FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大阪市立道仁小学校
DSC00087_convert_20080625170657.jpg


大阪市立道仁小学校沿革史

明治6年4月 第2大区第11小区第11番小学校として開校する。
明治12月2月 道仁小学校と改称する。
明治26年3月 創立20周年記念式典を挙行する。
明治26年4月 大阪市道仁尋常小学校と改称する。
明治36年3月 創立30周年記念式典を挙行する。
大正11年11月 創立50周年記念式典を挙行する。
昭和16年4月 大阪市道仁国民学校と改称する。
昭和20年3月 13日~14日 空襲により校区の殆どを焼失する。
昭和21年4月 大阪市立大宝国民学校に合併する。
昭和29年4月 大阪市立道仁小学校として再開する。
昭和29年11月 創立80周年記念式典を挙行する。(再開、復校の記念式もかねて実施)
昭和38年11月 創立90周年・再開10周年記念式典を挙行する。
昭和48年11月 創立百周年記念式典を挙行する。
昭和58年11月 創立110周年記念式典を挙行する。
昭和61年3月 大阪市立道仁小学校閉校式を挙行する。(114年の歴史を閉じる)

(碑文より)

大阪市立道仁小学校


スポンサーサイト



史跡 | 21:04:07 | Comments(0)
難波を“ぶらり”
新大阪に到着して地下鉄御堂筋線に乗って「なんば」駅へ。
大阪で地下鉄に乗るのは初めてのこと。
オロオロしながら・・・・乗る。(笑)

大阪で不思議なのはエスカレーターの乗り方。
関東ではエスカレーターの左側に立ち、右側は追い越す人が通るのだが・・・
大阪は、その反対。
右側に立ち、追い越す人は左側を通り抜ける。
拙者はちゃっかりと左側に立ったため後ろの人に大いに迷惑をかけた。
う~ん・・・一発で“関東人”であることがバレたなぁ~
それにしても、どうして関東と反対なのだろうか?
“よそ者”かどうか判別するためにわざと反対に立つようにしているのだろうか?(笑)

この地下鉄に「日本橋」という駅がある。
東京にも同じ地名があるが・・・
東京では「にほんばし」と読むが、大阪では「にっぽんばし」
同じ漢字でも読み方が違う・・・・日本語は難しいのぉ~(笑)

ホテルにチェックインして荷物を置いて早速周辺を散策。

DSC00080_convert_20080625110612.jpg


「水かけ不動」というところを見つけた。
人が列をなしている。
ん?有名な場所なのか?
「法善寺」?
どこかで聞いたような・・・・
「法善寺横丁」・・・?
♪ほぉ~ちょういっ~ぽん!さらしにまいてぇ~たびへでるのぉもぉ~いたばのしゅ~ぎょうぉ~♪
という、あの歌の法善寺横丁か?

あっちの路地をウロウロ・・・こっちの路地をウロウロ・・・
やたらと「情報案内所」が目立つ。
何・・・この異様な景色・・・・
「情報案内所」とはナイトスポットの案内所らしい・・・・つまり風俗系の案内所。
へぇ~・・・・こんなに建ち並んで商売になるのかねぇ~
更に目立つのは「麻雀屋さん」の看板。
大阪の人はマージャンがそんなに好きなのか?
関東じゃあまりお目にかからないのだが・・・・
あっちにもこっちにも「麻雀」の店。
商売になるのかねぇ~(笑)

DSC00090_convert_20080625112608.jpg


「道頓堀」の看板・・・・
聞いたことあるなぁ~・・・「道頓堀」・・・・(笑)
へぇ~・・・難波にあるの・・・道頓堀って・・・・
全然わかっていない。(笑)
人が多いところを歩くのは好きではないのだが・・・
折角だから歩いてみるかぁ~

どこかの店先に人だかり・・・・
みんな携帯電話を構えて何か撮っている。
何だ?

