FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

手洗石
DSC08289.jpg


手洗石

本手洗石(ちょうずいし)は、田中休愚(きゅうぐ)が勘定支配格(かんじょうしはいかく)に就任した享保(きょうほう)14年(1729)に、彼の一族と手代衆(てだいしゅう)らによって、川崎宿の鎮守(ちんじゅ)であった山王社(さんのうしゃ)(現在の稲毛神社)へ奉納されたものです。
田中休愚(1662~1729)は、江戸時代中頃の人で、大著『民間省要(みんかんせいよう)』を著し、民政に大きな業績をあげたことで知られています。
また、彼は川崎宿の本陣職(ほんじんしょく)を務め、衰退していた川崎宿の立て直しや二ヶ領用水(にかりょうようすい)の改修などの大事業を成し遂げたことでも有名です。
本手洗石は、田中休愚と彼の活躍の舞台であった川崎宿との係わりを物語る資料であり川崎宿に残された数少ない資料として貴重な価値をもっています。
なお、本手洗石の正面には、これを奉納した5人の名前が、力強い文字で刻み込まれています。
田中仙五郎は休愚の次男で、田中団助も休愚の縁者であったと思われます。
森田重郎衛門・富永軍治・門田半四郎の3人は、休愚の土木治水事業を補佐した技術者で、現場をまわって土木工事を指導した監督者として、当時の文献にもしばしば登場しています。
川崎市教育委員会は、昭和63年11月29日、本手洗石を川崎市重要歴史記念物に指定しました。

平成6年3月
川崎市教育委員会

手洗石


史跡 | 11:20:45 | Trackback(0) | Comments(0)
弁天池
DSC08294.jpg


弁天池
(河崎冠者基家居館堀跡)

河崎冠者基家(かわさきかんじゃもといえ)は坂東平氏の雄、秩父十郎武綱の子で、平安時代にこの地に移り住み荘園を開いてその子重家との二代にわたってこの地を領したと言われています。
その居館の跡とも推定されるのがこのあたりです。
当時の荘園領主は、その居館の周囲に堀をめぐらせました。
かつて、ここから第一国道に沿って小堤をともなった小川が流れていましたが、このあたりの地名を「堀之内」と言うことからも、それは堀の遺構ではなかったのかと言われています。
また、平氏はその氏神、山王権現(さんのうごんげん)をまつるのが常でした。
稲毛神社は古名を「武甕槌宮(たけみかつちのみや)」と言い、景行天皇とのゆかりを伝える川崎市屈指の古社ですが、慶応4年まであh「川崎山王社」と呼ばれていました。
かつては、その小川に接して大きな神池(弁天池)があり、その中の島に和嶋弁財天がまつられており、四季折々に参詣来遊するものが多かったと言います。
また、江戸時代にはこの池と小川を利用して「曲水の宴(きょくすいのえん)」が開かれておりました。
その弁財天と曲水宴の歌碑二基は今も稲毛神社の境内にあって、当時の川崎の文化水準の高さを伝えています。
残念ながら、この池と小川は昭和20年代に第一国道拡張の際に埋め立てられ、その後は、小川をせきとめて造った小さな弁天池だけが残されていました。
今回、稲毛公園改修にあたり近代的な公園にふさわしい姿に造りかえられましたが、この池は、川崎の発祥とも言うべき河崎氏居館の堀跡と、宿場時代の町民の優雅な暮らしぶりを今に伝えるものです。

(説明板より)

弁天池


史跡 | 10:10:12 | Trackback(0) | Comments(0)
退院後初診察
今日は退院後初めての診察。
それにしても、退院後、あっという間に3日が過ぎてしまったのには驚く。
寝坊するかと思ったら、案外早く起きてしまい、午前中の診察に間に合った。
今日の医者は・・・・女医さん!
ゲゲッ!
女医さんにお尻を見せるのかぁ~
格好悪い~(笑)
術後の経過は順調!
やはり肛門の周辺は“かぶれ”てしまっているので塗り薬を処方してもらう。
「痛み止めも出しておきましょうか?」とのこと。
ん?痛みなんか退院した日から一度も感じてないんだけど・・・
他の人は退院後も痛みを感じるのだろうか?
もしかして、拙者は痛みに鈍感なのだろうか?(笑)
次回診察は来週の前半に来てくれとのこと。
「週の後半じゃ駄目ですか?」
「この1週間が一番大事なんですから駄目です!」とあっさり・・・・
やむを得ぬ・・・・従うしかない・・・・
結構、こう見えても拙者は素直なのである。(笑)

診察は相変わらずスムーズ。
多くの患者さんがいるというのに、診察券を出して55分で会計まで終わってしまった。
病院の向かい側の薬局で薬をもらうほうが思ったより時間がかかった。

