FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

棟梁が驚く!
今日は一級建築士の“ウメちゃん”が建てた家の『完成内覧会』
夕方、ちょっと顔を出してみようと思ったら・・・
小4の姪が一緒に行くと言うので連れて行く。

新築の家に上がらせてもらい、内部を見学。
姪は階段の床板を見て「あっ、これは桧でしょ?」と一発で当てる。
へぇ~大したもんだぁ!
更に「この木は何かな?ケヤキかな?」と興味津々。
昨年、学校で木の勉強をしたのだそうだ。
これを見ていた大工の棟梁が大感激。
「今時、こういう子どもは珍しいよ。初めて会ったよ!」
「おい、小学4年生を少しは見習えよ!」と工務店の若い衆にハッパをかける。
「小学生に教えてもらうようじゃ恥だぞ!」と拙者も若い衆をからかう。
丁度、瓦屋さんの“タンさん”も来ていた。
母の葬儀にも参列してくれた拙者の先輩である。
「子どもに教わるようじゃ俺たちもお仕舞いだな~」と笑う。
気さくな先輩だから、ついつい軽口が出てしまう。
「このおじちゃんは瓦屋さんでね。この人が載せた瓦はすごいんだよ~。雨が降ると雨漏りがするんだよ~」(笑)
「へぇ~そうなんだぁ~」と姪。
「おい!馬鹿言うな!」
みんなで大笑い。

姪のことを気に入ったらしい大工の棟梁・・・・
自分の作業場まで姪を連れて行って、自作のティシュボックスケースを姪にプレゼントしてくれた。
一つは桧で作ったもの。もう一つは米松。
「ええっ!米松!私、米松が大好きなの~」と姪。
おい、おい、本当かよ~・・・随分調子が良くないかい?(笑)
木製のテッシュボックスケースを2個両手に抱えて姪は大満足。


姪が言うには・・・東京ではこんなに大きな家はないという。
しかも、知っているのは住宅メーカーの洋風建築。
木の香りのする家とか、いろいろな種類の木を使った家を見たのは初めてとのこと。
「今日は来てよかったね~楽しかったねぇ~」を連発する。
他人の家を見学して、こんなに喜ぶ子どもも珍しい。(笑)

スポンサーサイト



日記 | 15:21:08 | Trackback(0) | Comments(0)
行灯を買いに行く
昨晩遅く妹と小4の姪が来た。
というわけで・・・・
妹と一緒に“ヒデシ君”のお店に行き、お盆用の行灯を買いに行く。
親戚から“提灯代”を頂いたからねぇ~
提灯は施主のもの1対で、あとは全て行灯にしようということになった。

さて、さて、どれがいいのやら・・・
結局、第一印象で決める他はない。
母の兄弟からのもの一つ。
母の甥・姪からのもの一つ。
我々子供達からのもの一つ。
3個の行灯を購入することとする。
これに贈り主の名札を付けるのだが・・・・
これが問題。
つまり、母の姉妹は2人しかいないからいいのだが・・・
母の姪・甥(つまり我々の従姉妹)は何人もいるわけで・・・
そのうち“提灯代”を頂いている人もいれば、頂いていない人もいる。
“提灯代”を頂いた人だけの名札を掛けていいものやら・・・
新盆に来た従姉妹から「あれ?あの人が贈っているのに、あの人は贈らなかったの?」なんてことになったら恥をかかせることになりかねない。
かといって、“提灯代”を頂いていないのに名前を載せたら、請求しているみたいで嫌味になるだろうし・・・

こんな細かいところで悩まねばならぬとは・・・・
結局、従姉妹たちは「“代表者名”ほか姪・甥一同」ということにする。
これなら、誰が出したかわからないだろうし、後から気が付いて“提灯代”を出す人がいても大丈夫だろう。
でも・・・
“提灯代”を出した人は自分の名前がないと納得しないかなぁ?
こういうのって、気を遣って疲れるなぁ~

日記 | 15:00:18 | Trackback(0) | Comments(0)
墓石
石材屋さんの“カミナガさん”が来宅。
墓石の見積書を持ってきてくれた。
一応、墓所を見てきて、基本的な案を作ってきてくれた。
金額的には軽く200万円を越す。
さて・・・どうしたものか・・・
当初の霊園の墓地は確か12平米あった。
今度は菩提寺の霊園に墓所を新たに求めたが、これが、6平米。
拙者としては5平米でいいと思っていたのだが、親父が12平米か9平米と言い出したので、その下の6平米にしたのだが・・・
6平米でもこのくらいかかるのかぁ~
親父は・・・・目がテン!
ほらみろぉ~これで12平米だったら大変なことになっていたぞ!

見積もりはMAXの金額とのこと。
これ以上は絶対かからないという。
ここから搬入費や設置費などが値引きされるのだそうだ。
それがいくらになるかはわからない。
墓所は霊園の真ん中を通っている道のすぐ脇の区画。
搬入・設置には好都合な場所。
だから、かなり値引くことが出来るそうだが・・・

しかし、面白い見積もりの出し方だ。
運搬・設置の手間を積み重ねて見積もるのではないのだから・・・
「墓石の文字代は?」
「全部含まれてますよ」
ん?何文字彫るか決まってないのに?
一文字いくらとか、一行いくらじゃないんだ。
「家紋は?」
「それも含まれてますよ」
ということは・・・細かいことは考えなくていいのか~

インド産石、中国産石等いろいろあるが・・・
この間、何という石を希望したのか忘れてしまったので、もう一度、石材屋さんを訪ねることにする。
実物の石を確認してから最終決定をするかぁ~
出来れば200万円以内で納めてもらいたいなぁ~(笑)
こちらからの指値で交渉してみるか。

日記 | 14:01:35 | Trackback(0) | Comments(0)