DSC00092_convert_20080625113818.jpg


「くいだおれ太郎」の人形である。
あらら・・・大阪名物「くいだおれ」って、ここにあったのか・・・・
この人形・・・かすかな記憶がある。
母と初めて国内旅行をしたのは小学1年生、6歳の時。
その時に、この人形を見たことがあるような・・・
大人になってからは難波なんかに来たことはないんだから・・・
その時に母と一緒にこの道頓堀を歩いたのだろうか?
どうもボンヤリとした記憶である。
「くいだおれ」は7月8日で閉店するとか。
拙者は決してミーハーではないのだが・・・(笑)
人ごみに混じって拙者も写真を撮る。(笑)
スーツ姿で「くいだおれ太郎」の写真を撮っているのは大勢の見物人の中で拙者だけである!(笑)

DSC00094_convert_20080625120143.jpg


戎橋のところにあるグリコのネオン看板。
昔、ここに来たという記憶がある。
有名な場所だからテレビでも見ているだろうが、拙者の記憶にあるのは実際に見たという記憶。
しかし・・・いつ見たのか・・・が思い出せない。

大阪はとにかく蒸し暑い。
日が暮れてようやく少しは涼しくなったが・・・・
さて・・一服するかぁ~
タバコを自販機で買おうとしたら、「タスポ」のカードがないと買えない!
「カードをセンサーにかざしてください」というような音声が流れたが、カードなんて持っていない!
ヒェエ~みっともねぇ~(笑)
しまった!ここは関西だ!
我が町では7月から導入だが、ここでは既に導入されていたのか!
やむをえずコンビニの店内でタバコを買う。

喫茶店で一服して・・・・
さて・・・夕飯は何を食べようか・・・・

DSC00096_convert_20080625121621.jpg


折角だから・・・
有名な「かに道楽」で寿司を買ってホテルに持ち帰り部屋で食べることにする。
一人旅は気楽でいいのだが・・・・
一番つまらないのが食事の時。
一人での食事って・・・味気ない。
「かに道楽」の店内で食事をしてみたい気もしたが、一人じゃ・・・・ねぇ~
ということで・・・お持ち帰りの寿司で我慢することにした。(笑)

DSC00097_convert_20080625122207.jpg



日記 | 20:54:48 | Comments(1)
江藤新平君遭難遺址碑
DSC00863.jpg


贈正四位江藤新平君遭難遺址碑
明治二年十二月二十日中辧従五位江藤君新平訪阪部長照於赤坂葵街佐賀藩邸會西岡逾明荒木博■在座歓■至夜半君先去竹輿出邸僅數歩暴客卒猝撃君躍身避溝中三人間急提■走出護君入邸醫療創先是君為藩権大参事■革藩制編入下士於卒伍下士深■之所以及此也藩知事鍋島侯命吏追捕刑之  勅使慰問賜金若干君歴任顕要功績不尠聲望倍■及征韓論起不能全終惜哉四人者皆余■交也■博臣子三雄來曰先考徳江藤氏推■任司直累進二等官正四位遺族頼其餘恵先考嘗有建碑於遭難地之志不■而卒■欲■遺志■紀之■嘉其擧畧叙若此
大正五年六月
正二位勲一等伯爵土方久元篆額
正三位勲一等■野琢撰塀并書

(碑文より)

江藤新平君遭難遺址碑


史跡 | 20:06:19 | Comments(0)
新聞創刊の地
DSC00074_convert_20080623214202.jpg


新聞創刊の地

洋学者子安峻(こやすたかし)らが 当時虎の門外琴平町1番地の旧武家長屋に わが国初の本格的な大衆啓発紙読売新聞を創刊したのは 明治7年(1874年)11月2日である。
江戸時代の情報伝達形式であった「読売瓦版(よみうりかわらばん)」から名をとって題号とし 漢字にふりがなを施した平易な新聞として出発した
創刊のころ漢字教育を与えられていなかった市民から 町名番地にちなんで「千里を走る虎の門 ことひらがなは一番なり」と歓迎された
維新後の東京に発祥した開明的な大衆紙から 今日に至るまで題号を変えず全国紙に発展したのは わが国新聞史上類例のないことである。