さて・・・少し早いが、お昼にするか~
病院のすぐ側の蕎麦屋で好物のカツ丼を食べる。
DSC08288.jpg


今日は午後遅い時間に川崎市にご在住の“カワキタさん”にお会いする予定になっているのだが・・・
まさか、午前中に診察が終わるとは予想もしていなかった。
ちょっと早すぎた・・・・
仕方がないので、時間つぶしのため待ち合わせの川崎駅前を“ぶらり散歩”。

“カワキタさん”は川北大隊のご遺族。
ご主人が大隊長のご子息。
ご主人は若くしてお亡くなりになり奥様が遺族会会員を継承されておられる。
2年前の巡拝慰霊の旅でお会いしたのが最後だから・・・・2年ぶりの再会。
来年1月の巡拝慰霊の旅にもご参加されるので、その打ち合わせと雑談。

散歩にも飽きたので、お電話をして早めにお会いすることにする。
午後1時45分、川崎駅前で待ち合わせ。
突然の時間変更・・・・申し訳なし。
コーヒーを飲みながら、おしゃべりすること4時間。
またまた長話をしてしまった!

小4の姪から「おじちゃん!何時に家に来てくれるの?」と電話が入る。
今晩は妹のところに宿泊する。
なにせ退院後まだ義弟には挨拶してないからねぇ。
6時半、“カワキタさん”とお別れして妹の家に向かう。

日記 | 09:35:34 | Trackback(0) | Comments(2)
横浜に前泊
今日は朝から猛烈に忙しい。
銀行へ行き、各種振込みを行い、郵便局へ行き手紙の投函、お香典をお送りくださった方々へお返しをお送りしたり、花屋に行って仏壇用に花を買ったり・・・・
何だかんだと忙しい。
しかも、運転できないので、すべて徒歩でこなすしかない。(笑)
車で走り回れば直ぐに済む用事でも、テクテク歩いていくので、とにかく時間がかかる。

そうこうしているうちに夕方となる。
明日は退院後最初の通院。
妹の家に前泊する予定だったが今日になって都合が悪いと言うので、急遽ホテルを予約して横浜のホテルに前泊することにした。
その代わり、診察後に妹の家に泊まることにする。
おかげで2泊3日の通院となる。(笑)
とにかく急いで用意して特急に飛び乗り横浜へ向かう。

午後8時、ホテルにチェックイン。
いつも6時半に夕食を食べていたので腹が空いて堪らん。
ホテル内のレストランで・・・・と思ったら、馬鹿高い!
夕食に5000円も払えるか!(笑)
横浜駅へ行き、適当な店で格安の夕食を取る。

部屋に戻って風呂に入り、テレビを見ながらゴロゴロ・・・・
やっと「安静」になったか?
しかし・・・尻がヒリヒリ痛む。
どうやら肛門の周辺が分泌物のせいで“かぶれ”てしまったようだ。
参ったなぁ~
1日3回の風呂とガーゼの交換では回数が少なかったか?

日記 | 17:03:51 | Trackback(0) | Comments(0)
今日も安静?
今日は、入院中に届いた手紙へのお返事書きと、またまた過去に遡ってのブログ書きとホームページの更新と・・・・・とやることが山ほど。
安静なんて・・・・とてもとても無理!(笑)

出来るだけ入院中と同じようにしていたいのだが・・・・やっぱり無理。
ちょくちょく思い出したようにベッドに横になるが・・・
これでは「安静」とは程遠いな~(笑)
座浴を1日5回以上というのも不可能。
トレイにお湯を張るのも面倒なので、朝、昼、夜と3回風呂に入ることで代用することにした。
1日1回より3回のほうが何もしないよりマシだろう。
ヘモスターゼ(ガーゼ巻きのコットン)はパンツのお尻の当る部分に両面テープで貼り付けて使用することにする。
毎日最低3回は交換。
面倒臭いがやらねばならぬ。
仕方がない・・・・

今日は朝から植木職人が庭の植木の手入れに入る。
母が亡くなったことを知り、「正直言って来るのが辛い」と言っていたが・・・・来てくれた。
お茶の時間に母の思い出話などをする
夏に庭の木陰に出していた「シンビジューム」の鉢に花芽が付いている。
「これをそのままにしたんじゃ花も咲かずに枯れちゃいますよ。お母さんの形見だと思って家の中に入れて育ててやったら?」と忠告される。
しかし・・・・この鉢・・・・大きくて重いのだ。
痔の手術後に、こんなものを持ち上げるわけには行かぬ。
植木屋さんに手伝ってもらい家の中に入れるが、余りにも大きすぎて置き場所がない。
玄関の中のスペースに置くしかない。
ここは暖房がなく少々寒いが、外に置いたままよりはマシだろう。

