FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

価値観の違い
母の見舞いのため1泊2日で上京。
母は鼻から胃へ管を通して寝ていた。
胃の内容物を外へ排出する管。
やっぱり胃から腸へ食べ物が流れていないようだ。

ちょうど義妹が来ていたので義妹と2人で主治医と打合せ。
十二指腸あたりが潰されて胃から腸へ食べ物が流れていないらしい。
やっぱり拙者の思った通りだ。
ここを外科的手術で取り除くことは出来ないのだろうか?
拙者の意見を述べたが・・・・
主治医は乗る気じゃない。
どうせ死ぬんですから何もそんなに痛がるようなことをしなくても・・・
楽に死なせてあげましょうよ・・・・
という考えらしい。
母も拙者も打てるだけの手を打って、それが駄目だったら諦めるという考え。
何もせず手をこまねいて見ているというのには反対。
しかし・・・これがわかってもらえない。
「痛くても辛くてもやってみなくちゃわからないでしょ?」
「そう言ってもねぇ~」
「ところで・・・免疫療法というのはどうでしょうか?効果ありますか?」
「今から?そりゃ出来ないことはないけど今更時間的にもう無理でしょ」
体内から取り出したリンパ球を増やしてまた体内に戻すという治療だが、リンパ球を増やすのには2週間かかるという。
その2週間目には多分本人は死んでいるだろうから無駄でしょう・・・ということらしい。
あのね~「今更・・・」って何?
早ければ出来たわけ?
何でその治療法を選択肢の中に入れてなかったの?
「かなりの高額になりますよ~」
1回100万円以上かかるらしい。
それをやるかやらないかは我等が決めることで主治医が治療費を気にする必要はない。
「熱も出ますよ~かなり辛くなりますけど・・・」
だから何だ?
本人は何らかの手を打ってもらいたいって言ってるんだから発熱ぐらい我慢できるだろ?

どうも主治医と価値観が合わない。
どうせ死ぬにしても「死に方」っていうのがあるだろう。
母には納得した上で死んでもらいたいのだ。
もっと他に手があったんじゃないかと思いながら死なせるわけにはいかぬのだが・・・・
「死なせるな」とは言ってないんだけど・・・・
こういう考えはわからぬ人にはわからんのだろうなぁ~

今日は妹のところに1泊して医師の義弟とも打合せをする。

スポンサーサイト



日記 | 09:01:24 | Trackback(0) | Comments(0)