FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

妹の帰宅に同行
午前、葬儀社から支払いの件で問い合わせ。
「いつお伺いしたらいいでしょう?」
「今すぐでもいいですよ~」
えっ?って驚かれたが、支払いの為のお金は既に生前、母の口座から下ろしておいたものがある。
これを充てるから全然問題なし。
支払い段階で多少の値引きもしてもらったが、それでも香典を上回る金額。
これに東京からの搬送費やお寺へのお布施等を加えたら・・・・葬儀に関わる費用というのはかなりの金額になる。
集まった香典の金額内で納まるものではないことを知った。
この後にも何だかんだと出費が控えているから、事前にお金を下ろしておいて正解だった。

午後、母がお世話になっていた『日立ゴルフクラブ』に親父と挨拶に行く。小4の姪っ子も一緒。
彼女は拙者や親父よりも、きちんと挨拶のできる子。
側にいてくれるだけで心強い。

“ウメちゃん”来宅。
「ほとんど訃報の連絡をしていなかったのに、あれだけの人が集まるとは正直言って驚いた。お母さんの人徳だね」という。
通夜式、告別式合わせて会葬者は300人に及んだから・・・
確かに、言う通りかもしれない。
商工会議所会頭などのお歴々が来ていたのに指名焼香をさせなかったのには驚いたとも言われた。
「何か理由があってわざとそうしたの?」と言われたが・・・
まさか来ているなんて気が付かなかったしねぇ~
気が付いた時は一般焼香の時だから・・・・手遅れ!
うっかり気が付かなかっただけのことなんだけど、会葬者は不思議に思っただろうなぁ~
お歴々の皆さんに恥をかかせちまったかも・・・・
誰か気の利いた人が司会者にでも耳打ちしていてくれたら指名焼香をお願いしたんだけど・・・・
なるほど、こういう時は多少お節介な人が必要だなと勉強になった。

自分が喪主側にいると、アドバイスをくれたり自分の代わりに動いてくれる人の必要性を痛感した。
いつか、この経験を生かして友人の為に何かしてあげようと思う。
どうせ拙者は無職ゆえ、“24時間待機”は何てことないんだから・・・

今日もお線香をあげに来てくれる弔問客がいる。
何ともありがたいことだ。
これも母の人徳だ。
親父は「会社を辞めていなけりゃ、もっと来ただろうに・・・廃業して失敗した」と言っているが・・・
肩書きに捉われず、義理じゃなくて本当に“送りたい”と思って来てくれた人が300人もいたのだから、それでいいじゃないかと思う。

夜9時に妹と姪が車で帰る。
親父は夜遅く女の運転では何かあったらいけないからと拙者に一緒に東京まで乗って行けと言う。
ゲゲッ!で・・・どうやって帰ってくればいいの?
急いでネットでホテルを予約して妹の車に乗って東京まで行く。
「おじちゃ~ん、おうちに泊まってくれないの?」と姪に言われたが・・・・
夜中に家に行ったら子供達が起きて、はしゃいじゃうだろうし・・・・
明日は子供たちは学校だし・・・・
拙者を相手にしていて遅刻でもされたら大変じゃ!
ここは妹の家に泊まらずホテルに泊まったほうがいいだろう。
ホテルにチェックインしてマッサージを呼ぶ。
「かなりひどいですね~これはストレスかなぁ~」と言われたが、理由は言うまい。
「母の葬儀でクタクタです」なんて言ったらバチがあたる。
「足も浮腫んでひどいですよ」と言われる。
ありゃ・・・かなり内蔵がやられちまったか・・・

スポンサーサイト



日記 | 13:38:41 | Trackback(0) | Comments(0)