本当は、いつも母が置いていた日の良く当る縁側に置きたいのだが・・・・
親父が「邪魔だ」といって反対するので、ここで我慢してもらうしかない。
う~ん、これで花が咲いてくれれば良いが・・・・・どうなるか・・・・
母には申し訳ないが・・・
あの世で絶対文句を言っているだろうなぁ~

日記 | 16:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
とにかく安静
気になることは山ほどあるが・・・・
ここは慎重に安静にしていたほうが良かろう。
入院中とできるだけ同じ行動パターンで今日は過ごすことにする。

朝風呂に入り・・・・
水を2リットル以上飲み・・・・
薬を飲み・・・・
時々ベッドに横になる。

入院中と違うのは、いつでも自由にタバコを吸い、パソコンのキーボードを叩くことくらい。
ついついパソコンの前に座り過ぎて尻が痛くなる。
しまった!
迂闊にも気が緩んでしまった!
寝なくては!(笑)

今日の夕食はさすがに買い物に出かけねばならない。
しかし、手術後少なくとも3週間は運転禁止を言い渡されている。
仕方がないので親父に車を運転してもらいスーパーに買い物に行く。

日記 | 23:26:57 | Trackback(0) | Comments(0)
ついに退院!
手術して7日目・・・・・
ついに現実に退院の日を迎えた!

最後の朝風呂に入り、担当の小母さんにお別れの挨拶。
診察を済ませ、薬剤科で軟便剤と痛み止めの薬をもらい、売店で退院後に使うためのヘモスターゼを購入。
ナースセンターの看護婦さんたちに挨拶して会計を済ませ11時前には病院を出る。
バタバタとあっという間の退院。
いざ退院するとなると何となく寂しい気もする。

本来ならば妹の家に立ち寄り義弟にも挨拶せねばならないのだが・・・
妹が忙しくて外出中とのことなので立ち寄らず真っ直ぐ帰ることにする。
やっと帰宅となると不思議と足取りも軽い。
しかし・・・・今晩から食事の心配をせねばならない。
今までは食事が時間になると届けられたが、これからはそうはいかない。
食事の事だけを考えるともっと入院していたほうが楽なのだが・・・・
手紙も幾通も届いているし、パソコンのメールも心配だ。

上野駅で切符を買う列に並んだ時のこと。
前に並んでいる中国人らしき外国人がゴミをその場において先に進もうとしていたので声をかけて注意する。
この女・・・・他の人と英語で会話をしていたので英語は通じるらしい。
錆びついた英語を駆使して注意。
すると・・・・
すみませんでもなく、ケロリとした顔で「これはゴミです」と言って拾おうとしない。
「ゴミはゴミ箱に捨てろ!」
さすがに命令形で言われりゃ従うしかない。
渋々自分が置き去ったゴミを手にした。
マナーを知らない奴は日本なんかに来るな!
何が中国4000年の歴史だ!
どこにでもゴミを捨てやがって!
どんな歴史を積み重ねてきたんだ?
こっちは退院して久しぶりに帰宅できる嬉しさでテンションが上がっているんだぞ!(笑)
相手が外人でも手加減しねぇぞ!
あ~スッキリした!
気分爽快!(笑)

帰宅して早速メールの確認をする。
なんと・・・・4210通も溜まっていた!
その99%、はくだらないメール。
迷惑千万なり。
夜までかかって削除、削除・・・・(笑)

手紙が何通も届いていた。
あとで返事を書かねば・・・・

夕食は買い物には行かず、冷蔵庫のありあわせのもので済ます。

日記 | 23:01:42 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(9)
手術後6日目。

今日の診察もまたまた別の医者。
一体誰が拙者の主治医なのだ?(笑)
「へぇ~14日退院ですかぁ~。早いですねぇ~。まぁ、退院してからも充分出血には気をつけてね」
あれ?本当に14日退院でいいのかな?

