FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

台風下の四十九日
予想通りに朝から雨!
土砂降りから、少し大人しい雨に変わったが・・・大丈夫か?
山の中の村のお寺・・・・
伯母さんたちは来ることが出来るだろうか?
念のため電話をして様子を確認。
いずれにせよ法事は決行することとした。

お経をあげて、遺骨はお寺の納骨堂にお墓が出来るまで安置してもらう。
位牌をいただくが、なんともピンとこない。
骨箱なら、その中に母がいるという気持ちになるのだが、位牌となるとただの“物”という感覚になってしまう。
なんだかなぁ~
申し訳ないのだが、位牌に“愛着”が沸かないのである。
位牌に対する認識不足というか何と言うか・・・・
これが・・・母なのか???

法要後、ご住職と今後の行事について打ち合わせをする。
その後、母の実家へ行き、お食事会。
従姉妹たちが準備をして待っていてくれる。
大助かり。
ここは拙者が子供の頃よく泊まりに来て従姉妹たちと遊んだ家。
200年ほどの歴史のある農家である。
なんとも落ち着くんだよなぁ~
拙者にとっても“実家”という感覚。
小4の姪っ子は、少々肌寒かったせいか風でもひいてしまったのだろう・・・・ダウン!
一番元気でおしゃべりな子が寝込んでしまい話が盛り上がらず残念。

台風は千葉県の海上へ出たようだが、風が強くなってきた。
2時間ほど食事と雑談をして解散する。

台風の中の『四十九日』の法要もいい思い出になるかもしれない。
お母さんの涙雨だねぇ~

スポンサーサイト



日記 | 19:58:44 | Trackback(0) | Comments(0)