FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

社会保険事務所
ホテルをチェックアウトして帰宅しようとしたが、タイミングが悪く今から乗ろうという特急は拙者の町に停まらない。
やむを得ない、隣町の駅で降りてタクシーで帰るかぁ~
昨晩熟睡したというのに車内でも爆睡!
全然疲れが取れていない。

もう少しで駅に着くという時に“シミズくん”から電話が入る。
「お昼でもどうですか?」というお誘い。
いやぁ~なんという偶然!ありがたい!
帰り道にコンビニで弁当でも買おうかなと思っていた矢先だった。
駅まで迎えに来てもらい、一緒に昼食を食べて家まで送ってもらう。
感謝!感謝!
不思議なことなのだが、先日の“ウメちゃん”も“シミズくん”も二人とも母の葬儀に生花を出してくれた唯一の友人。
先日の“ウメちゃん”もそうなのだが、今回も何故かグッドタイミングで連絡が入る。
不思議というか、面白いというか・・・・一体これは何なのだろう?

午後、銀行へ挨拶に行く。
支店長に参列の御礼、ちょうど知り合いの社長さんもいたので、一緒に雑談。

よく人から「これからが大変ですねぇ。体に気をつけて頑張ってください」と言われるのだが・・・・
これからどんな大変なことが起こるのか全くわからない。
何から手を付けたらいいのか・・・・・
とりあえず、今日は社会保険事務所に行ってみる。
被保険者が死亡した時は、どんな手続きをすればいいのかを訊きに行く。

社会保険事務所は例の年金問題でゴタゴタしているだけに混んでいた。
しかも、どういうわけか冷房を入れていない。
冷房を入れると贅沢していると非難されるからということなのだろうか?
とにかく暑い!汗がダラダラと出てくる。
そこに・・・・アホな“オヤジ”がやってきて大暴れ。
「てめぇ~ふざけんじゃねぇぞ~」と大声上げてテーブルを叩いて大騒ぎ。
所内が一瞬にして凍りつく。
あのねぇ~・・・・他の客に迷惑だろう・・・・
短気な拙者は、ついカチンときてしまうんだよね。
調子に乗ってるんじゃねぇ馬鹿野郎・・・と思っちゃうんだよね。
イライラが最高潮に達した時にタイミング良く「話にならねぇ!」と言って帰ってくれたので事なきを得た。
そうじゃなかったら・・・どうなっていたか・・・

職員は確かに物腰柔らかく、言葉も丁寧なのだが・・・抜けが多い。
拙者は母が死亡したので、手続き方法を訊きに来た。
案内係の職員から声をかけられたので、その旨をつたえたところ、「はい、ここで承りますので・・・」と言われたのだが・・・
場所は「年金課」
年金?社会保険のことで聞きに来たつもりなんだけど・・・
そして、その手続きはこうですよと説明を受けた。
「はい、これだけで年金の届出は大丈夫です」
「もう二度とここに来る必要はないんですね?」
「はい、年金の方は・・・」
「年金?年金だけの話?」
だから・・・保険証の方はどうするの?
「今まで保険証を使っていたんだから、これに関する何か手続きがあるんじゃないですか?」
「そうですよねぇ~・・・・」
「あのね、社会保険事務所に提出しなくちゃならない手続き全てを訊きに来たんですけど・・・」
「はぁ・・・じゃ、2階の業務課に訊いてきます」
結局2階の業務課にも行ってもう一度確認。
最初は「保険証を返してくれるだけでいいよ」とのこと。
そんなわけねぇだろ~喪失届けとか何か用紙に書くんじゃないの?
「お勤めになっている会社のほうにお願いして・・・」
「あのぉ~その会社って言うのが私でして・・・それがわからないから来たんですけどね」
「アハハ・・・そうでしたか!」
だからさぁ~何度も事情を話してるじゃん!
参ったなぁ~

スポンサーサイト



日記 | 17:46:19 | Trackback(12) | Comments(0)