不思議なことなのだが・・・
タバコを吸いに外に出ると、どういうわけか毎回同じタイミングで外に出てくる「タバコ仲間」が何人か出来る。
「また会いましたねぇ~」ということから話が弾む。
これもまた入院中の楽しみである。
「明日退院となりました!」
「えっ!もう退院するんですかぁ~。もう少し入院していてくださいよ~」などとからかわれる。

夜、明日退院する患者が集められてミーティング。
あれ・・・本当に明日退院できるんだぁ~(笑)

日記 | 16:26:31 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(8)
手術後5日目。

今日の診察もまたまた別の医者。
「ん?14日の退院は再検討?別に大丈夫じゃないかと私は思いますよ~。昨日の再検討の話は無し!当初の予定通り14日に退院としましょう。」と意外な発言。
さすがの拙者も不安になって「大丈夫ですかね?もう少し入院したほうがいいんじゃないんですか?」と言ったら・・・
「あんたの気持ちはどうなの?ん?退院したいの?したくないの?」
「いや・・・早く退院したいですけど・・・」
「じゃぁ、14日でいいじゃないの?」
またまた退院日は14日に戻る。
もう、何が何だかわからん!(笑)
また明日になったらひっくり返されるんじゃあるまいか?
蛇の生殺しとはこのことか?(笑)
誰を信じて良いものやら・・・・

午後、突然妹が小4の姪を連れて見舞いに来た。
拙者が入院中にどうしても姪がお見舞いに行きたいというので連れてきたという。
「チョコレートを持ってきたから食べてね」と姪からお見舞いをもらう。
「310円もしたんだよ!」
どれどれ・・・
立派な木製の箱に角砂糖の一回り大きな位のチョコが2個!
「おい、おい、これ・・・チョコレート代より箱代のほうがが高いんじゃないか?(笑)」
今日はコーヒーを飲んでもよかろう。
病院の最上階にあるティールームに行ってみることにする。

「おじちゃん、大丈夫?」としきりに気遣ってくれる。
折角、姪が見舞いに来たのだから・・・・
わざと、腰をかがめて、がに股で・・・・「イテェ~イテェ~」と言いながら姪に手を引いてもらい廊下を歩く。
小4の姪は「大丈夫?大丈夫?ゆっくり歩いてね。そこは気をつけて歩いてね。」と一生懸命介護。
しかし・・・・
ナースセンターの前ではこんな姿を見せるわけにはいかぬ。
勘違いでも起こされて大騒ぎにでもなったら大変だ。(笑)
“おふざけ”はエレベーターの前まででやめる。
姪は・・・・唖然・・・・
「アハハ・・・冗談、冗談・・・・実は、全然元気!」
姪に怒られた・・・・・(笑)

ティールームで久しぶりにコーヒーを飲む。
うまい!
感激!
姪はコーヒーゼリーを食べる。
妹がコーヒーゼリーを食べるのを許可したことにびっくりした様子。
いつもは絶対食べさせてもらえないのに・・・・今日は特別らしい。
「えぇッ!ママ~ほんとにいいの?」と大喜び。
じゃぁ~・・・・ということで、おかわりして2個も食べる有様。
こいつ・・・多分、おじちゃんのお見舞いよりコーヒーゼリーのほうが思い出に残るんだろうなぁ~(笑)
何十年後かに「誰の見舞いに行ったのかは憶えてないけど、あの時のコーヒーゼリーはおいしかったなぁ~」なんて言うんだろうなぁ~(笑)

日記 | 23:09:02 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(7)
手術後4日目。

今日も朝風呂に入ってから診察を受けに行く。
入院患者の中には色々な人がいる。
知的障害者の患者さんを見かける。
彼は自分が何で入院しているのか分からない様子で、父親に手を引かれながら何かしつこく質問をしていた。
一緒の父親は周りを憚ってか険しい顔で息子の手を引いて去っていく・・・・
大変だなぁ~
本人も親も・・・・
親はいずれは先に死ぬ。
障害のある子供を残して・・・・である。
残される息子も、息子を残して逝く親も可哀想である。
親の胸中を察すると胸が詰まる。
それに比べれば・・・拙者などは幸せなほうだ。
多少の障害があっても身体障害である。
なんとか一人でも生きていける。
それに比べ知的障害となると、一人で生きていくのはなかなか難しいだろう。
こういう人を最優先に100%憂いのないような施策を国はすべきだろう。
母は拙者に対してはケロケロッとしてこの世を去ったが・・・・
兄弟や親戚には多少なりとも拙者の将来に対しての不安を言っていたようだ。
親とはそういうものなのだろう。
しかし、今こうして一人で入院生活を送っている。
誰の手も借りずに・・・・
ありがたいことだ。
母に感謝だ・・・・。

今日の診察もまたまた別の医者。
「14日?早すぎるなぁ~20日ぐらいまでは入院してもらいますよ。昨日の先生が言ったことは忘れてください!退院日は再検討!」
カルテを見ながら、あっさりと言われてしまった!
昨日の話で喜んだのに・・・・・ぬか喜びかぁ~(涙)
ショックである・・・・