昭和49年11月
東京都港区教育委員会

(碑文より)

新聞創刊の地


史跡 | 19:38:55 | Comments(0)
講演会に行く
朝起きてホテルをチェックアウトする準備をしていたら・・・
クラクラ・・・・ん?
立ち眩み?
どうしちゃったんだろう・・・と思ったら、部屋が揺れていた。
部屋はホテルの9階。
ゆっくりと左右に微妙に揺れているのである。
テレビのニュース速報で岩手県で震度6の地震・・・・
あら・・・その影響で揺れているのか?
速報には東京の震度は出てこないが・・・
タイミング的には、この地震の影響という気がしないでもない。

地下鉄銀座線に乗って虎ノ門駅に向かう。
ホテルオークラには以前も行ったことがあるから大丈夫と思っていたが・・・
地下から地上に出たら・・・・あれ?
見たことがない景色!
ここは・・・どこ?(笑)
全然記憶にない景色・・・・
あれぇ~参ったなぁ~
ホテルオークラってどこにあるんだ?
以前、一度行ったことがあるんだけどなぁ~
どうやって行ったのか・・・記憶がない!
地下鉄の出口附近を右往左往。
で・・・思い出した。
以前はタクシーでホテルに行ったんだっけ!(笑)
道理で地下鉄からの道順を覚えているわけがない。
完全に迷子状態である。
時間はドンドン過ぎて行く・・・・マズイ・・・講演会に間に合わなくなる!
もう真っ青である・・・・・(笑)

なんとかかんとか講演会会場に到着。
講演会にはギリギリ間に合う。
今回の講演会の講師は佐々淳行さん。
元・初代内閣安全保障室長。
あさま山荘事件で現場指揮官を務めた人。
参加者には暇を持て余してる(?)おば様方が多いが、意外だったが、かなりご高齢の男性も多く見受けられた。
なぜか若い人は少ない・・・・
で・・・・軽く200人はいただろう。
お話は面白く、「ごもっとも」と頷ける話。
佐々さんの価値観に拙者も同感。

会場で配布された『後藤田五訓』
元副総理の後藤田正晴さんの言葉である。
一.省益を忘れ国益を想え
一.悪い本当の事実を報告せよ
一.勇気を以て意見具申せよ
一.自分の仕事でないと云うなかれ
一.決定には従い命令は直ちに実行せよ

その昔・・・
拙者が青年会議所の筆頭副理事長に就任した時の挨拶。
「青年会議所の後藤田正晴と言われるようになりたい」と言ったところ・・・・
会場は・・・・シ~ン・・・(笑)
後で、「後藤田正晴って誰?」と言われてガッカリ・・・
“カミソリ後藤田”というあだ名から、拙者も“カミソリ”の副理事長になるぞ!という意味で言ったのだが・・・誰にもわかってもらえなかった・・・(涙)
そして上司である理事長や部下たちに厳しい言動を展開した時にしばしば批判を食らったが・・・
「だから、就任挨拶のときに後藤田正晴になるって言ったでしょ!」と言っても、やっぱり誰にも理解してもらえなかった・・・(笑)
講演会で懐かしいお名前を聞き、なぜか嬉しかった・・・・

会場で、首都大学東京の特別講座の案内書が配布された。
『総合危機管理講座』・・・来年の2月まで前期後期併せて24回の講座である。
う~ん・・・面白そうだなぁ~
この講座を受講したからって特に何の資格を得られるわけではないのだが・・・
どうせ自由な身。
資格を取るための勉強というより、興味のあることを勉強するっていうのもいいような・・・・
何らかの資格を取ってお金を得ることにつなげようなどという安直な行動を潔しとしない性格である。
この講座・・・・受けてみようかなぁ~

講演会後、東京駅に向かい新幹線に飛び乗り大阪へ向かう。
昼食は車中で駅弁を食べる。

日記 | 18:11:48 | Comments(0)