FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

一風呂浴びる
昨晩、眠り薬の“コントミン”を投与したせいで母の様子は意識朦朧。
「夜の間だけよく眠らせましょう」との主治医の話だったが、“夜だけ”では済まされず翌日まで影響があるではないか。
これでは困る。
先日、肺炎を引き起こしてダウンしてしまった叔母が見舞いに来れるようになるまでは、なんとしてもしっかりとした意識を持っていてもらいたいのだ。
廃人のようになられては困るのだ。

話しかけるが、反応はあったりなかったり。
どうみても視点の定まらぬ目で宙を見ている。
天井の隅を指差して何か言おうとしているようなのだが・・・
母は何を見ているのだろうか・・・・

福島県から80歳になる伯母が一人で見舞いに来る。
茨城県から妹の高校時代からの友人の“マコトちゃん”が見舞いに来る。
彼女は先日千羽鶴を折って郵送してくれた子。
母が自分の娘のようにかわいがっていた子で、この期に及んで母が「会いたい」と言ったというので来てもらったそうだ。
だから・・・意識がしっかりして会話が出来るときに呼び寄せておくようにと何度も母に言っていたのに・・・
母は頑として拙者の進言を拒み・・・今頃になってかよ~
参ったよなぁ~

当初の予定では今日から付き添うことにしていたのでホテルは予約済み。
キャンセルも考えたが・・・・ちょっと待てよ。
風呂に入りたい!
夕方、ホテルに向かい事情を説明してチェックイン。
風呂に入り、マッサージを呼んでマッサージをしてもらい3時間後にはチェックアウト。
正規の料金を払って、たった3時間の滞在ではバカバカしいようだが・・・
これで気分がリフレッシュできたのだから良しとしよう。

病院に戻り今晩も付き添いで病室に泊まる。
拙者は独身で妻もいなければ子もいない。
しかも仕事もない自由人。
だから・・・・拙者がやらねば誰がやる。
廃業したのは結果的には大正解となったな。
これで会社を経営していたら、付き添いなんて出来やしない。
兄弟同士で押し付け合いをして・・・・それこそ母を悲しませる結果となるだろう。
グッドタイミングだ。
こんな幸せなことはない。

今晩は熟睡防止のため携帯電話のアラームを1時間おきにセットして寝る。

スポンサーサイト



日記 | 23:07:28 | Trackback(0) | Comments(0)