昨日は血液検査の結果、コレステロール、中性脂肪の値が高かった人だけが集められて集団栄養指導を受けたのだが、今日は個別指導。
栄養士の女の子がわざわざ病室のベッドのところまで来ての栄養指導である。
聞くところによると、拙者の場合はコレステロールは基準値内なのだが、中性脂肪がかなり高いのだそうだ。
いろいろと栄養指導を受けるが・・・
親父と二人暮らしで、スーパーの惣菜ばかりを食べているからねぇ~
理屈はわかるけど・・・
なかなかこちらとしても大変なんだよなぁ~(笑)

日記 | 11:46:19 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(6)
手術後3日目。

朝8時半から風呂に入れるというので風呂に入りに行く。
風呂は10室ほどの個室風呂。
担当の小母さんがいてバスタオルとタオルを用意していてくれているので、持参するのは石鹸とシャンプーだけ。
手術前にも風呂に入ったが、手術後はジェットバス。
ブクブクと泡が立つところにお尻を当てる。
これがなかなか気持ちが良い。(笑)
入浴時間は10分程度とされていて、時間を告げるタイマーがセットされているが・・・
小母さんはいつも「少しタイマーを長めにセットして置きましたから・・・」とサービスしてくれるのだ。
ありがたい。

ありがたいことは全てご先祖様と母と英霊のご加護。
不幸なこと思えることも実は不幸ではないというのが拙者の考え。
何事も感謝、感謝である。

午前の診察は階下の診察室で行われる。
入院部屋別に放送で呼び出される。
今日の医者は昨日とは別の人物。
「え~と、14日には退院できますから、そのつもりでいてください」と言われる。
やった!
予定より1日早く帰宅できる!
英霊のご加護だ!

手術時は病院の売店で購入した「入院セット」の“T字帯(ふんどし)”をしている。
看護婦さんから「もう普通のパンツに着替えてもいいですよ」と言われたが・・・・
こういう時じゃないと“ふんどし”を締めることなどない。
誰がパンツなんかに着替えるかい!(笑)
折角の機会じゃ!
“ふんどし”を楽しまねば、もったいない。
お尻に“ヘモスターゼ(ガーゼ巻きコットン)を当てて、この“ふんどし”を締めるのだが・・・
寝相が悪いのかガーゼがズレてしまうのだろう。
すでに分泌物と血でかなり汚れている。
売店で新たに購入して新品を締める。

夕方、タバコを吸いに外に出たついでに親父と妹に携帯電話で報告する。

日記 | 11:13:52 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(5)
手術後2日目。
相変わらずお尻はズキンズキンと痛む。
上限ギリギリの3回痛み止めを服用する。

午後、妹が見舞いに来る。
コーヒーを持ってきてくれたが、偶然にも午前中に何気に看護婦にコーヒーを飲んでも良いか尋ねたところ、まだ早いということで許可をもらえなかった。
そういうわけで・・・コーヒーは断念。
持ち帰ってもらう。

こういうことは真面目にやらねばなるまい。
不摂生が傷の治りを遅くする。
とは言うものの・・・・
妹を見送るついでにタバコを吸いに外に出るのだから、案外拙者もいい加減。(笑)
まぁ自分の好きなことは止められない。
隣のベッドの患者さんは9時の消灯後もパリポリパリポリと間食をしている。
日中も暇さえあれば何か食べている。
大丈夫なのだろうかと他人ながら心配になる。

日記 | 23:15:40 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(4)
手術後1日目。
肛門がズキンズキンと痛む。
まぁ、あたりまえだわな~
切っちゃったんだから・・・・(笑)

このズキンズキンの痛み・・・・
これまた懐かしい痛みである。
30数年ぶりの痛み。
しばし、この痛みを楽しむというのも面白い。
生きているからこそ、この痛みを感じられるわけで・・・
死んだら何も感じないのだろうから、これも生きている証というもの。

午前の診察は病室で受ける。
医者から痛み止めの座薬をお尻に入れられる。(笑)
術後の状態は良好とのこと。
よし、よし・・・

食事はお粥。
しかし、夕食時には普通食になる。
それでも野菜主体のおかずなので、正直言って拙者には少々足りないが・・・
我慢するかぁ~(笑)

今日から毎日『自己チェック表』に記録を書かねばならない。
検温時に看護婦さんから確認されるのである。

本日の排便回数4回。
この時がさすがにヒリヒリとした痛みと若干の出血も伴うが・・・
こんなのは拙者にとっては何ていうことはない。
その昔に何度もこれ以上の辛い入院生活を送ったことがあるからである。
あの頃と比べたら、天国、天国・・・・(笑)
本日の“座浴”の回数は6回。
“座浴”は毎日5回以上は行うようにと言われる。
入院時に売店で購入した「座浴用フロートレイ」を便座にセットして、ここにお湯を張ってお尻を浸すのである。
便器には41℃~42℃のお湯が出るコックが付いていて、これを使う。
お湯で患部を温めるのと、肛門周辺を清潔にするために行う。
1回の座浴でお湯を3回ぐらい替えて行うので、慣れるまでは結構時間がかかる。
拙者は4人部屋なので、他の3人の方々に迷惑をかけぬよう“ゲリラ”的に様子を見ながらトイレに駆け込む。(笑)
結構、神経を使うものである。

