FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

保険の打合せ
午前8時に東京から保険会社の“ホンマ君”が来宅。
日曜日の早朝だというのに、わざわざ東京から来てくれた。
先日の打合せで渡しておいた保険・年金関係の資料を基に、いろいろと調べてくれたらしい。
妹家族も昨晩遅く来宅していたので、妹も立ち会って打合せをする。

基本的には相続税はかからないのだが・・・
年金や保険のもらい方によっては税金がかかるものがあるらしい。
それと、配偶者である親父が多く相続しても、親父も歳が歳だから、すぐにまた相続の問題が出てくる可能性があるので、これは慎重に検討せねばなるまい。
ただし、母が受取人として指名している場合は、これに従わねばならない。
どうバランスを取るのが最善かを考えなくてはならない。

一般的には“主婦”の財産の相続だから、相続税がかかるほどの額じゃないので税務署も問題視はしないが、母の場合は“社長の奥さん”という立場でもある。
会社役員でもあったわけなので、相続税がかからない額だったと言っても税務署が調査に来る可能性は大である。
拙者のほうでキチンと説明できる資料を作っておかねば、あらぬ疑いをかけられかねない。
当たり前のことだとは思うが・・・ちょっと面倒臭いなぁ~(笑)
税務署長とは面識があるから、どうせ作るなら「おお、さすがだね!」と言われるような資料を作らねば。
気持ちはやる気満々なのだが・・・・
さて、どこから手をつけようか・・・と、さっぱり頭が働かない。

スポンサーサイト



日記 | 22:32:03 | Trackback(0) | Comments(0)