FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

拙者は紳士?
今日は“ワタナベ”さんの通夜式。
親父を誘ったら・・・・「行かない」と言う。
「なにも2日も行くことはないだろう。お前が行きたければ行けばいい」と言う。
どういう神経をしているのか・・・この男・・・

散々世話になっていたので、ここは生花を送ろうと独断で親父と拙者の連名で生花を送る。
母が生きていたら絶対そうしたはずである。

通夜式は神式だった。
参列者もちょくちょく立ち上がって“低頭”しなくてはならないのだが・・・
ふと・・・前の席に座っている若い女性のお尻に目が行ったら・・・
ありゃ!
お尻のところが真っ白!
ティシュペーパーと一緒に洗濯機に入れたらこんな感じになるだろうというほど何やら白いものがたくさん付いている。
こりゃ・・・目立つなぁ~
マズイだろう・・・
何とか教えてやらねば・・・と思うのだが、周りはシ~ンと静まり返っている。
どんなに小さな声で話しかけても他の人に知られてしまう。
ましてや、いきなり後ろから肩を叩いたのでは・・・・驚いて叫び声でも上げられたら大変だし・・・(笑)
散々悩んだが、名案が浮んだ!
そうだ!名刺に書いて渡せばいいや~
ということで、「失礼かとは思いますが・・・」と名刺に書いて、今のうちに一旦退場して確認するように促す。
大成功!
彼女は一旦退場して“処置”して戻ってきた。
はぁ~よかったぁ~
周りの人にも気付かれずに済んだ。
と・・・まもなく「指名玉串」で、この女性が前に出て行った!
危機一髪!
まさか・・・指名される方とは知らなかった!
教えてあげてよかったぁ~
あのまま教えていなかったら・・・・彼女は大恥を掻くところだった。

通夜式が終わって帰ろうとしたら、市会議員の“シラト”さんから声をかけられた。
「まさか来ているとは知らず申し訳ない!」
「は?何が・・・でしょうか?」
「指名玉串でお名前を呼ばなくて・・・申し訳ない!」
いやぁ~何で拙者が指名されなくちゃならんのだろうか?
そんなに偉くないのに・・・・(笑)
誰を指名して玉串奉奠をしてもらうかは“ワタナベ”さんの親友で市会議員の“シラト”さんが仕切っているらしい。
そういうこともあって、県知事までもが参列していたんだぁ・・・・
県知事や衆議院議員の秘書さんたちも存じ上げているが・・・
何で・・・その中に入って拙者が玉串奉奠をしなくちゃならんのか?
「明日も来ていただけるのかな?」
「当然、参列させていただきますが・・・指名玉串はいいですよ~偉くないんだから・・・」

市会議員殿にようやく解放されて帰りかけたら・・・・
先ほどの女性がお礼を言いにやって来た。
「本当にありがとうございました!とても紳士的な教え方をしていただいて・・・本当に紳士で・・・」と、やたらと“紳士”の連発。(笑)
そんなに言われちゃうと照れてしまう。
まさか指名されていたとは知らず・・・でも、教えてあげて良かったなと・・・
病院関係の代表で指名玉串をしたという。
一緒にいた他の女性からも「うちの代表ですから・・・恥を掻かずに済んで本当に良かったです。助かりました」と散々お礼を言われる。
勇気を持って教えてあげてよかったと思う。
「で・・・すみませんが・・・あの名刺・・・頂きたいのですが・・・」と言う。
は?拙者の名刺?
名刺は彼女に渡して読み終えたなと思った時に彼女の手から取り上げていたのである。
「え~!いやぁ~あの名刺ねぇ~」
意外な申し出に驚いた!
どうしても・・・というので、お渡ししたが・・・
こんなことになるなら、もう少し丁寧な字で書けばよかった・・・・
急いで書いたから汚い字なんだよね。
普通に書いても下手くそなのにさぁ~(笑)
恥ずかしくて改めて見てもらいたくないんだけど・・・(笑)
それより・・・名刺に「独身」って書いておくべきだったなぁ~(笑)

ちなみに・・・この名刺・・・
法人会青年部会広報委員長の名刺!(笑)
住所も電話番号も法人会事務局のもの。
だから・・・拙者には連絡はつかない・・・
法人会の宣伝にはなったかもしれないけど・・・
後日、会いたいって言われても・・・(期待し過ぎか?)(笑)
不謹慎か・・・こういうことを考えるのは・・・
“ワタナベ”さん。ごめんなさい!

スポンサーサイト



日記 | 20:13:26 | Trackback(0) | Comments(3)