排便時にはシャワートイレ(ウォシュレット)を使用してはいけないのだそうだ。
水の勢いが案外強いので傷口に出来た薄い皮膚が剥がれてしまうのだそうだ。
というわけで・・・
拙者は排便時と同時に座浴もするようにして一石二鳥を狙う。
お湯にお尻を浸すだけでも結構汚れというのは落ちるものであることに驚く。

水は毎日1.5リットル以上は飲まねばならない。
「軟便剤」と併用して、便を柔らかくするためだそうだ。
硬い便が出たら・・・・アウト!(笑)
肛門に負担がかかって新たな出血や縫った場所が切れてしまったりするという。
そうなると・・・再手術か?
それだけは避けねば・・・・
なんとか早めに退院せねばならぬのだ~(笑)
水は病院内の売店でミネラルウォーターのペットボトルを5本ほど買う。
1本500ミリリットルだから・・・5本で2.5リットル分。
これから毎日売店に行きミネラルウォーターを買うことになる。
本日は頑張って2リットル飲む。

痛み止めの薬は1日3回までしか飲めない。
その間隔は3時間。
本日は座薬を入れてもらったこともあり、2回だけ服用する。

日記 | 15:52:22 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(3)
今日は手術をする日。
拙者の順番は2番ということで、午前8時20分に手術室に向かう。

手術台にうつ伏せに寝て局部麻酔を腰あたりに打たれる。
これが結構痛いのだ!
その昔、中学生の頃、局部麻酔を打たれたことがある。
あの時と同じような痛み・・・・
う~ん、懐かしい痛みだのぉ~(笑)
ついでに腰あたりに何かゴシゴシと挿しているような感覚。
どうやら痛み止めの点滴の管を挿しているようだ。
「ここは、感じますか?」と医者の声。
「いえ、感じません」
「じゃぁ、ここはどうでしょう?」
「左足がちょっと痺れるような感じです」
「え~・・・実はもう手術を始めてるんですよ~(笑)」
「へぇ!もうですかぁ~(笑)」
そのうち何かでグイグイ肛門を押すような感覚があったが・・・・
あっという間に手術は終了!
「は~い!もう終わりましたよ~お大事に~」
時計を見ていなかったが、20分程度で手術は終わったのではあるまいか?

ストレッチャーに乗せられて病室に戻る。
「足の感覚が戻ったら、横向きに寝ると楽ですから・・・」と看護婦に言われるが・・・
局部麻酔のはずなのに何故か眠くて仕方なく、意識は朦朧。(笑)
確かに下半身が動かぬ。
しかし・・・お尻を手術したのに仰向けで寝て良いものだろうか?
うつ伏せに寝るべきなのではなかろうか?
などと思っているうち・・・・いつの間にか寝てしまった。

手術後は絶対安静とのこと。
トイレに行きたくても起きてはならぬとのこと。
ベッドの脇に尿瓶が用意されている。
夜中になり、オシッコがしたい感覚に襲われ、尿瓶を使おうと思ったのだが・・・
どうやっても寝ながら用を足すということが出来ない!(笑)
“おねしょ”をするようで、どうしても出来ない!
拙者もまだまだ理性というものが残っているらしい。(笑)
何度も挑戦したが、さすがに疲れてしまって諦める。
どうせ、オシッコをしたいというのは何かの気のせいだろう・・・・ということにする。

手術後最初の苦痛は、実は痛みではなく、この出そうで出ないオシッコとの格闘であったのである。(笑)

日記 | 09:13:35 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(2)
今日は大腸の内視鏡検査。
この検査は過去に別の病院でやってもらったことがあったので特に不安もない。
洗浄液を午前6時頃から1時間半かけて飲み、排便すること9回!
これでやっと大腸の中が綺麗になった。

内視鏡検査は午前9時頃に行われた。
モニターを見ていたら・・・・
ありゃ!
クッキリ、ハッキリとポリープが写っているではないか!
やっぱりねぇ~
何となくポリープがあるような気がしていたんだよなぁ~
「あっ!ポリープですね~」と言ったら・・・
「黙っていてください!」と怒られた。
何で会話をしちゃいけないんだ?
以前に入院のための診察に来た時に会ったあの男だ・・・
若いくせに生意気な口を利きやがって・・・・
やる気があるのかないのか・・・というふてぶてしい態度の上に口の利き方も生意気な奴。
こういうガキが一番気にいらねえ!

