FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

告別式に出る。
JC時代の友人である“ニシノさん”のお母さんがお亡くなりになり、本日が告別式。
“ニシノさん”とは茨城ブロック協議会に出向していた時、財政局長と局員という関係。
入会は拙者の後なので拙者の後輩となるが、年齢は彼のほうが年上。
彼が局長として出向する時に拙者を局員に選んでくれたが・・・
拙者は「暴れん坊」(笑)
各委員会が提出してくる予算案や決算書を審議するが、いいかげんなものは全て拙者が拒否。
局長は「彼が駄目だと言ったら・・・駄目だね」と拙者の肩を持ってくれた。
改ざんした領収書なんかを見つけた時には相手の目の前に叩きつけ「てめぇ~ナメてんじゃねぇぞ!」と吼えて相手を泣かせたこともある。
「2時間以内に書き直して来い!こんな決算書、承認できるか!」と夜10時の会議で怒鳴ったこともしばしば。
それでも局長は拙者を信用して事の成り行きを全て任せてくれた。
普通なら「まぁ、まぁ、・・・・」とたしなめられて当然なのだが・・・
よくぞ庇い続けてくれたと今でも感謝している。
おかげで思う存分暴れた。(笑)
ここ数年、会っていないが・・・
お母さんが亡くなられたというのでは、葬儀に行かねばなるまい!

“ニシノさん”は拙者より年上だが拙者と同じ独身。
相変わらず淡々としているが・・・その心中はいかばかりか。
話を聞いたら、彼のお母さんも癌で亡くなったという。
体調不良で病院に行って癌とわかり、その後すぐに亡くなったそうだ。
我が母のように早期に発見されたが3年間も抗癌治療をして結果的に死ぬのと、どちらがいいか・・・・
難しいなぁ~
どっちが本人にとって幸せなんだろうか?
早期に見つかってもねぇ~
結果的に死ぬんじゃ・・・手遅れで見つかってあっという間に苦しまず死んだほうが幸せか・・・
ついつい、母の時のことを思い出してしまい、目頭が熱くなる。

拙者にとって幸運だったのは、妹の存在かな。
妹のおかげで結構助かっているが・・・
“ニシノさん”は一人っ子。兄弟はいない。
これでは辛いだろうなぁ~
そう考えると、拙者は幸せなほうだなぁ~

スポンサーサイト



日記 | 20:20:16 | Trackback(0) | Comments(2)