FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

盆棚の飾り方
お盆(孟蘭盆会を略した呼び方)の行事はお釈迦様の十大弟子の一人、神通力第一といわれた目蓮尊者(もくれんそんじゃ)が、その神通力で父母の死後の様子を見てみました。
すると母親があの世で苦しんでいるのをみつけました。
お釈迦様は7月15日の自恣(じし)(自己反省をして罪を告白し、懺悔すること)時、飯五果等を供え衆僧に供養すべしと説かれたので目蓮尊者は孟蘭盆会(うらぼんえ)を催し母のために供養した。
この故事によりインドで始められ、やがて中国に伝わり、日本では推古14年(606)に斎を設けたのが始まりといわれています。

お盆に行われる習慣で7月(8月)の13日(新盆の家では1日からと早く行う所もある)夕方に先祖様をお迎えの為にお墓に塔婆を立て、家の前で藁・麦わら・おがら等を使って「迎え火」をします。
先祖の霊が再び仏の世界に帰って行くとされる16日には、霊を送るための「送り火」をします。

各家々では、先祖様を迎えるに当たって、盆棚(ぼんだな)を設けて供物を供えます。
盆棚は、精霊を迎える「結界」(しきり)であることを示すため、四方に青竹を立て、草縄(「すげ」や「ちがや」)を張ります。
中央に先祖様の位牌を安置し、香華灯(こうげとう)を備え、盆提灯(提灯の代わりに草縄にほうずきを下げる)、五穀野菜果物等を供えます。
また、ナスをさいの目に細かく刻み洗米と混ぜた「水の子」を芋の葉等に載せ無縁仏等の万霊の供養としておこないます。

お配りした幡(はた)は盆棚にお飾りします。
南無多宝如来(なむたほうにょらい)・南無妙色身如来(なむみょうしきしんにょらい)・南無甘露王如来(なむかんろおうにょらい)・南無廣博身如来(なむこうはくしんにょらい)・南無離怖畏如来(なむりふいにょらい)と五つの如来さまの名前が書いてあります。
この名前には煩悩の心を離れる願いが込められていて、その願いは、物惜しみしない豊かな心で、心身ともに清らかに喜悦に満ち、悲智円満の力強さを意味しています。

(お盆供養幡の説明書きより)

スポンサーサイト



雑記メモ | 13:46:35 | Comments(0)
お盆の準備
ホテルをチェックアウトして、いつもならどこか史跡めぐりをするか、また防衛研究所へいくか・・・ということになるのだが・・・・
今日は、そういうわけにはいかない。
お盆の準備をせねば・・・・
ということで、上野駅に真っ直ぐ向かったら・・・・
なんと!
特急の指定席は満席!
1時間後の特急だけにわずかに空席があったが、そのあとの特急は全て満席!
なんたることぞ・・・・
世間は夏休みだということをすっかり忘れていた。
「毎日が日曜日」だとこういうことに疎くなる。(笑)
小さい子供連れの家族が駅構内のあちこちに・・・・
これじゃ満席になるのも無理はない。(笑)
駅構内のいつものお店でコーヒーを飲んで読書をしながら時間を潰す。

帰宅して、早速、お盆の用意・・・・・
さて・・・どうしようかな?
仏壇の前に盆棚を準備してもいいのだが・・・・
面白くないなぁ~
新盆は昨年終えているが、折角だから今年も祭壇を作っちゃおう!(笑)
しかも今年はちょっと趣向を凝らすことにして新盆より豪華にしちゃった!(笑)
四方に青竹を立てるらしいが、どういうものかよく知らないので、近所から笹竹を取ってきて・・・・
「ほうずき」も買って来て・・・
で、お寺さんからいただいた五如来幡(ごにょらいばた)を笹竹にぶら下げて・・・・
うん、なんとなくそれらしい格好にはなったぞ~(笑)
ついで、盆提灯を組み立ててそれを飾って・・・・
「よく知らないから、全部お前に任せる」と親父は逃げたので(笑)、全て拙者一人でやる。
で・・・ナスとキュウリで牛と馬を作る。
「なんだそれ?」と親父。
「牛と馬だけど・・・見えない?」
「そんなものも飾るのか?」
「はぁ?馬に乗って早く来てもらって、牛に乗ってゆっくり帰ってもらうって・・・知らない?」
「へぇ~そうなんだ?」
あらら・・・親父は何も知らんのか?(笑)

夜になって妹たち家族がやって来た。
真っ先に仏壇に向かった姪が・・・・
「あれ~!仏壇が空っぽだぁ!」と大騒ぎ。
子供たちにはまず最初に仏壇に挨拶するようしつけているので、いつものように仏壇に向かったら・・・仏壇の中が空っぽなので大騒ぎになった。
へへへ・・・実は別の部屋に祭壇を作っちゃったんだよねぇ~(笑)
「何で?」と妹にも呆れられたが・・・・
「なんとなく面白そうだから・・・・」と答えるしかない。(笑)
母も呆れているかもしれないが・・・・・

日記 | 11:41:06 | Comments(0)