病院内は禁煙。
喫煙所なんてものはない。
病院の外の角のところに灰皿が置かれて喫煙できるという情報を得る。
早速久々の喫煙・・・・
しかし、病衣を着たまま病院の外の路上に面した場所でタバコを吸うというのは“さらし者”状態である。(笑)
病院内での携帯電話も使用禁止なので、外でタバコを吸いながら携帯電話で妹にメールを書く。
拙者は、この携帯電話のメールが大の苦手。
寒空の下でやたらと時間がかかってしまう。

妹からの連絡では、拙者が上京した直後に野砲兵第53連隊第3大隊(川北大隊)のご遺族の“カワキタさん”から手紙が、大本営特殊情報部の“カワライさん”から宅急便が、歩兵第10連隊の“サノ中隊長”の娘さんの“ツジモトさん”から香典と手紙が、福岡の遺族会からガダルカナル島遺骨収集に関する手紙が自宅に届いたと親父が言っていたという。
う~ん、1日早く上京したのがいけなかったか・・・・
タイミングが悪い。

入院中の食事の献立は毎日AとBの2種類あり、自分でどちらかを選ぶように献立表を作成する。
「一応、12月21日分まで作っておいてくださいね」と看護婦に言われる。
う~ん・・・拙者は15日に退院したいんだけど・・・
仕方がないかぁ~
腹をくくるかぁ~(笑)

明日手術を受ける患者が集まり、明日の手術についての説明を受ける。
こういうミーティングがしっかりと行われるので、この病院はなかなかのものである。
どうやら8人ほどが明日は手術を受けるらしい。

あとは何もすることがないから・・・
明日の手術に備えて・・・・寝る!

日記 | 17:49:54 | Trackback(0) | Comments(0)
入院(1)
上野のホテルをチェックアウトして京浜東北線で横浜に向かうが・・・
なんと・・・人身事故のためなかなか電車が来ない!
お昼に入院しなくちゃならないのに間に合うか?
ハラハラドキドキでギリギリセーフ!

入院手続き。
拙者は14番目、その後に何人かいたようだから、今日1日で20人近くが入院するらしい。
続いて診察と血液検査。
診察で医者から意外な言葉が・・・
「え~と、入院は2週間ほどしていただきます」
「はぁ?10日じゃなかったでしたか?」
「いえ・・・あなたは遠方から来てますから最低2週間は入院していただきます」
参ったなぁ~
「15日には退院で出来ると思って予定を組んじゃったんですけど・・・・」
「じゃ、その予定を変更してください」
あっさりと言われちまった・・・・(笑)

そうならそうと、入院申し込みの予約の時に明確に言ってくれよなぁ~
申し込み時に「差額ベッド代10日分を入院時にお支払いください」って言うから入院は10日間だと思うじゃねぇか~
参ったなぁ~

明日は大腸の内視鏡検査があるため下剤を飲んで何度もトイレに駆け込む。
排便回数は7回!(笑)

夜9時消灯・・・・
普段の疲れが出たのか、いつもは午前2時頃まで起きている拙者だが、消灯と同時に寝てしまった。


日記 | 12:59:58 | Trackback(0) | Comments(0)
入院のため上京する
今日は入院する前日。
明日の入院のため東京に前泊する。
というのに・・・・何の準備もしていない!
マズイ・・・出発まで、あと2時間しかない。
急いでカバンに入院に必要なものを投げ込む!(笑)
特に忘れちゃならないのは・・・本!
どうせ時間はタップリあるはず。
普段読む気も起こらないような分厚い本を5冊も持って行くことにした。

特急に乗り上野へ。
忘れ物はないだろうなぁ~・・・・といつまで経っても不安が消えない。
妹の家に寄り、内科医の義弟に入院の保証人のサインをもらう。
その後、ホテルに宿泊。
妹の家に泊まっても良いのだが、気を使わせるのも申し訳ないのでホテルに泊まることにした。
そのほうが気分的にも楽。

日記 | 12:07:16 | Trackback(0) | Comments(0)
更にタイミングが悪い
昨日書き上げた手紙と『騎兵第14連隊』の会報用の原稿を郵送して帰宅したところ・・・

なんと!
『騎兵第14連隊』の会報が届いていた!
やっちゃったぁ~
会報がどのタイミングで発行するのか知らぬまま原稿を送ったのだが・・・
まさか最新号の会報が今日届くとは・・・
“ヒルマさん”はがっかりしているだろうなぁ~
もっと早く書いて送ればよかった。
10月に旅行した話だから、帰国後すぐに書くべきだった。
あ~なんてドジなんだろうか!
12月25日に忘年会がある。
それまでに掲載されれば、忘年会の話題の一つとなっただろうに・・・
いやぁ~“ヒルマさん”には申し訳ないことをしてしまったなぁ~

