが出来たのにねぇ~
仕方がない・・・墓参りは断念して、従姉妹達の集まる母の実家に向かう。
が・・・・土砂降りのためワイパーを最高にしても前が見えぬ!
怖~い!(笑)

土砂降りの中、山道を恐る恐る運転して母の実家に到着。
従姉の旦那が一人で酒を飲んでいた。(笑)
挨拶して雑談をし始めたら・・・・今度は停電!
一瞬にして真っ暗!
外の明るさで僅かに築240年の農家の内部は薄ボンヤリ・・・・(笑)
やがて、従姉妹達、従姉妹達の子供たちが五月雨式に集まってきたが・・・
暗くて誰が誰だかわからない。(笑)
祖父母も伯父伯母もこの世を去り、今では従姉妹・従兄の代。
集まるのは従姉妹達とその子供たち「一族」・・・・
その中にポツンと拙者が加わる。
まぁ~従姉妹達とは兄弟のような付き合いだから甘えさせてもらう。

たまに一瞬電気が灯る・・・・が、すぐに停電。
その瞬間に・・・・
「あれ、来てたの?」と従妹。
「あのねぇ~さっき挨拶したでしょ?」
「え?暗くて誰だかわからなかった~」
「あのね~・・・・・(笑)」

子供の頃、この家に泊まりにきて停電に遭ったことを思い出した。
もう40年も前のことである。
なぜか、真っ暗になったのが楽しくて仕方がなかったことを思い出す。
いやぁ~久しぶりの停電!
楽しい~
ろうそくなんか点けずに、このまま薄暗い中でおしゃべりしようということになる。
なんともいえぬ気持ち・・・子供の頃に戻れた・・・・
40年前にタイムスリップ!
「田舎」はいいなぁ~

従姉の子である“タイチくん”は拙者の思い出深い子。
拙者が生れて始めて「抱っこ」した赤ん坊が“タイチくん”
拙者が20歳の時のことである。
彼ももう28歳。
あの時の赤ん坊がねぇ~(笑)
もう結婚して子供もいる。
あの時の赤ん坊がねぇ~(笑)
東京で勤めていたが、独立して商売をするという。
あの時の赤ん坊が、「社長さん」ねぇ~(笑)
いつまでたっても拙者にとっては彼は「赤ん坊」なのである。(笑)
考えてみれば、拙者も結婚していれば大学生くらいの子供がいてもおかしくないんだよな?
う~ん・・・・複雑な心境・・・・
自分だけが時間が止まっているような・・・・

夜8時過ぎまで従姉妹・従兄弟たちとおしゃべりをして帰宅する。

小5の姪は既に東京へ帰ったかと思っていたら家で拙者を待っていた。
今晩も泊まって明日の朝早く帰るという。
昨日、今日と散々海水浴をして楽しめたと大喜び。
そうだろう・・・この間は海に入った途端に雷雨で泳げなかったからね~(笑)
よかった、よかった。

スポンサーサイト



日記 | 10:52:11 | Comments(0)