銀行へ行き、入院費用をおろしてきたが・・・
ん?
入院費って入院費だよなぁ~
あれ?
手術費っていくらかかるんだろう?(笑)
しまった!
手術費用を尋ねるのを忘れていた!
今更病院へ電話して聞くのもなぁ~
変だよなぁ~
簡単に入院を決めて手術することも決めたはいいが・・・・
誰かがお金を払ってくれると思ったら、自分が払わなくちゃならないんだよなぁ~
すっかり忘れていたぞ。(笑)
まぁ、適当に持っていくかぁ~

一応、母にも入院することを報告しておかねば・・・
ということで、雨の中、常磐道を飛ばして母の墓参りに行く。
お墓に行ったら・・・
拙者があげた花が萎れているのに、何故か叔母さんがあげた花は元気よく咲いているではないか!
あれ?何で?
とにかくお線香をあげてお参りしたが・・・
何故か涙が出てきて止まらない。
何たることぞ・・・
祖父母・伯父・伯母のお墓にもお参りして帰宅する。

帰宅したら・・・
何と!
愛媛の“ヤノさん”からミカンが1箱届いていた。
うわぁ~何たることぞ!
愛媛から帰宅してからお礼の手紙を出していなかったので、今日、投函したばかりなのだ!
タイミングが悪すぎ!(笑)
何事も早め早めにやるべきだとは分かっていたのだが・・・
愚図でのろ間なせいで、まさかこうなるとは・・・
早速お電話をかけて御礼を述べる。
「いやぁ~あれからも相変わらず元気でいるよということを伝えるために送っただけだから・・・」と言われる。
本当は、あれから拙者から何の連絡もないので気になっていたのではないだろうか?
失礼なことをしてしまった。
「若いあんただけが頼りだから、戦友会のほうをよろしく頼みますよ」と言われる。
ミカンを頂いた以上、こりゃ、期待を裏切ったら大変だ~(笑)

あ~何たるドジ男か・・・
もっと早く手紙を書いて送っておけばよかった・・・・
いや、電話の1本でもかけておけばよかった・・・
何たる失態・・・・

そこへもってきて、今日になって次々とメールが入ってくる。
昨日に引き続き・・・・パニック!
まだ、入院の用意もしていないのだ。
明日の午前中にでもやるしかないなぁ~

日記 | 03:42:51 | Trackback(0) | Comments(0)
タイミングが悪い
いくら面倒臭がりでも、もうここまできたらやらねばなるまい。
とにかく、どうしても書かねばならない相手のみを優先して書き、退院後でもよさそうな人は後回しにするしかない。

昼・・・
山形の“オオタニさん”からお電話を頂く。
香典返しが届いたのでそのお礼というのだが・・・
あ~失敗したぁ~
今、ちょうど香典をお送りいただいた礼状を書いているところなのだ!(笑)
こういう礼状は香典返しをお送りする時に同時に送るべきだった。
先に電話を頂いたのでは・・・申し訳ない。
結局、手紙に書いたこと電話で伝えることになる。
タイミングが悪いんだよなぁ~

日記 | 03:30:31 | Trackback(0) | Comments(0)
てんてこ舞い
5日から「痔ろう」の手術のために横浜にある病院に入院する。
入院受付がお昼の12時だというので4日には上京してホテルに前泊しようと思っているのだが・・・
それまでにやることが山積み!

まずはホームページを更新せねばならない。
次に大幅に更新が遅れている、このブログを過去に遡って書かねばならない。
本来は日記を過去に遡って書くなんていうのは邪道なのだが・・・(笑)
更にお返事のメールを書かねばならないものがいくつもある。
更に更に、お手紙を書かねばならない相手が何人もいる。
加えて、拙者が入院中に連絡をしてくる可能性のある方々には、拙者が入院のためメールや手紙をもらっても直ぐには返事が出せないことを伝えておかねばならない。
また、電話をかけてきそうな人にも同様に連絡をしておかねば・・・

マズイぞぉ~
時間がない!

もう頭の中はパニック状態である。

しかし・・・入院の理由が格好悪いんだよなぁ~
「痔ろう」なんてさぁ~(笑)
変に隠すと頑強な拙者に何が起こったのかと大騒ぎになっても困るので、包み隠さず本当の事を伝えねばなるまい?
格好悪いんだよなぁ~・・・これ・・・

日記 | 02:22:28 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